ほしよみ練習帳

永遠の初心者が占いについて思ったり考えたこと、講座受講のレポートなどをつづるおぼえがきノートです。 西洋占星術と算命学をかじっています。がじがじ。

講座レポート

「十大主星講座~龍高星・玉堂星~」講座レポ(9/1)

もう9月になりましたね!早いものです。
今年がもう2/3終わってしまったなんて・・・、あっという間に『AKIRA』で東京オリンピック開催と設定されてた2020年が来てしまう・・・。
AKIRA(1) (KCデラックス)
大友 克洋
講談社
1984-09-14



夏瀬あんこ先生が4月から開催されていた十大主星の会。
4月から新しい職場で働き出し、いろいろいっぱいいっぱいで、講座に参加する余裕がありませんでした・・・。
貫索・石門は特に行きたかった・・・。
車騎・牽牛の会なんて2回も開催されたのに!
しえさんのお話聞いてみたかったー)
最後の1回だけになってしまったけど、自分自身玉堂星中心だし、ということで、9/1の「十大主星講座~龍高星・玉堂星~」に参加してきました。

CIMG2533


参加者が10人に増員され、みちみちの会議室。
龍高星中心の星読視ゆき先生がゲストでした。
新潟からいらした美海星蘭先生も。
さらに玉堂星中心の有元先生もいらして、ちょうど「タロットコラム本700万円」のやりとりをブログに書いたばかりだったので、妙に気恥ずかしかったです・・・(しかも席がおとなりだった)。

はじめに星読視ゆき先生がいまハマってる趣味のお話を熱く語って下さり、みんなで聞き入りました。
面白かったー!
この「面白い」は単純に話題として興味深い、というのももちろんありますし、「龍高星中心の人は興味を持つと、ほんとに調べまくって、ガンガン勢いよく行くんだな!」というのも実感できたし、私自身が玉堂星中心として、「その趣味の世界はそんな風になってるんだ・・・、そういう感じで、そういうことがホットトピックスで、やっぱどこ行っても派閥とかはあるんだね・・・」と、「知らない世界のことを知れるのが楽しい」という面白さでした。

玉堂星中心が私を含め3、4人いて、龍高星中心は星読視ゆき先生おひとりだったのですが、やっぱり龍高星はフットワーク軽くてうらやましいな!と。
東に龍高星を持つ方が「同じところに3年以上いたことがない」と高校卒業後の経歴をお話されていましたが、龍高星持ってたら派遣という働きかたはすごく合ってるんじゃないかなー!
今、派遣は1つの職場で3年以上勤務できなくなってしまったので、玉堂星中心の私としてはなかなか痛いところです・・・
(しかし、同じところに3年以上いると「ここを出たい・・・!」という気持ちがわき上がってきたりするのも事実。これは日干の壬のなせるわざか・・・?)

あんこ先生曰く、龍高星は適職候補をいっぱい挙げられるけど、玉堂星は現代ではなかなか難しい、と。
「伝統文化・芸能」みたいに求人があまりないとか、「学問(人文系)」のように、それこそ大学改革とかで「役に立たねえ!」って削減されちゃうような分野が玉堂星の得意とするところなんですよね。
まあそもそも「文化」というものが、食って生殖して寝るという人間の基本サイクルからは余計なものだからね!
文化や教養は余剰で、その余剰をどれだけ生活の上に乗せられるか、だと思うのですが、なかなか厳しい昨今でございます。
玉堂星はマジメにこつこつ、一カ所から動かないタイプ、ということで事務職とかも向いてないわけじゃないと思われますが、「昭和の時代の郵便局・役所・図書館・信用金庫」みたいな「異動しないで地味に淡々と」というイメージ。
やはり現代ではいろいろ厳しそうです・・・。

そして考え過ぎてしまう龍高・玉堂星。
これは身をもって実感しております・・・、考えても仕方ないことをぐるぐるぐるぐるいつまでも考え続けてしまう。
同じ悩みを何回も占ってもらい、占い師の先生に「まだ悩んでたの!?」と驚かれる(苦笑)
龍高・玉堂星組の気分転換という話になり、「縫い物の縫い目を1個ずつほどいていく」「ギョウザを大量に包む」「夜中にキャベツを大量に千切り」など、細かい作業に熱中することによって考えを遮断する、というような傾向が。
聞いていて、私は細かい作業系の気分転換は思い当たらないなあ、とよくよく考えたら、悩みや嫌な気持ちが頭を離れない時は「ドラマやアニメなどストーリーのある映像を見る」のでした。
強烈な「物語」で自分の現実の悩みを押し流す。
バラエティー番組だとダメなんですよね、笑いながらも悩みが思いだされちゃったりして。

