ほしよみ練習帳

永遠の初心者が占いについて思ったり考えたこと、講座受講のレポートなどをつづるおぼえがきノートです。 西洋占星術と算命学をかじっています。がじがじ。

雑談

ウラナイトナカイ閉店・タロットコラム本&おとなの保健室

ウラナイトナカイ閉店記念、ということで作られたまつい先生のタロットコラム本。
IMG_20190831_002338
「力」のライオンならぬトナカイがかわいい。
裏表紙の「コインの2」パロディもいいんですよね・・・。

最初はトークイベントの時に買おう~、とのんきに構えていたんですが、通販が開始され、ミズマチ先生のTwitterで、どんどん売れミズマチ先生がばんばん発送されている様子を見ているうちに、(これは、7月末までは持たないかもしれない・・・!)と危機感が。
ちょうど7月あたまに友人と阿佐ヶ谷お散歩デートをしたので、ムリヤリ友人をつきあわせてトナカイに突撃。
友人は占いには特に興味はないのですが、オタク仲間なので、「コミックエッセイも描いている漫画家さんで占い師をやっている人が、薄い本を出したので買いに寄りたい」と言ったら快諾してくれました。

トナカイHPで紹介されていた、ステーキ屋紅谷で昼食のあと、トナカイへ。
有元先生が1階にいらして、ちょうどお客さんはいなかったのを幸い、ドアを引き開けながら、「すみません、チラシコラム本をください!」と叫ぶ私。
有元先生「はい、700万円になります」
私「・・・じ、じゃあ1千万円で・・・(千円札を差し出す)」
有元「ありがとうございます、300万円のお返しです(といって300円のおつりを探している)」
友人「すごい規模のビジネスが展開してる・・・」
(そして帰宅してからHPを読み返したら、ミズマチ先生が「お釣りが出ないようにお願いします」と書かれていました・・・。有元先生、ミズマチ先生、ごめんなさい!)
案の定、トークショーよりずっと前に売り切れてしまったので、ゲットして正解!でした。

読み返して、まつい先生のコラムそのものがおもしろいのはもちろんですけど、コラムの内容に見覚えがあると、チラシ本体で読んでた時の記憶というか思い出がよみがえってくるな、と。
チラシをもらった時、よみもの記事があるのがうれしかったんですよねー。
月ごとにチラシは変わってたので、講座やイベントがないまま次の月になってしまいそうな時は、中野ブロードウェイに出向いてチラシだけもらいに行ったりしてました(そしてついでにまんだらげで古本・古同人誌をあさるのであった・・・)。


まる先生のTwitterで、トナカイの閉店を知り「ここって保健室みたいだったのにー」と嘆いた方がいる、と読み、言い得て妙だ!!と思いました。
1週間、どの曜日でも昼夜いつでも、あそこへ行けば、占ってくれて話を聞いてくれる人が誰かいる、という安心感は大きかった。
私はトナカイに通ってた時期がちょうど平日昼間がかなり自由になった時期だった&中央線沿線在住で、中野も阿佐ヶ谷も家から行きやすかった、というのも大きいと思うけど・・・。

むかし働いてた職場で、まさしく「おとなの保健室」みたいな場所がありました。
他の部署とちょっと仕事内容や雇用系統が違い、さばさばした美人さん(40代向け雑誌のモデルみたいでボブヘアが似合う)の事務担当がひとりだけいる、という小さな個室。
普段はひとりなんだけど、来客や連絡など人の出入りは割とあったり。
私はその職場では半年くらいの派遣だったんですが、職場の同僚とウマが合わなかったりで、いつものごとく(苦笑)辞めたいー、ってなって、仕事中によく駆け込んでグチを聞いてもらってました。
部屋の構造も、ドアを開けるとタテに机があって、窓際の奥に彼女が座ってるのが、ちょうど保健室とかカウンセリング室っぽかった(笑)
ご本人に言ったら「えー、白衣着ようかな」とまんざらでもないご様子。
美人が白衣!萌える!着て着て!!となったのもなつかしい思い出・・・。

