ほしよみ練習帳

永遠の初心者が占いについて思ったり考えたこと、講座受講のレポートなどをつづるおぼえがきノートです。 西洋占星術と算命学をかじっています。がじがじ。

日記

占いトークとクリスチャンショップ

占いの勉強がきっかけでお知り合いになったTさんと、ランチ&お茶をご一緒して、占いトークしてきました!
西洋占星術の占い用語とかホロスコープとかの話をすることを、「星語」って表現してるのを見かけますが、算命学とか東洋系の占いはなんて言えばいいんだろう・・・。
「算命語」?
そもそも『算命』って「占い」そのものを意味するらしいので、「算命語」だとそのまま「占いトーク」になってしまうかしら(苦笑)
なんにせよ、占いから日常のあれこれまでお話しできて楽しかったです。
お付き合い下さったTさん、ありがとうございました!



四ツ谷でランチしたのですが、四谷ってなんだかキリスト教関係の施設が多いんですよね。
聖イグナチオ教会、上智大学もキリスト教系だし、建物に十字架がついてるしここは教会かな?と思ったら、修道院だったりして。
さらにクリスチャン専門用品店まであるという・・・。
お散歩ついでにそのあたりも探検してきました。

Tさんが以前、聖イグナチオ教会の結婚式に出席したことがある、という思い出話から、聖イグナチオ教会に行ってみることに。
なかなか広い敷地に、なかなか大きい建物。
おそるおそる中に入ると、静謐な広い空間が広がっていました。
自然光の入る窓のような天井、そこに施された花のような模様、中央の祭壇(?)を丸く囲む座席。
壁も波打ったような形になっていて、直線的にならないようにしてるのかな?
他にも何人か座っている人がいて、腰掛ける時に十字をきっている人も。
信仰の場なんだなあ、と思いました。

教会の脇に小さなお店のようなものがあったので行ってみたら、クリスチャン・ショップでした。
キリスト教関係の本や雑誌を中心に、十字架やマリア様の像、イコン、ロザリオ、メダイ、クリスマスの飾り等々・・・。
それぞれ装飾的だったり、はたまたシンプルで素朴だったりで魅力的!
陶器製の小さな「聖家族」の飾り物なんて、砂糖菓子みたいな淡い色とミニチュア感がたまらなかった・・・。
特にロザリオのパーツみたいなビーズ類やクロス、メダイがかわいかった&お値段手頃だったんですけど、信仰のない人間がいたずらに買うのも申し訳ない・・・、と思いとどまりました。
金属でできたバラの裏側がメダイになってるパーツ、ちょっとゴシックっぽさもあって格好良かったなー!
「アクセサリー」としてガラスケースに入っていた高級ラインのK18やシルバー製の十字架とかも、お値段高いだけあり、素敵でした・・・。

あと、「御花料」や結婚祝い、「ミサ代」等の祝儀・不祝儀袋を売ってるのも面白かったです。
「あっ!式があるのに袋忘れてきちゃった!!」って、やっぱりどこでもあるんですかね・・・。
聖書のエピソードをモチーフにした絵や、きれいな花とかが印刷してある小さいカードも売ってて、よく聞く教会の思い出話の「教会に行くときれいなカードがもらえて嬉しかった」の「きれいなカード」ってこれなんじゃ!?とひとり興奮したり。

四ツ谷の交差点の角には更に大きなクリスチャン・ショップ「サンパウロ」が。
こちらは1階が本屋なんですが、置いてあるジャンルも広く、専門書だけでなく、一般書でキリスト教にちょっと関係あるな、というような本も多かったです。
「フランスの女子高生が教科書として使う修道院のクック・ブック」みたいな本とかもありました。
あと、ひふみんこと加藤一二三さんの日めくりカレンダーがあって、(なんで?)と思ってたら、脇に「加藤一二三さんの愛読書は『聖書』!」というポップが・・・。
そういうことだったのかー。

サンパウロの入り口に「修道院製品のセレクトショップはここから徒歩2分!」というポスターが。
『修道院製品のセレクトショップ』!?
聞き慣れないフレーズだけど食品とかあるらしいぞ・・・、と指示に従い、路地を入っていったら・・・。
茶色い木材を主にしたインテリアの、セレクトショップ、というだけある素敵なお店でした!