その他、龍高・玉堂星関係ないけど印象深かったフレーズ
わたしたち戌亥天中殺のひとりと、子牛天中殺の人のひとりは違うから!
(戌亥天中殺のひとりはマジで孤独、らしい)

天将星を持っているというのは、自分の中に原発を持っているようなもの



龍高・玉堂星はどうしてもアウトプットが少なくなってしまう。
そこを強化しないとなー、というのが算命学を知ってからずっと課題なのだけど、やっぱりついつい貯めこんでしまいます。
とりあえず早めにレポを放出しないと!と頑張りました。

次からは十二大従星の講座だそうで、これもできる限り参加したいなー。

不調と『更年期講座』と人生の有限と。

アースダイバーツアーレポート、次回からスタート!と言いつつ、平日は仕事でわたわたし、週末はお芝居観に行って一緒に行った友人と楽しく飲んだり、都会に車で出かけて道を間違えてひー!となったり、大雨に降られたりしていたら、見事に体調を崩してしまいました・・・。
身体が冷えたのか、疲れて免疫力下がったのか、ウイルス性で胃や腸をやられたらしく、お腹の調子がよろしくなく。
1週間近くおとなしく過ごして養生して、ようやく今日あたり体調が戻ってきた感じです。
お腹の調子が悪いと、なんというか全体に力が入らないんですよね。
「丹田に力を入れる」ということができないというか、まさしく「ハラがすわってない」状態で、ふらふらふわふわしてしまいます・・・。
思えば5月は鬼門なのでした。忘れてた(毎年こんなことを言っている・・・)。

だいぶ前ですが、3月にヤスミン&ともみん先生の『更年期講座』に参加した時のレポート記事を、ともみん先生のブログで紹介して頂いたのでした!
ご紹介ありがとうございます~(そして夏瀬あんこ先生が知らせてくれたらしい・・・いつもお世話になってますー)。
うかうかしているうちに、ともみん先生は「白鳥ともみ」先生にメタモルフォーゼされておりました。

ともみん先生には「ご自分のカラダに寄り添い思いやりをもってカラダとお付き合いされている印象の暁さん」って書いていただきましたが(ありがたくも身に余るお言葉)、正直、理想と現実は乖離しております。
『更年期講座』を受講して(ほうほう、なるほど!)といろいろ納得したのに、いざ実践となると大切なことがあさってに。
水が多すぎる体質なのですが、相変わらずつい習慣で水分取っちゃって、(はっ、お腹がちゃぶちゃぶしてる・・・)とか思うとやはり胃が不調になったり。
冷やしちゃいけないって分かってるけど、めんどくさくてつい温める手間をさぼって、結果やっぱり冷えてしまって不調になったり。
そして不調になって慌てて行きつけの鍼灸院に駆け込む、の繰り返し・・・。
足腰しっかりさせなきゃいけないタイプなので、意識的に歩くようにはしてますが、まだはかばかしい結果は得られておりません。
それでもたんぱく質は意識的に取るようにしたり、間食は甘いものじゃなくておにぎり食べたっていいんだな!とか、ちょっとずつでも努力して変わってゆければと思います。

というかほんとに、そろそろ更年期近くなってくる年齢なので、変わってゆかなきゃです。
この不調期間に、闘病中だった同い年の友人の訃報が届きました。
人生は長いけど、時に短いのですね。
人生がいつまでなのか、いつ終わるのかはわからない。
やりたいこと、やってみたいことはやれる時に!
そして健康寿命はなるべく長く延ばしたい!
常々思ってはいるけど忘れがちだったり、難しい。

ともみん先生の『更年期講座』がまた開催されるそうなので、更年期や漢方・中医学などに興味ある方はオススメです!
ステキなお姉さまな、ともみん先生を拝見するだけでも元気出てきます。
ヤスミン先生の笑顔&顔のお手入れワークショップも参加してみたかった・・・。
ミズマチユミコ先生の『冥王星による世代の価値観の研究会』も面白そうー!日程の都合がつかず参加できないのが残念です。
算命学の講座もいろいろ発表されてるので、また参加したい、と言いつつ、週末(土日)は1日出かけると、もう1日は家で休まないとその後が持たなくなってきちゃって。
他の予定と占い講座との調整が難しいのが悩みです。
コピーロボットが3体くらい欲しいわ・・・。
・・・ということで次回こそアースダイバーツアーレポートを書きます。

「更年期という波に乗る」~更年期講座(2019.3.21 新宿)

