ほしよみ練習帳

永遠の初心者が占いについて思ったり考えたこと、講座受講のレポートなどをつづるおぼえがきノートです。 西洋占星術と算命学をかじっています。がじがじ。

講座レポート

2019年参加講座・イベントリスト

コンレポを書いて生きていく!」と意気込んだので、ひとまず、去年参加した講座・イベントをまとめてみました。
(鑑定・鑑定イベントは除いてあります)
レポートを書いてないものは、書いたらリンクしてゆく心づもり。


2019年に参加した講座・イベント

2/2 「タロットで年運を読む講座」(夏瀬杏子先生)

3/21「更年期という波に乗る~更年期講座」(白鳥ともみ先生・ヤスミン先生)

4/13「占いオフ会」(夏瀬杏子先生)

5/3「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」(天海玉紀先生)
レポート途中(イントロダクション


(番外編を書きたい)

9/1「十大主星講座~龍高星・玉堂星~」(夏瀬杏子先生)

9/14「ウラナイ8 お披露目会」(ウラナイ8)

10/5 「セルフマッサージ講座」(天海玉紀先生・白鳥ともみ先生)

10/6 「十二大従星講座 ~天貴・天恍・天南星~」(夏瀬杏子先生)

9/16、10/20、11/30「占いクラスタおとなの自由研究発表会」(星見当番さん・ウラナイ8)
レポート ~ 


2019年、こんなに講座受講してたのか!?
年運講座とか、更年期講座とか、もっとずっと前に思えます。
9,10月の受講ラッシュっぷりもハンパないな・・・、11月は「占いクラスタおとなの自由研究発表会」の他に、旅行も行ってたしなあ・・・。

「天体ドロップで見るSNS利用法(zoom講座)」レポート(2020/4/7)

前回に続き、みずまち☆ゆみこ先生のZoom講座を受講しました。
今回は4/7の「天体ドロップで見るSNS活用講座」

今回も面白かったです。
占いそのもの以前に、いまこんなにいろいろなSNSがあるんだー!ということを知れました(笑)
他の受講者(参加者)の方が「このサービスはこういう特徴がある」「○○は合わなかった!」等、詳しく教えてくれるので、それもまた面白い。

もちろん天体ドロップとしての占い視点も、視覚的に分かりやすくて興味深かったです。
3区分・4元素のどこに星が集中してて、どこに星がないのか、ひと目で分かる。
今回、みずまち先生が各SNSを言い表す1行キャッチコピーをつけてらしたのですが、それがまた特徴が分かりやすくてよかったです。

受講してみての感想は、「自分が使い勝手が良かったり、納得するSNSは、自分の天体と同じ星(または同じ区分・元素)を持っている」傾向が多いな、と。
(そのSNSの使いどころがいまいちピンとこないなー)と思ってるサービスは、天体ドロップ表を見ると自分の天体の星座欄は空だったり、自分にない要素がいっぱい!だったり。
仕事と趣味でのチェックポイントの違いなども教えて頂いて、昔使ってた&今使ってるSNSの答え合わせができたり、今後、あの趣味ではこのサービスを使って行こうかな、とか考えられて楽しかったです。
私は占い関係については、Twitterを続けていくのが良さそう。
noteも興味あるんですが、系統立てて文章を整理できないと聞いて、うーん、となってます(このへん太陽乙女っぽい?)。

講座時間が2時間から1時間半になり、集中力のない私でも集中して聴けてありがたかったです。
自分でも快適な環境づくりの努力を!と、視聴時のイスを変えたり、低反発クッションとか用意しました。
Zoom使うのもだいぶ回数を重ねたし、慣れてきたかな?と思ったら、Webカメラの選択手順を間違い、あまり映像参加ができませんでした。
いつになったらZoomに慣れるのか・・・。

IMG_20200313_095704


同じテーマで4/4にもZoom講座があって、そちらを受講したTAZNさんの受講レポート。

「天体ドロップで見るSNS活用講座」で自分に合ったSNSを探す

このレポートの中で、天体ドロップについて
ホロスコープ上の複雑な情報が、整理され使いやすくなります。
とズバッと端的に書いてらして、(そう、それを言いたかったー!!)ってなりました。
TAZNさんは太陽水瓶座だそうで、さすが風エレメントの表現力。

<追記・4/25>
みずまち先生が、受講者のレポートをnoteにまとめて下さいました。
趣味と仕事でのSNSの使い分けポイントなども書かれています。

「天体ドロップで知る値付け・集客zoom講座」レポート(2020/3/30)

3/30に行われた、ミズマチユミコ先生主催、zoomでのビデオ会議形式講座・「天体ドロップで知る値付け・集客zoom講座」に参加しました。
2020年初の受講講座が、在宅でのオンライン講座、というのに時代を感じますね・・・、水瓶土星!!