サンパオリーノ
修道院で作られた製品を扱っていて、食品が中心。
ワインとかオリーブオイルとか焼き菓子とかいろいろあって、購買意欲が一気に上がりました(笑)
ワインやビールがあって、そういえばトラピストビールってあるね!と思いだしたり、ミサ用のワインって甘口なんだ、じゃあ私にも飲みやすいのでは・・・、と心が動いたり。
十字架やマリア様の像、ロザリオなんかは(きれいだけど好奇心で買っちゃ申し訳ない・・・)と思うのだけど、食べ物だったらむしろOK!有難く頂きます!という気持ちになる。
なんなんでしょうね、この心理は(苦笑)

IMG_20180512_122917

修道院製の焼き菓子というと北海道のトラピストクッキーが有名ですが、他にもいろいろ。
私はこのポルボロンを買いました。
シナモン以外にもプレーン、抹茶等。
大分県の安心院の聖母修道院で修道女のみなさまが手作りしてるそうです。
甘すぎなくて美味しかった。

「生きがい」&「寿命があと1ヶ月だったら何をする?」

ゴールデンウィークが終了しました。
連休後半は雨模様かも、という予報でしたが、終わってから振り返ると、東京は晴天続きでしたねー。
荒天だった5/3も、私の住んでいるあたりでは寝てる間に雨が過ぎたようで、朝になったら風もほとんどありませんでした。
その日に神奈川に住む友人Nさん宅に遊びに行く予定で、朝、Nさんから「風強いので、ムリしないでね・・・」とメールが来て、(なんで?)と頭を傾げたのですが、向こうに行ってみて納得。
N家の周辺の道路には、強風で折れた木の枝や吹き飛ばされた葉っぱが散乱してました。
つつじの花まで吹き飛ばされていた・・・。
夜から朝方まで台風のような強風が吹き荒れていたそうです。

Nさんは以前書いた「女子会と算命学」の一員。
Nさんは昨年体調不良で入院、病気が発覚して手術したのですが、手術後も再発する可能性が高いということで検査通院を続けていました。
年末に異常数値が出て再発の疑いがあり、かなり落ち込んでいたそう。
事と次第によっては命にかかわる病気なのでムリもないことですが、幸い、1月の精密検査での結果では異常なし。
よかったよかった、と言っていたら、4月になって「再発した」との連絡が・・・。
しかも今回は手術できない場所なので、5月中旬から薬を投与する治療を、と言われているけど、薬は副作用が強い。
・・・というような話を聞いたあとに「ゴールデンウィークに家に遊びにこないか」と誘われ、もう1人の女子会メンバーFさんと2人で訪問する予定だったのですが、前夜にFさんから電話がかかってきて、出たらものすごい鼻声&かすれ声で「ごめん~」と・・・。
仕事に育児に実家の用事に義実家の用事、と大車輪の結果、風邪に倒れたそうで、1人でN家へ赴くことになりました。

私が2人と知り合ったのは20代終わりの頃ですが、NさんとFさんは大学生からのつきあい。
そのうえ、お互いにお互いが大好きで、お互い(相手みたいになりたかったなあ・・・)と思っている、両片思いみたいな関係(笑)
私は2人とも好きですが、お互いに「Nちゃんかわいい」「Fちゃんはすごい」みたいなこと言ってるのを聞くと、(何かしらこのひとたち・・・)とちょっと冷めた立場で俯瞰してしまいがちにもなります(苦笑)