平成最後の春分の日、新宿某所で開催された「更年期という波に乗る」講座を受講してきました。
講師はともみんこと望月ともみ先生ヤスミン先生コンビ。
去年の6月にウラナイトナカイで開催された「磨こうBODY&SOUL」イベントの講師だったお二人です。
去年のイベントで参加したのはともみん先生のダイエット講座&体質診断会だけだったので、ヤスミン先生の講座ははじめて。

今回のテーマは更年期。
私はまだそれらしき症状は出ていないんですが、年齢的にもうちょっとしたらやってくるだろう・・・というところ。
もともと婦人科系が弱く、冷え性で運動苦手、体力もない。
「血の流れが滞ってる」体質だな、と自覚しつつも体質改善が進まないまま、更年期に突入したらどうなっちゃうんだろう、と不安があったので、この企画のお知らせがあった時さっそく申し込みました。

参加者は30代から更年期の最中、という方まで幅広かったようですが、10人の受講者みんな熱心に聴いたり質問されてたりして、充実してました。
講師のお二人も魅力的!
ジャージーと革、異素材コンビの黒のミニワンピにウエービーヘアが格好いいお姉さま!って感じのともみん先生と、小花柄のワンピースに黒いカーディガン、甘すぎないキュートスタイルにショートヘアが爽やかおっとりお姉さんイメージのヤスミン先生。
第一部はともみん先生が中医学の観点から「更年期」の説明、そして体質チェック、各体質の更年期(出やすい)症状、その対応策など。
第二部はエステ・セラピストであるヤスミン先生が、経験に基づく肉体についてのお話と、効果的なセルフケア。
お二人とも経験から繰り出されてくるお話が面白い&説得力あって、2時間半もあっという間でした・・・!
お二人の語り口がさばさばして明るいので、聞いてて前向きな気持ちになれたのが嬉しかったです。

最後のシェアタイム(更年期について自分の経験・思いなどをみんなで喋る)にもお話させて頂いたのですが、私は20代の時にいわゆる更年期症状の「ホットフラッシュ」を疑似体験したことがあるのです。
当時婦人科にかかっていたのですが、子宮筋腫が異常なスピードで大きくなってしまい、「生理を薬で止めて、筋腫の生長が止まるかどうかやってみましょう」ということに。
ホルモン剤を鼻から吸うタイプのお薬で、半年ほど生理が来なくなりました。
最初は「生理痛がないって楽~」「わー、タイミングを気にせず白い夏のパンツがはける!」とか思ってたんですけど(←のんき)、そのうち、気温は暑くないのに急にぽーっと顔がほてる、ということが何回か。
(なんだろう?)と思っていたところ、法事で親戚が集まり、食事の時にたまたま私の周りに、母、伯母、母の従妹、と年上の女性(40代後半~60代くらい)ばかりという状況に。
更年期の話題になり、母の従妹が更年期症状の最中だ、と「暑くないのに、顔が中だけぽーっとほてって熱くって・・・」という話をしてて、(これか!!これが更年期症状っていうやつなのか!)と思い当たったのでした。
その後、薬の甲斐はなく筋腫は大きいままだったので結局開腹手術をし、体質はさして改善しないまま・・・、という状況で、「更年期」というものに漠然と恐れをいだいていたのです。

でもこの講座を受講して、やれる(対応できる、予防できる)ことはいっぱいあるし、やらなきゃいけないこともあるのだな、と思いました。
今回は「何が起こるのか」「その対応策」が分かりましたが、今後実際に更年期の症状が出てきた時には気持ちのゆらぎも当然あることでしょう(というか私のことなのできっと荒れる・・・)。
講師の先生方のように、自分の変化を受容して面白がれるところまで行けたら格好いいけど、少しでもそういう風に感じられるといいなー。
そしてセルフケアももちろんなんですが、いろいろ聞いてるとプロの技も受けたくなります・・・。
今度はヤスミン先生のフェイシャル受けてみたいな・・・、ともみん先生の鍼灸にも伺いたいものだ・・・。

IMG_20190321_123301
ヤスミン先生が連れてきた「おはぎちゃん」。
セルフケアの場所を教えてくれました。
『らんま2分の1』の骨格標本「コーちゃん」を思いだした・・・。

「タロットで年運を読む講座」レポ(2/2)

夏瀬あんこ先生の「タロットで年運を読む講座」に参加してきました。

前回の記事で「焦燥感の中でもがいてる」と書きましたが、その後、急激にいろんな事態が動きだしました。
求職活動もその他のことも急にばたばた段取りや日程が決まり、やらなきゃいけないことが細切れに出てきて、わー、気がせわしない、と思っていたら。
急にまたそれらが一気に白紙になる、という展開に。
1月最終日なんか、昼と夕方に1件ずつドタキャンの連絡が届き、週末の予定が一気にご破算になりました・・・。

