ほしよみ練習帳

永遠の初心者が占いについて思ったり考えたこと、講座受講のレポートなどをつづるおぼえがきノートです。 西洋占星術と算命学をかじっています。がじがじ。

西洋占星術

V6メンバーの太陽星座を3区分4元素表(芸能人バージョン)で見る

去年11月30日に「占いクラスタおとなの自由研究発表会」(#占いクラスタおとなの自由研究会)で発表した、『ジャニーズグループをメンバーの太陽星座で見る』より、V6の部分を抜粋して記事にします。
自由研究発表会のレポから間が空いてしまいましたが、だいたいこんな発表をやってたんだなー、と感じて頂ければ幸いです。
3区分4元素表(芸能人バージョン)も公開。

発表では、グループのメンバーの太陽星座がどこにあるのかによって、そのグループはどういった性質をもつのか、を見ました。
「占いクラスタおとなの自由研究発表会」では、西洋占星術の知識がまったくない人に向けての発表、というのが大前提だったので、まず3区分4元素の言葉を言い換えた表を掲示しました。
3区分4元素表ベース図

これは「3区分4元素表(芸能人バージョン)」と言うべきか。
4つの性質は、今回、芸能活動・アイドルとして発揮される能力、必要な能力、を表す単語でまとめました。
行動力はアイドルとして重要な歌や踊り、コンサートでパフォーマンスをするような能力。
表現力はトークスキルで司会をするとか、コンサートのMCタイムでトークを仕切るとか、雑誌やwebなどでコラムを連載する文章力、など。
安心感は、この人がいると安心できる、といった気持ちをあたえることができる能力。
求心力は、この人が好きだ、と思わせる、ファンの気持ちをつかむ能力(ある意味、もっともアイドルらしいかも)。

そしてこの表に、ジャニーズグループのメンバーの太陽星座がどこにあるか配置しました。
横軸にメンバーが並べば、「役割分担してうまくやっていく」(トライン)。
縦軸にメンバーが並べば、「個性のぶつかりあい」(スクエア)。
同じマスに複数のメンバーがいれば、そこの星座の性質が強調されます。

V6のメンバーを配置すると、こう。
V63区分4元素表 図

V6は年上3人が通称「トニセン」、下3人が通称「カミセン」というグループ内ユニットを組んでいます。
着目すべきはカミセンで「求心力」の役割分担(つまり水のトライン)ができていることですね。
デビュー当時はカミセンがものすごく人気で、森田くんがセンターで、トニセンは正直添え物扱いみたいなこともままあり、デビューから2、3枚目までのCDジャケットでは、カミセンの顔が大写しで、トニセンは全身写真で小さく入ってる、というエピソードがいまだに笑い話で語られたりします。
ただ、「求心力」がゼロでも「人気がない」というわけではなく(あの「嵐」も「求心力」がゼロなので)、「人気が出るまでに時間がかかる」ということではないかな・・・、と考察しています。

また、V6は12マスの中の配置バランスがとてもよく、タテヨコで誰もいない行がありません。
つまり3区分4元素すべての要素が入っています。
発表時に取り上げた他のグループは、「誰もいない行」(要素がゼロ)というのが1~2つあったので、改めてV6はバランスのいいグループなんだなー、と感じました。

そして「こつこつ続ける」のタテ行に3人の太陽が集中しているので、現在長寿グループとなっているのもうなずけるところです。

今回は太陽星座だけで見ましたが、たとえば井ノ原くんだと、太陽はおうし座ですが水星はふたご座です。
太陽は「こつこつ続ける」「安心感」で、水星は「フレキシブル」な「表現力」。
『あさイチ』みたいな、朝の顔で長期番組、かつ生放送で臨機応変な対応を求められる仕事をこなせていたわけだなー、というようなことを読み解く(結びつける)のがファン的に楽しいです(笑)
(そしてふたご水星は「話をテキトーに盛る」とか、若かりし頃、よく年下のジュニアくんたちにイタズラしかけてた、とか、そういう形でも出ているんだな、と思いつつ・・・)



発表の時に星見当番さんがおっしゃっていましたが、「自分のホロスコープの各惑星がアイドルグループのメンバーだと思って擬人化する」というのも楽しそうですよね。
妄想がふくらむ・・・!

※「3区分4元素表(芸能人バージョン)」は星見当番さんのアドバイス、およびみずまちゆみこ先生の「天体ドロップ表」を参考にして作成しました。
お二人とも、ありがとうございました!