最初、参加したはいいのですが、画像は見えるけどミズマチ先生の声が聴こえなくて、(マイクテストはできてるのにー・泣)と、あれこれやっているうちに講座開始時間を過ぎてしまいました。
他の参加者の方々、お待たせしてしまい、申し訳ありませんでした。
ヘッドセットに問題が!?とイヤホンを替えたりしたのに、結局はボタンを押してなかっただけだった(ともみん先生の時と同じミス)という・・・。

初めてzoom講座に参加してみての感想など。

よいところ
・交通費がかからない、行き帰りの時間がかからない、家(または近いところ)から参加できる
場所や距離の制約を受けないというのはすごいなー。

・他の参加者の背後の音に、その人の生活を感じてちょっと面白い
受講者は基本ミュートなのですが、質問の時などマイクONにすると、近くにいるらしいご家族の声とか、猫の声とか聞こえたりして、その方の生活をちょっと想像してしまったり。
猫ちゃんは途中で飼い主さんに抱かれてるのがカメラ映像越しに見えて、(しっぽがぴこぴこしている・・・!)とたいそう萌えました・・・。

大変だったところ
・講座は面白かったが、2時間集中するのは結構大変だった
単純に同じ姿勢がつらい、というのがあります。
その他、人間、実際に対面すると言語外情報みたいなの(しぐさとか、表情のちょっとした変化とか)があるけど、Web講座では1つの小さな画面越しだけなので、それで集中力が続かないのかも?

画面内にwebカメラ越しの自分の顔が映るのですが、それはそれでまた別の緊張感がありました・・・。
(わー、こんな顔とか無意識のしぐさを、同席してる人に見られてる可能性があるのだな!)という(←実際には、みんな講師の先生に視線集中してると思いますが)
やっぱり2時間ぶっ続けで受講してるのはいろんな意味で大変ですね。
私はかなり冷え性なこともあり、終了後は、足先に血液が行かず冷え切っていました・・・。
50分~1時間くらいでいったん休憩を挟んで、柔軟体操やラジオ体操とかやったらリフレッシュになってよいのでは!

あと、大変というのではないですが、始まるまで意外とそわそわしてしまいました。
1時間くらい前から、どうしたらいいのかなー、みたいな感じで。
いつもは講座に向けて、出かける支度をしたり、家から駅に向かって、電車乗る、という過程を経て、「講座」に向かうエンジンをかけてるんだな、と思いました。


そして講座内容自体の感想。
ミズマチ先生の『天体ドロップ』がおひろめされて以来、興味があったのですが、なかなかタイミングが合わず。
そうこうしているうちに、「占いクラスタおとなの自由研究発表会」で天体ドロップ表のフォーマットをお借りするも、肝心のメソッドを受講していない、という事態になり、1回は受けなくちゃー、と口癖になっていたので、今回受講がかなってほんと良かった。

メソッドに興味があったので、特に事業や値付けの悩みがあったわけではないですが、講座を聴きながら自分のホロスコープを見ると、いろいろと思うところはありますね・・・。
私はとにかく、
・ブログを書け!!数を打て。
これに尽きると思いました。
・時事ネタは素早く。
ニュースやツイッターで盛り上がった話題に、(ああ、こういうネタがあるな・・・)と思っても、書きかけのものを順番に上げたり、書き始めるのが遅かったりして、ブログに上げたのは2、3ヶ月後、ということがざらにあります。
細かくまとまってなくても出すのが大事。
それこそこういうのは、ツイッターの方がいいのかなー。
・ミズマチ先生が講義の中で私の天秤座水星についてちょっと触れて下さいましたが、「おとなの自由研究発表会」レポート記事みたいに、「振り返って細かく書く」のは、オッケーみたいです。
(2020/4/1追記・これは私のケースで、天秤座水星さん全員に通じるものではありません。ご注意下さいませ!)
あとはとにかく出すのを早く!だなー。
イベント終了後から3ヶ月も経ってちゃいかんだろ・・・(反省)。
ということで、今回はがんばって早めにレポを出してみました。

あと、私は「商品」と「セール品」が離れているので、戦略が必要だな、というのと、「セール品」と「安心」が近いところにあるから、混同しないように気をつけないと・・・。

ミズマチ先生いわく、「みんな『●●●』を売りたがる」との話だったけど、そう言われて考えてみると、やはり私も売りたいものは「●●●」なのでした。

天体ドロップ表は、マスの中に〇で天体があらわされるのが、ほんとにドロップみたいで見た目にもかわいいです。
西洋占星術を勉強した人がビジュアルで判断できる、面白くて分かりやすいメソッドだと思う。
どんどんメジャーになってほしいです~。
IMG_20200321_131550