なんだよ、もー!という怒りと脱力感もありつつも、ぼんやり過ごした後で気が付きました。
・・・ということは、土曜日の「タロットで年運を読む講座」参加できるんじゃ!?
そんなわけで当日の朝メールで申込むという、ドタキャンならぬドタンバ参加だったのですが、あんこ先生は快くOKして下さいました。ありがたや。

講座の内容はホロスコープスプレッドで年運を読むというもの。
まつい先生の初級タロット1DAY講座に参加した時は、ホロスコープスプレッドの説明はあったんだけど、実践してみる時間がなかったんですよね。
あんこ先生はまつい先生にタロット教わった、とのことで、私にとってはまつい先生の1日タロット講座にプラスアルファするような感覚で、理解しやすかったです。
どこに注目して、どんなカードをキーにして読めばいいか、というポイントも教えて頂きました。

説明の後は実習。
全体年運はこないだ読んだので、今回は「就職活動について」を中心に占って(読んで)みました。
IMG_20190202_144753

仕事は見つかるんじゃないか、もし仮に見つからなくても暮らしは安定してるから大丈夫!(←それ大丈夫か?)
意外と体育会系の職場かも、若い男子が多いとか、勢いのある職場?(そういうところ苦手なはずなんですが・・・)
やる気はあるけど、いろんな職場を転々として自分に合うところ探してみればいいのかも。

こんな感じかなー。
7ハウスの死神が気になりますが・・・。
そしてアドバイスカードの「ただいま妄想中!」なカップ7が恥ずかしい!きゃー!!

ホロスコープスプレッドを読んだ後は、タロットの実践練習。
参加者3人それぞれ悩みや気になってることをお互い3人で占ってみる(ホロスコープスプレッドに限らず)、という形式。
私は就職活動について占ったこともあり「どんな職場が私に向いていますか?」というお題で、1枚引き&アドバイスカードの2枚で占ってもらいました。
そしたらまあ、見事なカップ祭り。
IMG_20190202_161926
私のカード

IMG_20190202_161858
IMG_20190202_161909
他のお二人のカード

カップは「感情」「気持ち」をあらわします。
つまり、「気持ちが共感できる職場で働きたい」ってことですね。
コインだったらお金、つまりお給料重視、ソードだったら条件(休み取りやすいとか)重視だと思われるのですが、職場に一番求めてるのが気持ちの共感!?
そんなものを職場に求めてたのか、私!?
・・・と言いつつ、いろいろ過去を思い出すと腑におちるフシもあるのです。
なんというか恥ずかしい・・・。
そしてお給料や勤務条件だったらある程度求人票で絞り込めますが、「職場に溶け込めるか、職場にいて心地いいか」って、実際にその職場で働いてみないと分からない!
社風もあるし、その業界の慣習とか雰囲気もあるし、なによりそこの人間関係が大きい。
そして渦中にいる人は自分のその状況が「普通」だと思っているので、たとえ面接で聞いてみても、他の会社とかの「違い」ってはっきり出てこない。
そういう意味でも、ホロスコープスプレッドは「いろんな職場を転々として自分に合うところ探してみれば?」という結果なのかもですね・・・。

他の参加者の方を占った時も、2人のスプレッドにそれぞれ同じカードが出たり、3人で同じスートが多かったりとシンクロしてました。
複数人で占ってみるのも面白いものですね!

おやつを食べつつ勉強&実践してリフレッシュできました。
練習会は出たカードの意味が分からない時にすぐアドバイスもらえたり、他の人の意見聞けるのがいいですねー。
あんこ先生&参加のお二方、ありがとうございました!

タロットとらのあな~初級タロット1DAY講座受講レポ(11/23 ウラナイトナカイ)

今年の正月にマカロンタロットを購入し、勢いで始めたタロットカード。
マカロンタロット付属の解説本(著・ラクシュミー先生)を参照したり、『タロットの秘密』を参照したりしながら自己流でやってきましたが。
やはり1回ちゃんと体系的にまとめて教わりたいなあ・・・、と思っていました。
まついなつき先生の「初級タロット1DAY講座」は今までにも時々告知がありましたが、スケジュールが合わなかったり、まる1日講座に臨むコンディション&自信がなかったり。
しかし今回は11月下旬、連休の初日、ということでいけるのでは!と思いきって申し込み。
晩秋というより初冬の1日、朝から晩までトナカイノニカイでタロット漬けになって参りました!