「天体ドロップで見るSNS利用法(zoom講座)」レポート(2020/4/7)

前回に続き、みずまち☆ゆみこ先生のZoom講座を受講しました。
今回は4/7の「天体ドロップで見るSNS活用講座」

今回も面白かったです。
占いそのもの以前に、いまこんなにいろいろなSNSがあるんだー!ということを知れました(笑)
他の受講者(参加者)の方が「このサービスはこういう特徴がある」「○○は合わなかった!」等、詳しく教えてくれるので、それもまた面白い。

もちろん天体ドロップとしての占い視点も、視覚的に分かりやすくて興味深かったです。
3区分・4元素のどこに星が集中してて、どこに星がないのか、ひと目で分かる。
今回、みずまち先生が各SNSを言い表す1行キャッチコピーをつけてらしたのですが、それがまた特徴が分かりやすくてよかったです。

受講してみての感想は、「自分が使い勝手が良かったり、納得するSNSは、自分の天体と同じ星(または同じ区分・元素)を持っている」傾向が多いな、と。
(そのSNSの使いどころがいまいちピンとこないなー)と思ってるサービスは、天体ドロップ表を見ると自分の天体の星座欄は空だったり、自分にない要素がいっぱい!だったり。
仕事と趣味でのチェックポイントの違いなども教えて頂いて、昔使ってた&今使ってるSNSの答え合わせができたり、今後、あの趣味ではこのサービスを使って行こうかな、とか考えられて楽しかったです。
私は占い関係については、Twitterを続けていくのが良さそう。
noteも興味あるんですが、系統立てて文章を整理できないと聞いて、うーん、となってます(このへん太陽乙女っぽい?)。

講座時間が2時間から1時間半になり、集中力のない私でも集中して聴けてありがたかったです。
自分でも快適な環境づくりの努力を!と、視聴時のイスを変えたり、低反発クッションとか用意しました。
Zoom使うのもだいぶ回数を重ねたし、慣れてきたかな?と思ったら、Webカメラの選択手順を間違い、あまり映像参加ができませんでした。
いつになったらZoomに慣れるのか・・・。

IMG_20200313_095704


同じテーマで4/4にもZoom講座があって、そちらを受講したTAZNさんの受講レポート。

「天体ドロップで見るSNS活用講座」で自分に合ったSNSを探す

このレポートの中で、天体ドロップについて
ホロスコープ上の複雑な情報が、整理され使いやすくなります。
とズバッと端的に書いてらして、(そう、それを言いたかったー!!)ってなりました。
TAZNさんは太陽水瓶座だそうで、さすが風エレメントの表現力。

<追記・4/25>
みずまち先生が、受講者のレポートをnoteにまとめて下さいました。
趣味と仕事でのSNSの使い分けポイントなども書かれています。

天秤座水星VS乙女座太陽

ここ2回くらい、ブログ記事を上げた後に、内容に訂正をしなければならないことが判明し、記事を修正&ツイッターでも修正をお知らせ、ということが続きました。
普段は何日かかけて文章を書き、書きあがったと思っても一晩寝かせて推敲し・・・、というプロセスを経てブログにアップするのですが、これを勢いでばーっと書いて、書けたからアップしちゃおう!と上げると、後で訂正・・・、になることが多い気がします。
この「後から訂正」をやらかすと、(やっちまったー!)とかなり落ち込みます。

どうも、私には「完璧な状態のものを外へ出したい」という欲望があるらしい。
欲望というか、そうであらねばと思ってるフシがある。
これは乙女座太陽のなせるわざでしょうか。
いっぽうで、思いついたことや、本や記事、誰かの発信を見て連想したことなどを、勢いのままにぱっと書いてぱっと出してしまいたい!という欲求というか衝動もある。
こちらは私の天秤座水星であるように思います。

ちょっと前に向真紀先生がツイッターでこんなことを書いてらっしゃいました。

とはいえ天秤座は活動宮。じっと考えているよりずんずん動いて、違ったらやり直せばいいのよ。
これを読んで、「天秤座って活動宮なんだな!」と改めて気づいたようなところがあるのですが(遅い)、2回のブログ修正を通じて、天秤座が活動宮であることをまた考えたというか。
風エレメントなので考えてはいるんだけど、「流行に乗って動く!とにかく世の中の流れの機を逸さず!」というのが大切なんだなー、と。
それこそタピオカが流行ったら、すかさずタピオカミルクティー買って、写真をツイッターかインスタに上げるのが天秤座水星ですよね。
そこで「ちょっといいタピオカミルクティー(高級とか、本場台湾の名店が初めて日本進出とか?)」であることに気は使うけど、お店の名前の漢字間違えてツイートしちゃったー、みたいな感じだろうか。
私の乙女座太陽は「私が世に出すからには完璧なものを!さもなくば我に死を!」くらいの勢いなので(Perfect or Die)、「あ、っと、間違いまちがい、直しまーす、てへぺろ☆」な天秤座水星にかんかんなのではないかしら。
とは言え、乙女座太陽のいうところの「完成」を待っていたら、いつになるか分からないからな・・・。