「十大主星講座~龍高星・玉堂星~」講座レポ(9/1)

もう9月になりましたね!早いものです。
今年がもう2/3終わってしまったなんて・・・、あっという間に『AKIRA』で東京オリンピック開催と設定されてた2020年が来てしまう・・・。
AKIRA(1) (KCデラックス)
大友 克洋
講談社
1984-09-14



夏瀬あんこ先生が4月から開催されていた十大主星の会。
4月から新しい職場で働き出し、いろいろいっぱいいっぱいで、講座に参加する余裕がありませんでした・・・。
貫索・石門は特に行きたかった・・・。
車騎・牽牛の会なんて2回も開催されたのに!
しえさんのお話聞いてみたかったー)
最後の1回だけになってしまったけど、自分自身玉堂星中心だし、ということで、9/1の「十大主星講座~龍高星・玉堂星~」に参加してきました。

CIMG2533


参加者が10人に増員され、みちみちの会議室。
龍高星中心の星読視ゆき先生がゲストでした。
新潟からいらした美海星蘭先生も。
さらに玉堂星中心の有元先生もいらして、ちょうど「タロットコラム本700万円」のやりとりをブログに書いたばかりだったので、妙に気恥ずかしかったです・・・(しかも席がおとなりだった)。

はじめに星読視ゆき先生がいまハマってる趣味のお話を熱く語って下さり、みんなで聞き入りました。
面白かったー!
この「面白い」は単純に話題として興味深い、というのももちろんありますし、「龍高星中心の人は興味を持つと、ほんとに調べまくって、ガンガン勢いよく行くんだな!」というのも実感できたし、私自身が玉堂星中心として、「その趣味の世界はそんな風になってるんだ・・・、そういう感じで、そういうことがホットトピックスで、やっぱどこ行っても派閥とかはあるんだね・・・」と、「知らない世界のことを知れるのが楽しい」という面白さでした。

玉堂星中心が私を含め3、4人いて、龍高星中心は星読視ゆき先生おひとりだったのですが、やっぱり龍高星はフットワーク軽くてうらやましいな!と。
東に龍高星を持つ方が「同じところに3年以上いたことがない」と高校卒業後の経歴をお話されていましたが、龍高星持ってたら派遣という働きかたはすごく合ってるんじゃないかなー!
今、派遣は1つの職場で3年以上勤務できなくなってしまったので、玉堂星中心の私としてはなかなか痛いところです・・・
(しかし、同じところに3年以上いると「ここを出たい・・・!」という気持ちがわき上がってきたりするのも事実。これは日干の壬のなせるわざか・・・?)

あんこ先生曰く、龍高星は適職候補をいっぱい挙げられるけど、玉堂星は現代ではなかなか難しい、と。
「伝統文化・芸能」みたいに求人があまりないとか、「学問(人文系)」のように、それこそ大学改革とかで「役に立たねえ!」って削減されちゃうような分野が玉堂星の得意とするところなんですよね。
まあそもそも「文化」というものが、食って生殖して寝るという人間の基本サイクルからは余計なものだからね!
文化や教養は余剰で、その余剰をどれだけ生活の上に乗せられるか、だと思うのですが、なかなか厳しい昨今でございます。
玉堂星はマジメにこつこつ、一カ所から動かないタイプ、ということで事務職とかも向いてないわけじゃないと思われますが、「昭和の時代の郵便局・役所・図書館・信用金庫」みたいな「異動しないで地味に淡々と」というイメージ。
やはり現代ではいろいろ厳しそうです・・・。

そして考え過ぎてしまう龍高・玉堂星。
これは身をもって実感しております・・・、考えても仕方ないことをぐるぐるぐるぐるいつまでも考え続けてしまう。
同じ悩みを何回も占ってもらい、占い師の先生に「まだ悩んでたの!?」と驚かれる(苦笑)
龍高・玉堂星組の気分転換という話になり、「縫い物の縫い目を1個ずつほどいていく」「ギョウザを大量に包む」「夜中にキャベツを大量に千切り」など、細かい作業に熱中することによって考えを遮断する、というような傾向が。
聞いていて、私は細かい作業系の気分転換は思い当たらないなあ、とよくよく考えたら、悩みや嫌な気持ちが頭を離れない時は「ドラマやアニメなどストーリーのある映像を見る」のでした。
強烈な「物語」で自分の現実の悩みを押し流す。
バラエティー番組だとダメなんですよね、笑いながらも悩みが思いだされちゃったりして。

その他、龍高・玉堂星関係ないけど印象深かったフレーズ
わたしたち戌亥天中殺のひとりと、子牛天中殺の人のひとりは違うから!
(戌亥天中殺のひとりはマジで孤独、らしい)