病気のこともあるし、今回のお招きはやはり喋って溜まった悩みを発散、が主目的かな?
深刻なようなら大好きなFさんがいた方がより述懐しやすいのでは?
・・・と、どきどきしながらN家に到着したのですが、Nさんの目的としては「2週間ほど前に飼い始めたペットの小型犬」のおひろめをしたかったみたいです。
まだしつけ教室に通っていないため、油断すると噛まれそうになるトイプードルの頭をおそるおそる撫で、旦那さんも交えてお昼ごはんをご馳走になって、楽しくよもやま話をして帰ってきました。
Nさんの気持ちも割に落ち着いているようで、良かった。

雑談中、急に「暁ちゃんの生きがいって何?」と訊かれました。
突然言われると・・・、本や漫画読むのは大好きだし、お芝居も楽しい。
でもお芝居は最近観に行く頻度が落ちた。集中して観劇って結構体力いるし。
コンサートやライブも行けば楽しいけど、ここのところごぶさただ(去年のV6コンサートツアーはチケットが取れませんでした・・・)。
今の興味のメイン、といえば占いの勉強(&このブログ)だけど、『生きがい』って胸張って言えるほどものすごくやりこんでるとは言えないし・・・(気をつけないと更新がすぐ途絶える)。
うーん、突然言われると「これ!」とは言えないねえ、と返したら、「私もこれというものがないんだよねー」と。
Nさんも本・漫画好きだし(N家のトイレには『百姓貴族』と『下山手ドレス』が並んでました)、ケーキ教室に通ったり、茶道を習ってみたり、いろいろやっているように見えるけど・・・。
前にも書きましたが、Nさんは中心星が車騎星、左右に牽牛星。
なんかこう、ばりばり!がんがん!って精力的にやれないと、「生きがい」って感じしない、ってことかな?



西村しのぶの神戸・元町“下山手ドレス”2nd (ニュータイプ100%コミックス)
西村 しのぶ
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-02-26



Nさんのお父さんは『百姓貴族』の親父殿(作者・荒川弘さんのお父上。人間離れした生命力と破天荒な言動はこのエッセイマンガの目玉のひとつ)とまではいかなくとも、けっこうなワイルドライフを送る人。
ものすごい大自然の中、というわけでもなくほどほどに自然のある郊外の住宅地住まいなんですが、自分で自分の家修理するのが当たり前、とか、家の敷地のとなり山(自分の土地ではない・・・)に夫婦して山菜植えて栽培をもくろむとか・・・。
そういう家で育ったNさんも、(お父さんに対していろいろ言いつつも)実はそういう生活が一番落ち着くようです。
「キイチゴのジャムを作りたくて、自分の家の庭に植えて、剪定するとよく実がつくって言うから、今年は剪定してみた!」とか楽しそうに話すので、「そういう生活をFacebookあたりに記録してみてはどうか?」と提案してみました。
別にネットに発表する必要はないんですが、どこかに記録としてまとまってた方が、読み返した時に充実感があるかなー、と。
メモして残しておかないと、人はすぐ忘れるしね・・・(←前記事でも書きましたが)。

その話題はそこで終わったのですが、帰り際に「薬投与治療の開始はいつから?」と聞いてみたら、「まだ薬投与を受けるか決めかねている」との答えが。
「『生きがい』がないと、(副作用の強い)薬投与をがんばろう、という気になれないんだよね・・・」と言われて、それはそうだな、と納得するとともに、だからさっきの唐突な「生きがいは?」の質問だったのか、と腑に落ちました。

家に帰ってから夫にその話題をしてみたところ、「生きがいには『自分が楽しい、自分のためにやる』という自分軸と、『誰かのために』という他人軸とがあるよね」という話になりました。
他人軸で一番分かりやすいのは「子ども」ですよね。
「この子が成人するまで死ねない」とか「花嫁姿を見るまでは・・・」とか「孫の顔を見るまでは」等々。
自分の遺伝子を残すことが至上命題な生物である人類にとって、一番自然かつ強力な動機付けです。
しかし私もNさんもこどもを持ちません。
夫「他人軸は『誰かのために』奉仕するとかで、いいとされることもあるけど、目的にされた本人からするとそれが重いこともあるんだよね。だから僕としては生きがいは自分軸で行きたいな」