10時始まり、19時終わり、間にお昼休憩や10分休憩があって、トータル1時間お休み。
19ー10ー1=8時間
8時間でタロットカード大アルカナ&小アルカナの各カードについて学び、実際にカードでいくつかスプレッドを展開し、それを読むところまで。
途中、休憩時間に2階にあがってきた某T先生が「みんな、タフだねえ~!」とおっしゃってましたが、実際やってみるとそんなに「ハード!虎の穴特訓!詰め込み!!」って感じではなかったです。
もちろんところどころでふと、(長い時間受講してるなー)と思うことはあったし、それなりの疲れもあり、途中で糖分補充もしましたが、講義を聴いている最中は流れに乗ってすーっとゆくようなスムーズさがありました。
タロットカードのイラストを観ながら、番号順にストーリーを追ってゆき、色やシンボル、その位置などの読み解きを織り交ぜつつ・・・、という感じ。
さすがにスプレッド展開から読み、のあたりは脳味噌も疲れてきていたし、やはりすぐには読めないので、宿題というか今後の課題。
とりあえず自分は質問の立て方が下手だ!ということははっきりとわかりました。
占ってもらう立場の時も、質問の立て方下手なんですよね・・・、ここをしっかりしないとぼんやりした問いにはぼんやりした答えしか返ってこないんですね、ふふふ(苦笑)

個人的に、「『隠者』は『マツコの知らない世界』に出てくる案内人の立場の人」と思えたのが良かった。
あと、「『隠者』を経ないと『運命の輪(現世での成功)』にたどりつけない」というのは、東洋五行の「火」を経ると「土」への流れがスムーズ(天海玉紀先生の『五要素』でいうところの「いまを生きる」→「豊かなくらし」への流れ)というのに通じるものがあるのかなー?と思いました。

その他思ったことなど。
〇デイリーポータルの「日常をタロットカード風に表現する」見て以来、ソードの9を見ると「寝坊」、と思ってしまうのですが、まつい先生も「寝坊」カードとおっしゃっていた・・・。
占いグッズでこのソードの9の寝台のブランケットがあるよ、という話をされてましたが・・・、このブログ記事のサークルNo.02さんで扱ってらっしゃいますね!
バラ(?)の花柄の黄色と水色の市松模様のブランケット、かわいいがこれを使ったら寝過ごして、ほんとにカードと同じ状態であたま抱えそう・・・。

〇印象深かったのが、ネットTV「占いTV」でまつい先生が関わっている、占いを知らないお笑い芸人さんから占い師養成しよう!という企画の話。
映画がすごく好きでものすごくいっぱい観てる芸人さんがいて、その人はほかの芸人さんに比べて群を抜いてタロットの読みがものすごく上手!だそう。
なぜかというに、映画をいっぱい観ていることで、自分とは違う人生・自分とは違う思考回路のパターンを自分の中に取り込んでいるので、自分ではない、他人の考え方をたどることができる、ということらしいです。
(注・先生の話から自分なりの解釈をしているので、正確な再現はできておりません)
これってつらつら考えているテーマ、「占いと『物語』」に関係してくるんだろうなー、と。
このテーマについてはもうちょっとまとめて書きたいです。

〇まつい先生の事前アナウンス「長時間なのでクッションや飴など快適に過ごせる助けになるもの(を持ってくるとよい)」に従って、無印良品の低反発座布団を持ちこんだところ、ずっと座っててもお尻が痛くならなかったです!
しかし自分の快適さを追求するあまり、カード展開する時に下に敷くクロスのことをすっかり忘れてました。
開始前に他の受講者さんが「クロス引くから、席は離れてた方がいいですよね」というのを聞いて、はっ!そーゆーのいっさい考えてなかった!!と(←お前は何を学びに来たのか)。
あわててバッグ引っ掻き回したら、手ぬぐいがあったのでそれを敷きました。
いやー、手ぬぐい万能!

まつい先生、8時間ご一緒してくださった受講生のみなさま、ありがとうございました!

IMG_20181125_121742

後日、友人に練習台になってもらいました。
これは「彼女の来年がどんな感じか?」を占ったもの。
お金には困らなそう~。
プロフィール

あかつきと読みます。西洋占星術歴約7年、太陽乙女座、月双子座、天秤座に天体多め。算命学では玉堂星中心、戌亥天中殺。
占いの勉強や講座レポートなどを書いています。

ギャラリー
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート⑥
  • 2020年新年のご挨拶
  • ツイッターはじめました
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート⑤
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート④
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート②
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 無事終了しました
  • 11/30「占いクラスタおとなの自由研究会」各人の研究内容&タイトル 発表になりました~
  • 「占いクラスタ おとなの自由研究会」の発表内容が(ようやく)かたまりました