ほしよみ練習帳

永遠の初心者が占いについて思ったり考えたこと、講座受講のレポートなどをつづるおぼえがきノートです。 西洋占星術と算命学をかじっています。がじがじ。

方位取り

仙台・松島吉方位取り?旅行記 ④2日目 松島(端厳寺&宝物殿・観瀾亭&松島博物館)

次は伊達家の菩提寺・端厳寺へ。
参道の並木道を歩いていたら、前のグループに付いてたお寺のガイドさん(入り口で別料金で頼める)が「3.11の時は津波がここまで来ました!」と案内してました。
観光してる分にはほとんど地震の影響は感じられなかったのですが、瑞巌寺もあちこち補修して、ようやく本堂が公開されるようになったんですよね・・・。
CIMG2866
瑞巌寺も桃山様式で、装飾が多くて見てて楽しいです。
柱のところの象がお気に入り。

端厳寺の宝物殿も面白かった。
単にお寺の収蔵品を展示するだけでなく、東北での仏教の歴史なども解説されて、博物館のようでした。
伊達政宗という人は「仙台藩の開祖」として、後代の藩主たちの信仰めいた敬愛の対象であったようです。
そんな敬愛っぷりの分かる政宗像などが展示されていました。

端厳寺の後に行った観瀾亭は、他のお客さんが誰もいないというタイミングの良さ!!
貸し切り状態で、絶景と抹茶とずんだもちを楽しめました。
CIMG2868
いい天気で良い眺めでした~。
CIMG2867
建物自体は伏見桃山城の中にあった茶室を江戸の伊達藩亭に移築、更に、江戸から松島に移築されたという、由緒と謂われのあるもの。
茶室というにはいささか広すぎる&襖絵などの豪華すぎる様子に、(これはきっと秀吉のシュミだな・・・、千利休の好みとはほど遠いよな・・・)とつくづく思う。
日曜も天気が良く、日なたは暑いのですが、観瀾亭の座敷に座っていると海からの風で肌寒く感じるほどでした。

CIMG2870
お抹茶でひと息ついたら、ちょうど他のお客さんも増えてきたので、観瀾亭の裏手にある松島博物館へ。
土蔵を改装したのかな?というこじんまりしたつくりで、「個人のコレクション展示してみました」って感じ、かつレトロなのですが、それがまた雰囲気あって良かったです。
CIMG2873
何故か、地元の松島中学校の職員・生徒が作成した松島の立体模型図が展示してあり、しかもそれがなかなかの出来ばえ&床をくりぬいて展示してある凝ったもので、思わずじっくり眺めてしまいました・・・。
(「1958年に松島中学校の職員・生徒が作成した正確な5000分の1の空から見た松島の立体模型」だそうです。あの完成度の高さは、大人が中心で作ったんじゃ・・・)

松島観光も一段落したので、帰りますか、と仙石線で仙台へ。
駅ビルを回ってお土産を購入して、新幹線で帰京。
1泊2日、充実の旅でした。



「吉方位取り」というには、湧き水見逃したり神社行かなかったり、いろいろ至らなかった感がありますが、楽しめました。
しかし帰京後、体調を崩してダウン・・・
以前も「吉方位取り」で日帰り温泉行ったら、その後風邪をこじらせて寝込んだこともあり。
デトックス効果で、まず身体の中の悪いものが出ちゃうのかなー(苦笑)
私は「吉方位取り」する前に、心身の基礎を整えることが必要なのかもしれません。

(2017.8.31追記
おまけとして、伊達政宗のホロスコープチャート&算命学の命式を読んでみました。 )

仙台・松島吉方位取り?旅行記 ③2日目 松島(福浦島・松島湾クルージング・五大堂)

2日目の観光は福浦島散策からスタート。
ホテルのベランダから見えていた、海上の赤い橋を渡って歩いて行ける島です。
CIMG2812
何があるのか?と思ったら、特になんにもない島でした。
島内をぐるりと巡る散策路がある程度。
しかしその何もなさが妙によかった。
自然の中をお散歩しました。