その後、Nさんに「生きがい」は「すごく大きな1個のテーマ」じゃなくて、「1番目の趣味:6割、2番目の趣味:2割、仕事:1割、配偶者:1割」みたいに細かく配分してもいいんじゃないかな、というメールを送りました。
オリンピック選手みたいに「金メダルを目指して!:100%」とかは格好いいけど(それこそ車騎・牽牛星的?)、皆がみんなそんな感じで生きれるわけではないし、と。
ちょっとでもNさんの気持ちの支えになればいいのですが、どうかなー。



Nさんからの話題で「生きがい」以外に(ん?)と思ったのは「あと余命1ヶ月と言われたら何をする?」でした。
これもとっさにはなかなか出ないものです。
「と、とりあえず旅行かな・・・」と言ったものの、具体的にどこへ行くのか?海外か、国内か?
1か月しかなかったら、旅行に出るには慌ただしいような気もする。
体調とか体力の問題もあるし、と言いつつ、結局は自分の欲求を突き詰めては考えてない、ってことなんですよね。
先日書いた神谷樹先生の「欲しいものは欲しい!ってちゃんと言って下さいね!」というお言葉を思い出しました・・・。

そんなこんなで迎えたゴールデンウィーク明け、ハワイ島のキラウエア火山の噴火活動が活発化しているというニュース。
ハワイ島は自然豊かで雰囲気がいいと聞いて、行ってみたいなー、と思いつつ、いつでも行ける、いつか行こう、と思っていたんですが・・・。
「そのうちいつか」って言ってるけど、いつまでもあるわけじゃないんだ、と何回も痛感してるはずなんですが、ついつい繰り返してしまいます。
会いたい人、行きたいところ、やりたいこと、欲しいもの。
現実との折り合いもつけつつ、自分の欲望もちゃんと消化していきたい。



IMG_20180428_120341

連休前半は山の家で『百姓貴族』と『乙嫁語り』を読んでました。
この2作を続けて読むと気分はワイルドライフ!




新年度になりました

今年の冬はほんと寒くて長くてしんどかったな・・・、とか思っていたら、春は唐突。
急にあたたかくなり、え?え?とおろおろしてたら桜があっという間に開花して、あっという間に満開になり、東京では3月中にほぼ咲ききってしまいました。
新年度がわーっと始まり、ばたばた駆け抜けて、気付けば新年度ももう10日近くが過ぎている、という・・・。
いつものことながら、春はあわただしいものです。

あと、水星逆行時期ということもあるのか、わー!と慌てて仕事をしては、「いかん、間違えた!」とかやり直したり(だめじゃん)。
昔のできごとを思いだしては、(昔からこうなんだよな・・・)と落ち込んだり、(あのときああしておけば・・・、せめてその次のチャンスにああしておけば・・・)とか詮無い後悔に浸ったり。
もうすぐ仕事を辞めて今の職場から離れ、あてない無職状態になるという不安も一因なのでしょう。
いや、自分で決めたことなんですがね!

ブログもだいぶお休みしてしまいました。
頭の中では、土性講座以来、何かにつけて「土」を連想し、ついでに「金」と「水」のことも考えたり、儒教の本読んでみたり、『タロットの秘密』読んだり、シェイクスピアについての文章読んでは(「中国はなんでも5元素に分ける」って話だったけど、西洋は7つの要素かな・・・、12にも分けたりするな…)とかもやもや考えたりしてるのですが、いかんせん文章として吐き出せないまま貯まってます。
そろそろまたかたちにしていこう~。