もちろん情報は正確であるべきだし、勢いでぱーっと書いたものって、読み返すと間違いはもちろん、「本来言いたかった主題や文脈が抜けてる」ということもままあり、何が言いたいのかぼんやりしちゃってる!ということもあります。
そこはやっぱり、乙女座太陽に検閲してもらうべきなんでしょう。
スピードと正確性の兼ね合いはむずかしい問題。


しかしこの間違いはひどかった・・・。
好きな(推してる)人を他の人と取り違えるって・・・、ほんとに羽川さんごめんなさい!!

IMG_20200329_123101

「天体ドロップで知る値付け・集客zoom講座」レポート(2020/3/30)

3/30に行われた、ミズマチユミコ先生主催、zoomでのビデオ会議形式講座・「天体ドロップで知る値付け・集客zoom講座」に参加しました。
2020年初の受講講座が、在宅でのオンライン講座、というのに時代を感じますね・・・、水瓶土星!!

最初、参加したはいいのですが、画像は見えるけどミズマチ先生の声が聴こえなくて、(マイクテストはできてるのにー・泣)と、あれこれやっているうちに講座開始時間を過ぎてしまいました。
他の参加者の方々、お待たせしてしまい、申し訳ありませんでした。
ヘッドセットに問題が!?とイヤホンを替えたりしたのに、結局はボタンを押してなかっただけだった(ともみん先生の時と同じミス)という・・・。

初めてzoom講座に参加してみての感想など。

よいところ
・交通費がかからない、行き帰りの時間がかからない、家(または近いところ)から参加できる
場所や距離の制約を受けないというのはすごいなー。

・他の参加者の背後の音に、その人の生活を感じてちょっと面白い
受講者は基本ミュートなのですが、質問の時などマイクONにすると、近くにいるらしいご家族の声とか、猫の声とか聞こえたりして、その方の生活をちょっと想像してしまったり。
猫ちゃんは途中で飼い主さんに抱かれてるのがカメラ映像越しに見えて、(しっぽがぴこぴこしている・・・!)とたいそう萌えました・・・。

大変だったところ
・講座は面白かったが、2時間集中するのは結構大変だった
単純に同じ姿勢がつらい、というのがあります。
その他、人間、実際に対面すると言語外情報みたいなの(しぐさとか、表情のちょっとした変化とか)があるけど、Web講座では1つの小さな画面越しだけなので、それで集中力が続かないのかも?

画面内にwebカメラ越しの自分の顔が映るのですが、それはそれでまた別の緊張感がありました・・・。
(わー、こんな顔とか無意識のしぐさを、同席してる人に見られてる可能性があるのだな!)という(←実際には、みんな講師の先生に視線集中してると思いますが)
やっぱり2時間ぶっ続けで受講してるのはいろんな意味で大変ですね。
私はかなり冷え性なこともあり、終了後は、足先に血液が行かず冷え切っていました・・・。
50分~1時間くらいでいったん休憩を挟んで、柔軟体操やラジオ体操とかやったらリフレッシュになってよいのでは!

あと、大変というのではないですが、始まるまで意外とそわそわしてしまいました。
1時間くらい前から、どうしたらいいのかなー、みたいな感じで。
いつもは講座に向けて、出かける支度をしたり、家から駅に向かって、電車乗る、という過程を経て、「講座」に向かうエンジンをかけてるんだな、と思いました。


そして講座内容自体の感想。
ミズマチ先生の『天体ドロップ』がおひろめされて以来、興味があったのですが、なかなかタイミングが合わず。
そうこうしているうちに、「占いクラスタおとなの自由研究発表会」で天体ドロップ表のフォーマットをお借りするも、肝心のメソッドを受講していない、という事態になり、1回は受けなくちゃー、と口癖になっていたので、今回受講がかなってほんと良かった。

メソッドに興味があったので、特に事業や値付けの悩みがあったわけではないですが、講座を聴きながら自分のホロスコープを見ると、いろいろと思うところはありますね・・・。
私はとにかく、
・ブログを書け!!数を打て。
これに尽きると思いました。
・時事ネタは素早く。
ニュースやツイッターで盛り上がった話題に、(ああ、こういうネタがあるな・・・)と思っても、書きかけのものを順番に上げたり、書き始めるのが遅かったりして、ブログに上げたのは2、3ヶ月後、ということがざらにあります。
細かくまとまってなくても出すのが大事。
それこそこういうのは、ツイッターの方がいいのかなー。
・ミズマチ先生が講義の中で私の天秤座水星についてちょっと触れて下さいましたが、「おとなの自由研究発表会」レポート記事みたいに、「振り返って細かく書く」のは、オッケーみたいです。
(2020/4/1追記・これは私のケースで、天秤座水星さん全員に通じるものではありません。ご注意下さいませ!)
あとはとにかく出すのを早く!だなー。
イベント終了後から3ヶ月も経ってちゃいかんだろ・・・(反省)。
ということで、今回はがんばって早めにレポを出してみました。