遊覧船の出発時刻に合わせて福浦島から戻り、今後は松島湾内をクルージング。
以前松島に来た時は岸から沖を眺める程度でしたが、今回は遊覧船に乗って外海の方まで島や岩の間をぬって見物。
船乗るのって楽しいですね!
CIMG2837
すごい早さで船についてくるカモメを観察したり(昔はえさをやれたようですが今は禁止)、奇岩がいっぱい見れておもしろかったです。
CIMG2839
積層のしましまと、波に削られた造形が点在する湾内。
こんな光景を初めて見たら、そりゃあびっくりするだろうな、絶景と言われたわけだよな、と。
現代みたいに写真やWebで(現実よりも?)きれいな画像が見れるわけでもない昔、「変わった風景があるらしい」と本や伝承で聞いて、想像をふくらませて、はるばるやってきて実際にその景色を見た時の、感動、あるいは衝撃はいかばかりだったんでしょうか。

そのまま船で鹽竈神社のある塩釜港まで行くコースもあって、吉方位取りとしては神社に行くべきだったのでは・・・、と後で反省しました。
あと、政宗の孫の菩提寺である円通院にはバラ園があるそうです!
支倉常長が西洋から持ち帰った薔薇の花が厨子に描かれてる、という縁からだそうな。
東京に戻ってきてから知り、5月だったら薔薇の花の盛りなのでは・・・、行ってみれば良かった!
まあ、また次の機会に(何回、仙台・松島行く気なのか)。
ちなみに円通院のHPを見ていたら、厨子にはトランプの4スート(ハート・ダイヤ・クローバー・スペード)が描かれてる、という伝承もあるそうな。
タロットカード的な意味でも興味惹かれますね・・・。

CIMG2841
お昼は松島名物・カキを食べよう、とカキフライ(でも松島産のカキではないようでした・・・)。

次は「五大堂」へ。
東北で初めて作られた桃山様式の建築物と言われ、優美な装飾が華やかな一方、それらが彩色されず、建物全体が白木のままで簡素なイメージ、というのが妙にアンバランスで、華美になりすぎなくて魅力的なのです。
五大堂の外壁上部に飾られている十二支の彫刻が好きなので、また見れて嬉しい。
十二支の動物それぞれが花(植物)モチーフと組み合わされていて、それもまた華やかさが。
CIMG2844
今年は酉年なのでニワトリを。一緒のモチーフは菊の花かな?
CIMG2850
(卯は波、など一部例外あり。兎と白波の組み合わせがお約束なのはなぜでしょうね。因幡の白兎の逸話から?と思ったけど、あれは日本神話・・・。まあ神仏習合?)
CIMG2852
個人的にはヘビと蔦の葉、という組み合わせが好きです。
あまり装飾に使われないヘビだけど、ここの彫刻のヘビはどことなくアールヌーボーチック(蔦だから?)。
CIMG2848
「酉年・巳月・丑の方角」の三合吉方位取り旅行なので、丑の画像も。
丑と梅、は菅原道真公のエピソードからかな?(これも神道、というか道教か)
CIMG2858
子ではなく午がお堂の正面になっていて、(なぜ?)と思ったけど、考えてみれば午は「極まる」頂点なので、正面でもいいのかも(時計もお昼=12時=午が一番上ですもんね)。
扁額のウラなので写真が撮りにくかったのが残念。

仙台・松島吉方位取り?旅行記 ②初日・仙台→松島

仙台城址を下って、地下鉄で街中へ戻りました。
実は5月20~21日の週末は「仙台青葉まつり」が開催されており、街中のあちこちに山車が。
CIMG2791

日曜にはこれらの山車が街中を行き交ったり、すずめ踊りが披露されたりするらしい。
土曜も午後から交通規制がかかるとのことで、ほんとはおしゃれな定禅寺通りとかもぶらつきたかったんですが、そのあたりは歩行者天国になるらしく、混みそう、と断念。
「ブラタモリ」仙台の回で紹介された、町人の町と武士の町の境目を見に行こう!とアーケードを歩いていたのですが・・・。
暑い!人が多い!!
前回も書きましたが、この日は全国的に真夏日。
そして仙台は大都会。
天気の良い週末とあれば、観光とか関係なく、普通に盛り場はお買い物やぶらぶらしてる人でにぎわうわけで・・・。
暑さと疲れでグロッキーになり、町人の町と武士の町の境目の真横にあるエクセシオールでお茶して休憩。
InkedCIMG2810_LI