昭和と平成またいできました

10連休のゴールデンウィークの真ん中、いかがお過ごしでしょうか。
前の記事でもちょこっと触れましたが、どうにか仕事が見つかり、4月から新しい職場で働き始めました。
勉強だ就活だ、なんだかんだで約1年間働いていなかったので、久々の「通勤&勤務」。
新しい環境で初めての人たちに囲まれ、仕事内容も覚えることが多く、何事も慣れるまで時間のかかる私(中心星が玉堂星)にはなかなか大変でした。
帰宅してはぐったり、夫(カウンセラーに向いている、という戌亥天中殺)に泣き言を言って泣きつき、週末になっても仕事の夢を見たり、熱を出して体調を崩したり・・・。

そんなこんなで、新元号発表も、新札発行も、話題としては聞いていたものの、なんかもうそれどころではなく!
いろいろな占いの講座も面白そうだけど参加する気力体力がなく、見送り・・・。
かろうじて「占いオフ会」には参加できました。

改元をまたぐこの10連休に入って、ようやくひと心地ついた感じです。
4/30の「平成最後の」トナカイイベントも、なんとか駆け込みで鑑定してもらうことができました。

令和最初の日は、朝一番で病院行ってきました・・・。
仕事に慣れずに体調崩して、ひいた風邪の咳だけがずるずると残ってしまっていて。
「令和元年」で初めてもらった領収書は病院のでした。
そしてその後美容院へ。
「びょういん」と「びよういん」で始まる私の令和時代。

もうちょっとしたら仕事にも慣れておちつくはず(希望)なので、そしたらまた占いの勉強とか講座とか参加したいものです。
イベントとか本とか講座の感想とか、体験だけしてアウトプットしてないものもいっぱいあるので、それらもどんどん書いていかないと!
IMG_20190424_181602

われに五月を

早くも5月となりました。
明日からゴールデンウィーク連休の後半ですね。
われに五月を (愛蔵版詩集シリーズ)
寺山 修司
日本図書センター
2004-03-25


いろいろと思うところはあるのですが、なんだか上手くまとまらず、ブログを書けずにおりました。
エアポケットというか、すとん、と小さなくぼみに落ちたような感じ。
そんなに深くはないのですが、こういう時あせってジタバタするとかえって深みにハマるので、しずかに、ゆっくり再起動しよう、と。

ブログを書いたことで、もともとこのあたり(初夏)の時期は鬼門なんだな、ということに気づいたので(こちらの記事)、やはり記録と考察は大切ですねー。
勉強、というか本読んだり、講義や人に話を聞くのは好きなのですが、「へー!へー!!おもしろーい!!」で終わらせると、その後自分の中に定着しないまま消えちゃったりすることも多々。
記録・反復・復習とかって大事なんですね・・・。
面白かった会話も、講座も、本・漫画も、コンサートも芝居も展覧会も、なるべく反芻しつつ記録を残しておきたいものです。
(もちろん「記録に腐心するよりも、この瞬間のきらめきとときめきを胸に刻み付けることが大事・・・!」という種類のものもあるから、そこらへんはケースバイケースですが)

AI(人工知能)は機械仕掛けの占い師の夢を見るか?

前回書いた、3/4の「山羊座土星期間で押さえておきたい一つのこと」講座中に、AI(人工知能)の話題になりました。
そのうちAIが発達して、占いもするんじゃないか?どうですか?というビット先生からの問いかけに、しばらくその場の出席者一同で話していたのですが。
私はAIに対する知識がまったくなく、「AIとは何か、現時点でどれくらいのことができるのか」さっぱりわかってなかったんですが、そんな状態であれこれ言っちゃったわー、と汗顔の至りです。
出席してた方すみません・・・。
ロボットにAI搭載したらアンドロイドになるのかなー、とか、SFみたいな観点でしか考えられない人間なもので・・・(それも昭和のアニメやライトノベル的なジュブナイルレベル。ダーティペアとか・・・。いわゆる正当派SFのハヤカワ文庫は「大人の男性が読むもの」って感じで難解そうで手が出ませんでしたー)。