あと、私は「商品」と「セール品」が離れているので、戦略が必要だな、というのと、「セール品」と「安心」が近いところにあるから、混同しないように気をつけないと・・・。

ミズマチ先生いわく、「みんな『●●●』を売りたがる」との話だったけど、そう言われて考えてみると、やはり私も売りたいものは「●●●」なのでした。

天体ドロップ表は、マスの中に〇で天体があらわされるのが、ほんとにドロップみたいで見た目にもかわいいです。
西洋占星術を勉強した人がビジュアルで判断できる、面白くて分かりやすいメソッドだと思う。
どんどんメジャーになってほしいです~。
IMG_20200321_131550

グループを3区分4元素表で見る・応用編

「おとなの自由研究発表会」の応用編、になるのかな?
自由研究でご一緒した羽川くるみさんがご自分のブログ(「今日はどんな話をしようか。」)に、ジャニーズの「SixTONES」を西洋占星術で読む、という記事をアップされました。
SixTONESファンのお友達に依頼され、私が自由研究で使用した表(天体ドロップ表アイドルバージョン)を使用したいとご連絡を頂き、ぜひその結果を共有して下さいとお願いしたところ、ご友人もOK下さったとのこと。
羽川さん、お友達の方、ありがとうございます~。

前編では、天体ドロップ表アイドルバージョンで「SixTONES」メンバー6人の太陽星座の分布を見て、後編ではグループ結成時の年月日でホロスコープを読まれています。
この、「メンバーの太陽星座&グループの発足時間」の合わせ技で読む、っていうのいいですね!

実は「おとなの自由研究発表会」の観覧時アンケートに、「Snow ManとSixTONESも読んで欲しい」ということを書いて下さった方がいたのです。
しかし私、若いグループやJr.くんたちは全然わからず!
ストーンズは最近まで「シックストーン」だと思っていましたし、今もグループ名書くのに表記が分からず、公式ページで調べました。
(どれが大文字でどれが小文字?)とか、(スノーとマンの間に半角入るのか・・・)というレベル。
そんなこんなで心苦しく思っていたのですが、羽川さんの記事を見て、(これだけ柔軟宮大集合だったら、「お題を出されてムチャ振りされる」みたいな番組がいいのかなー)とか、知らないなりに妄想が広がりますね。
6人中5人が柔軟宮、更に双子座が3人で、
というエピソードはまさに!って感じでした。

更に、羽川さんがお好きだというゴスペラーズを天体ドロップ表で読んでみる記事も。

<2020.3.20 訂正とお詫び>
ゴスペラーズの「カレーが好き」なメンバーは黒沢さんでした!
下記のご本の水沢仁輔さんとは別人です。
訂正してお詫び致します。
ご本人のお二方、ファンの皆さま、大変失礼しました!!
(落ち着いてみれば名前がぜんぜん違うのに、何故混同したのか・・・)

水野さんという方がカレーが好きで「カレー番長」というあだ名で、本までだしちゃうほどカレーが好きだ、とは聞き及んでおりましたが、深くのめりこむ探求タイプなのかな?と思っていたら、むしろ勢いよく行動!のタイプだったんですね。
東京カリ~番長のザ★カレー
水野 仁輔
ブルースインターアクションズ
2004-03-20

(Amazonで検索したら、カレーに関する著書を何十冊も出されていました・・・!この勢いはやっぱり火と勢いの星座。)


記事の写真では3要素4元素の言葉の言いかえをぼやかして下さっているのですが、火・風・土・水のところを隠すイラストが、それぞれの性質に対応してる感じなのも(火だとやる気まんまんで掃除してるとか)芸が細かい!
IMG_20200313_143045

プロフィール

あかつきと読みます。西洋占星術歴約7年、太陽乙女座、月双子座、天秤座に天体多め。算命学では玉堂星中心、戌亥天中殺。
占いの勉強や講座レポートなどを書いています。

ギャラリー
  • 作品と星~『マリーマリーマリー』
  • 占い資料の整理・片づけ
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その2(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • V6メンバーの太陽星座を3区分4元素表(芸能人バージョン)で見る
  • V6メンバーの太陽星座を3区分4元素表(芸能人バージョン)で見る
  • 香りと魔除け