商店街も、町人の町と武士の町の境目の所で名前が変わる(「クリスロード」と「名掛丁商店街」)そうです。
『名掛丁』は江戸時代からの町名。

暑いし、混んでるし、もう松島に移動しちゃおうか、ということで仙台から松島までは電車移動。
仙石線の車両は、ドアが脇のボタンを押さないと開かない仕様。
中央線とかでもこの仕組みの電車ありますが、普段は自動ドアになっていて、冬場、奥の方に行くとボタン開閉式に切り替わるのに対し、仙石線は5月の時点でボタンを押さないと開かないことに気づかず、最初降りたい人の邪魔をしてしまいました。
仙台のアーケード街でも思いましたが、仙石線に乗ってる人も、お買い物や所用で仙台来てて帰る人が多く、なんならよそ行き(都会仕様)のおしゃれしてるんですよね。
いかにも観光地列車!というわけではないので、旅行向けのカジュアルファッション&大荷物で乗ってるのがちょっと座り悪かった・・・。

CIMG2811

松島のお宿は部屋から海が見えるオーシャンビューのホテル。
温泉からも海が見えて、とても気持ち良かったです!
方位取りでやるといいこと、には温泉(その土地の水)に入る、というのもあるので、ここで湧き水の分を挽回(?)。

夕食はハーフバイキング。
「観光地の旅館・ホテルのバイキング夕食」って、過去の経験から正直言って大したことないという印象がぬぐえなかったのですが・・・、最近はほんとすごいんですねえ。
豪華だし、皿数もいっぱいあるし、美味しい。
「三陸の地の食材」を使うことにこだわっているそうで、「なるべくその土地の物を食べる」方位取りにはぴったりじゃ?と思ったのですが、あいにく私は「夏のような暑さ」「旅行の疲れと興奮」「初夏のハイテンションの疲れ」等等でいまいち食欲がわかず・・・。
ムリに詰め込んでも調子悪くなっちゃう、と控えめに済ませました。
その代わり、という訳でもないですが、翌朝の朝食で地元食材の海草のつくだに食べました!美味しかった。
朝食バイキングがこれまた種類たくさんでしてねえ・・・。

仙台・松島吉方位取り?旅行記 ①初日・仙台

1月に受講した翡翠先生の吉方位取り講座で、「今年(酉)は巳月に北東(丑)へ行くと三合の吉方位取りになる」と教えて頂きました。
年・月・行き先の方角の十二支で三合をつくる(西洋占星術でいうところのトラインを形成する)、という開運法です。
ちょうどここ数年(仙台にまた行きたい)と思っていたこともあり、これは5月に行くしかないでしょう!と夫婦で仙台旅行することに。
5月20~21日に1泊で、仙台・松島と巡ってきました。
大変遅ればせなんですが、旅行の記録です。

CIMG2789

出発日の20日は、見事なピーカン。
全国的に夏日だったらしく、東京より涼しい仙台でさえ、暑さを感じました。
しかしさすがは杜の都、ケヤキの新緑が美しかったです!
CIMG2794
るーぷる仙台から見た青葉通り

今回は「ベタな仙台・松島観光」テーマでプランを組みました。
1日目、るーぷる仙台(市内観光地を周遊するバス)で市内を見学しつつ移動、仙台市博物館、仙台城址、牛タンで昼食。
松島へ移動して、海の見えるホテルに宿泊、温泉。
2日目、松浦島、松島遊覧船、五大堂、瑞厳寺&宝物殿見学(ミニ博物館状態)、絢爛亭、その裏にある松島博物館見学。
仙台へ戻って新幹線で帰京。

ベタと言いつつ、要所要所に挟まる博物館・資料館が玉堂星らしさをかもしだしてるのかな?
私たちは玉堂中心(&戌亥天中殺)夫婦なので、旅にでたらその地方の博物館とか民俗資料館見学は必須だ!と最近気づきました。
仙台市博物館は立派な建物&大きな規模で、仙台という都市に関する、縄文時代から伊達政宗が仙台藩を統治した戦国~江戸、そして近代に至るまでの歴史資料を網羅した充実の展示。
松島博物館は個人経営みたいなこじんまり感と昭和レトロ感があふれてて、対照的でどちらも満喫しました。
端厳寺の宝物殿は仏教美術が中心で、こちらもけっこう充実してておもしろかったです。