子どものころ、観光地のゲームセンターとかお土産屋さんの片隅とかで「コンピューター占い」の機械をを見た覚えがあります。
ホロスコープや四柱推命・算名学などのいわゆる命術は基本計算ですし、出てきた1個1個の要素を組み合わせて占い結果を出すことはできるのでしょう。
しかしそれを個人の状況(年令、環境、質問の種類、性格等)に合わせて、言葉の表現(伝え方)を変えることはできるのだろうか?
いや、それもあらゆる可能性と組み合わせをあらかじめデータとして入力しておけば可能なのだろうか。
鑑定結果に基づいてアドバイスしたけど当人は納得してないみたいだなー、とか、あれこれ質問してるけど、ほんとに聞きたいことは別にあるんだな、みたいなことまでAIは察知しちゃうんでしょうか!?

私は占い好きで、あれこれ勉強したり講座受けたりしてますが、占いのロジックとはまた別に、対面した人に悩みを聞いてもらう、というところに占いの醍醐味があるんじゃないかと思っています。
自分でも何悩んでるかよくわかんなくて、もやもやした気持ちを抱えたまま占い師さんに会いに行って、喋って、悩みの内容を整理してもらう、という課程が大切、というか。
しかしそのやり取りの課程でさえ、進歩したAIとなら可能なのかな。

そうなるともう、「AIのなかったあの時代を再現したい!」っていうノスタルジーや、「AI全盛のこのご時世に、生身の人間にサービス受ける、ってすっごい贅沢!」って感覚に訴えるしかないのかも。
ノスタルジックで生身の人間を求める世代と、希少性に価値を見いだす世代をターゲットにして。
生身の人間に家庭教師をしてもらい、占いをしてもらい、エステマッサージをしてもらう富裕層・・・。
そして生まれた時からAIに世話してもらい、話し相手になってもらうのが当たり前だから、生身の人間に特別感のない世代も当然出てくるわけで・・・。
うーんやっぱりジュブナイルSFっぽい。
(「生身」って言葉を使うと、『銀河鉄道999』の「機械の身体」と「生身の身体」を思い出します)

講座では、出席されてた方が「まあ、AIが発展するには(今言われてるよりは)もうちょっと時間がかかるでしょうねー」と言われ、一同納得してその話題は終了しました。
AIの機能としては人間と変わらない判断ができるけど、それを現場に導入するにはお金がかかりすぎる、ってことでまだしばらく人間使うかー、って期間もありそうですね。



そんなことを考えていたら、こんな文章が。

占い師さんにもう会えないが寂しくない:ブログ「まばたきをする体」

「占いが大して当たらないけど1年に1回聞きに行く」って占いというものの概念をひっくりかえすパラダイムシフトだなー、と思いつつも、それもまたありなのかも、って思ったり。
「大して当たらない」ってはっきり書いちゃってるし、でもだからといってけなしてるわけでもなく、当たらないけど定期的に行く、ってよっぽど人間的に相性が合うとか会うと嬉しい気持ちになる占い師なのかな、と思いきや、「もう会えなくてもさほど悲しくない」(でも旅行で行くことがあれば行ってもいいかなー、なので、嫌ってるわけでもない)。

このブログを書いている古賀及子さんは、愛読してるサイト「デイリーポータルZ」の編集者さんなのですが、記事もブログもTwitterの文章もすべて、題材を切り取るセンスと言葉選びのセンスがものすごい・・・。
文章の中で述べられてる考えや視点に、完全に同意するわけでもないんだけど、そういうこともありかな、とストレスなく納得してしまう、ようで妙に好きなのです。
全体に文章がわかりやすく、すぱっと短く終わるのもかっこいい。
鳳閣星とかお持ちなのかなー。
プロフィール

あかつきと読みます。西洋占星術歴約7年、太陽乙女座、月双子座、天秤座に天体多め。算命学では玉堂星中心、戌亥天中殺。
占いの勉強や講座レポートなどを書いています。

ギャラリー
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート⑥
  • 2020年新年のご挨拶
  • ツイッターはじめました
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート⑤
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート④
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート②
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 無事終了しました
  • 11/30「占いクラスタおとなの自由研究会」各人の研究内容&タイトル 発表になりました~
  • 「占いクラスタ おとなの自由研究会」の発表内容が(ようやく)かたまりました