天将星を持っているというのは、自分の中に原発を持っているようなもの



龍高・玉堂星はどうしてもアウトプットが少なくなってしまう。
そこを強化しないとなー、というのが算命学を知ってからずっと課題なのだけど、やっぱりついつい貯めこんでしまいます。
とりあえず早めにレポを放出しないと!と頑張りました。

次からは十二大従星の講座だそうで、これもできる限り参加したいなー。

不調と『更年期講座』と人生の有限と。

アースダイバーツアーレポート、次回からスタート!と言いつつ、平日は仕事でわたわたし、週末はお芝居観に行って一緒に行った友人と楽しく飲んだり、都会に車で出かけて道を間違えてひー!となったり、大雨に降られたりしていたら、見事に体調を崩してしまいました・・・。
身体が冷えたのか、疲れて免疫力下がったのか、ウイルス性で胃や腸をやられたらしく、お腹の調子がよろしくなく。
1週間近くおとなしく過ごして養生して、ようやく今日あたり体調が戻ってきた感じです。
お腹の調子が悪いと、なんというか全体に力が入らないんですよね。
「丹田に力を入れる」ということができないというか、まさしく「ハラがすわってない」状態で、ふらふらふわふわしてしまいます・・・。
思えば5月は鬼門なのでした。忘れてた(毎年こんなことを言っている・・・)。

だいぶ前ですが、3月にヤスミン&ともみん先生の『更年期講座』に参加した時のレポート記事を、ともみん先生のブログで紹介して頂いたのでした!
ご紹介ありがとうございます~(そして夏瀬あんこ先生が知らせてくれたらしい・・・いつもお世話になってますー)。
うかうかしているうちに、ともみん先生は「白鳥ともみ」先生にメタモルフォーゼされておりました。

ともみん先生には「ご自分のカラダに寄り添い思いやりをもってカラダとお付き合いされている印象の暁さん」って書いていただきましたが(ありがたくも身に余るお言葉)、正直、理想と現実は乖離しております。
『更年期講座』を受講して(ほうほう、なるほど!)といろいろ納得したのに、いざ実践となると大切なことがあさってに。
水が多すぎる体質なのですが、相変わらずつい習慣で水分取っちゃって、(はっ、お腹がちゃぶちゃぶしてる・・・)とか思うとやはり胃が不調になったり。
冷やしちゃいけないって分かってるけど、めんどくさくてつい温める手間をさぼって、結果やっぱり冷えてしまって不調になったり。
そして不調になって慌てて行きつけの鍼灸院に駆け込む、の繰り返し・・・。
足腰しっかりさせなきゃいけないタイプなので、意識的に歩くようにはしてますが、まだはかばかしい結果は得られておりません。
それでもたんぱく質は意識的に取るようにしたり、間食は甘いものじゃなくておにぎり食べたっていいんだな!とか、ちょっとずつでも努力して変わってゆければと思います。

というかほんとに、そろそろ更年期近くなってくる年齢なので、変わってゆかなきゃです。
この不調期間に、闘病中だった同い年の友人の訃報が届きました。
人生は長いけど、時に短いのですね。
人生がいつまでなのか、いつ終わるのかはわからない。
やりたいこと、やってみたいことはやれる時に!
そして健康寿命はなるべく長く延ばしたい!
常々思ってはいるけど忘れがちだったり、難しい。

ともみん先生の『更年期講座』がまた開催されるそうなので、更年期や漢方・中医学などに興味ある方はオススメです!
ステキなお姉さまな、ともみん先生を拝見するだけでも元気出てきます。
ヤスミン先生の笑顔&顔のお手入れワークショップも参加してみたかった・・・。
ミズマチユミコ先生の『冥王星による世代の価値観の研究会』も面白そうー!日程の都合がつかず参加できないのが残念です。
算命学の講座もいろいろ発表されてるので、また参加したい、と言いつつ、週末(土日)は1日出かけると、もう1日は家で休まないとその後が持たなくなってきちゃって。
他の予定と占い講座との調整が難しいのが悩みです。
コピーロボットが3体くらい欲しいわ・・・。
・・・ということで次回こそアースダイバーツアーレポートを書きます。
プロフィール

あかつきと読みます。西洋占星術歴約7年、太陽乙女座、月双子座、天秤座に天体多め。算命学では玉堂星中心、戌亥天中殺。
占いの勉強や講座レポートなどを書いています。

ギャラリー
  • 作品と星~『マリーマリーマリー』
  • 占い資料の整理・片づけ
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その2(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • V6メンバーの太陽星座を3区分4元素表(芸能人バージョン)で見る
  • V6メンバーの太陽星座を3区分4元素表(芸能人バージョン)で見る
  • 香りと魔除け