実は仙台旅行は3度目なのですが、訪れるたびに仙台城址の観光スポット度が上がっています。
一番最初に来た時は城跡とかもろくになく、ほんと伊達政宗像と展望台があるくらいで、がらーん、としてたのですが、2回目は城跡がだいぶ発掘されたり、復元作業計画が展示されてたり。
そして今回は、発掘された本丸の基礎の上にあるQRコードを読み込むと、360度ビューワーで在りし日の仙台城を再現したサイトにアクセスできる!という掲示が。
さらに夜は伊達政宗騎馬像と石垣がライトアップされるらしい!
そして、400年の時を越え、蘇った伊達政宗、片倉小十郎景綱、松尾芭蕉たちからなる、「奥州・仙台おもてなし集団伊達武将隊」がおもてなし!!
・・・ちょうど城址に着いた時が真昼のいちばん暑い時だったのですが、その炎天下でやってました、演舞。
暑いかんかん照りの中、鎧甲冑を着こみ、音楽に合わせて舞い踊り、「我は伊達政宗なり!」と叫ぶ政宗さま(役の若い男性)。
たいへんだな~、と遠目でその様子を眺めておりました。
360度ビューワーで在りし日の仙台城を再現、とか、歴史上の人物になりきりで演じる役者、って魚座海王星っぽいですよね・・・。
(観光地で戦国武将をなりきりで演じる集団、を初めて知ったのは2010年、「名古屋おもてなし武将隊」でしたが、あれから全国各地に増えましたねー。
こういうのは2.5次元じゃなくてなんて言うんだろう?)



方位取り旅行から帰ってきたのち、翡翠先生のブログ(翡翠輝子の招福日記)の吉方位取り旅行の記事を読んだら「十二支の三合には、それぞれ強化される運気があります。
巳酉丑は、三合金局(さんごうきんきょく)ですから、お金を増やして楽しい人生を送ることが最終目標
」と・・・!
この方位取りで何を豊かにするか、とか全然考えてなかった!

書きながら思い出したんですが、仙台市博物館は仙台城址の下の方にありまして、博物館の裏手から、城址へ登る道を上って展望台へ行ったのです。
すると途中に小さな川というほどでもない水の流れが出ていて、どうやら湧き水がある様子。
その時は(湧き水かー)くらいで流してしまいましたが、後で調べたら、江戸時代はその湧き水でお酒を作っていたらしい。
そのあたりには醸造していた建物の記録もあるらしい。
吉方位取りではその土地の水を汲んだり飲んだりするといい、といいますが・・・。
酉にさんずいをつけると酒ですから、たっぷりお酒を飲むことにしました。吉方に出かけるだけでなく、吉方の象徴を体現することで開運効果は倍増します
翡翠輝子の招福日記
お酒の元の湧き水って、どんぴしゃ!あの水汲んどくべきだったんじゃ!?
(後でするから後悔・・・)

CIMG2797
仙台市博物館の裏手にあった、先代の伊達政宗像。
戦争中、金属供出の憂き目に遭い、バストショットのみ残されたらしい・・・。
中途半端にぶった斬んなくても、と思いますが、生首状態でもイヤだな(苦笑)

2017年吉方取り講座レポ(1/7 ウラナイトナカイ)

新年明けて初の講座は、翡翠輝子先生の『吉方取り講座』でした。
九星気学でその年(や来年)の吉方位を鑑定する、というのは、
中野トナカイ時代、吉村月華先生に観て頂いたことがあります。
どういうロジックなのかな?と気になったので、今回受講。
もちろんさわりをちょっと説明して頂いただけですが、面白かったです!

そして自分の九星を調べずに行ったら、
他の受講者さん大半が自分の星を把握していて、あわあわしました。
先生の持ってきて下さった本ですぐに調べられましたが、
双子月の好奇心のままに突っ走ると、たいてい準備や支度のないままで赴き、
現場についてから乙女太陽が「あああ!あたくしとしたことが準備不足!」とほぞをかみます・・・。

気を取り直して。
九星気学とは、開運のために能動的に「運を取りに行く」占術なのだそうです。
また、素敵だな、と思ったのが、
「たとえ遠出でなくても、歩きでも、日常から離れればそれは『旅』」という考え方。
もちろん飛行機や新幹線で遠方へ行き、泊まって、温泉入って土地のもの食べて・・・、
という旅行も理想ですが、
生活の中で、歩いて行って普段の生活圏を離れれば、それも「旅」という。

そしてなんと言っても面白かったのは、
「すべては象徴、寓意だから、それをヒントに解釈して、信じることが力になる」という姿勢。
たとえば、日本からは東南の位置になくても、
「東南アジア」と呼んでいる地域には『東南』の意味が含まれる。
だから「東南の方角が吉」の時に東南アジアへ行くのもあり!という解釈。
言霊というか、呼ばれ続けて名前になっていれば、
「東南」のパワーがそこにあるんだ、と信じるという・・・。
また、各方角それぞれに仕事運とか恋愛運とか担当があるんですが、
それらの示すものも、時代に応じて解釈してゆく。
例えば昔はなかったIT、コンピューター関係は、「新しいことを始める、遠方」の東に割り振られている。
九星気学では北が下、南が上に書かれるので、南は人間の身体でいうと「頭」の位置になる、
だから美容運を上げたければ南へ。などなど・・・。
言葉大好き!な私には、ここらへんがたまらなく興味深かったです~。

翡翠先生のブログに、
易の大家が「沢水困(たくすいこん)」の卦を「タクシー来ん」と読み解いたエピソード
がありましたが、
極めればダジャレも解釈の1つなんですな!

ライターでもいらっしゃる翡翠先生はやはり言葉の魔術師というか、
易講座の時もそうでしたけど、出た結果から連想をつなげて、鑑定相手の状況に応じて解釈し、
状況を読み取る、また、鑑定結果を提示するパワーが凄いな・・・、と思いました。
頭の回転が速い、という言葉を使っていいのか分かりませんが、そんな感じ。
また、翡翠先生は長年女性誌で占い記事を書いていらしたので、
そこらへんのウラ話など聞かせて頂いたりもしました。
ふふふ、双子座月が大満足~。

また、吉方位取り旅行の1つとして、、
1年間の中で年・月・行き先の方角の十二支で三合をつくる
(西洋占星術でいうところのトラインを形成する)、
という開運法を教えて頂いたのですが。
実はここ数年、夫婦で旅行に行きたいねと言い合ってた場所(仮に〇〇市)がありまして、
今年こそは!と思い定め、
時期をいつにするか、A月か、B月か?とばくぜんと考えていたのです。
そうしたら、翡翠先生がおっしゃるには、
「私は今年、三合吉方位取りで、A月に〇〇市へゆきます」!
これはもう!絶対今年のA月に〇〇市に旅行行くしかないでしょう!!
こちらのブログに旅行レポ書きますねー。(宣言)

昨年の冬至の易講座以来の翡翠先生の講座でしたが、
変わらずすっきり、ぱきぱきとした講義っぷりでいらして、
ユーモアもあって素敵でした~。
去年の易講座で立てた卦は、結局どうだったか?という検証もしなくては。

IMG_20170129_200902
古着屋で見つけたポールスミスのTシャツ。
世界をおしゃれに旅して歩くワールドワイドガール。
射手座と天秤座のハイブリッドみたい!とひとめぼれで買ってしまいましたが、
残念ながら私はラウンドネックが似合わない&このピンクの色味が似合わない、
そしてそもそもTシャツが似合わない・・・。
観賞用と化しております。
プロフィール

あかつきと読みます。西洋占星術歴約7年、太陽乙女座、月双子座、天秤座に天体多め。算命学では玉堂星中心、戌亥天中殺。
占いの勉強や講座レポートなどを書いています。

ギャラリー
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート⑥
  • 2020年新年のご挨拶
  • ツイッターはじめました
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート⑤
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート④
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート②
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 無事終了しました
  • 11/30「占いクラスタおとなの自由研究会」各人の研究内容&タイトル 発表になりました~
  • 「占いクラスタ おとなの自由研究会」の発表内容が(ようやく)かたまりました