面白かったです!特にトートタロットについて詳しいことが知れて良かったー。

春(分)なのに

今日は雪の春分の日でしたねえ・・・。
最高気温も10℃以下、みぞれ~雪降りしきる、という、真冬でもなかなかない気象条件の中、親戚の家の片づけに行って参りました。
現在無人の一軒家、冷える冷える。
ガスストーブや電気ヒーターが稼働したのが幸いでしたが、極暖ヒートテック上下&スキーウェアの上着&ウールニット帽&ネックウォーマー&山用靴下に靴下用カイロ、の重装備が、まったく「やりすぎではない」装備でした。
思えば2/4の立春の日も、この家の片づけをしていたのでした
立春と春分・・・、もうこれは今年のテーマだな!
(うすうすそんな気はしていた、というかそうしなきゃな、とも思っていたんですが)

2・3月に受けた講座や読んだ本や、占い関係のこともそうでないことも、いろいろと(ブログに書きたいなー)とか思って考えてたりしてたのですが、どれもなんかまとまらず。
ちょっと前に痛めて、治ったと思った腰の痛みがぶり返してきたり。
気圧の変化にともなってか、やたら眠くなったり軽い頭痛がしたり。
うーん、なんかすっきりしないわー、と思っていたのですが、このブログの過去記事をたどってみたら、だいたい毎年3月はそんな感じでした!
春はもやもやぐるぐるして、やたら眠くなるもんなんですね。
いつものこと、いつものこと(記録たいせつ!)。

今の仕事の勤務もあと1か月を切りました。
しかし3月末~4月初旬が一番忙しい職場なので、どたばた走り抜けて、ようやく落ち着いてきたー、と思ったら勤務終了、になりそう。
引き継ぎのための業務マニュアル作っとこう、と思いつつ、もう繁忙期に入ってしまった(双子月なので?マニュアル作るのは好きです。説明文章が多すぎてかえってわかりにくいのかも、という危惧はありますが)。



節目の日だし、とタロット占いをやってみました。
「仕事(退職&仕事探し)について、この先3ヶ月くらいの自分の状況」を、『マカロンタロットで学ぶタロット占い』に出ていたケルト十字スプレッドで。
教科書と首っ引きしつつ・・・。
IMG_20180321_205454
(3.23追記)
せっかくなのでこの時のカード読みを記録しておきます。
記録たいせつ!と気づいたばかりだし。

現状・ペンタクルのページ
もうすぐ退職&次の仕事探しに向けて、着々と準備を進めている。

現在の気持ち(目標、建前)・(逆)ソードの10
うすうす分かっていた結果(今の仕事を辞めよう、という気持ちのこと?)ではあったが、問題に向き合わなくてはいけない。

現在の気持ち(本心、ほんとのところ)・カップの8
今度こそ長く勤めよう、落ち着いた職場で淡々と毎日を繰り返し、契約の上限年数までいるのだ、と思っていたのに、自分の心をうまくコントロールすることができなかった、今の職場に落ち着くことができなかった、失意のうちに職場を去る。

キーカード(現在の気持ちのホンネと建前をつなぐ)・ソードの7
それらしいことをうまく言いつくろい、カドが立たない適当な退職理由を作り上げて今の職場を去ることにした。

過去・カップのエース
優しさにあふれた、アットホームで和気藹々とした職場

近未来・ワンドの5
みんなバラバラな感じで、争いも多い、落ち着かない
(今の職場環境は非常にいいんですが、そのうち異動で上司や直属の社員さんが変わる可能性もある、そうなったら雰囲気はがらっと変わって居心地もぜんぜん違ってくるのでは・・・、というのも退職を決めた1つの理由でした。近い将来、勤務室自体の場所移動や近隣の工事も決定してるので、「落ち着かない」はそれも指すのかも。
→3/27追記「将来」って職場の将来じゃなくて、私自身がこれから行くところの環境なんじゃないの!?と気づきました。
ということは、次の転職先がザワザワしてて、モメごとも多くて、「あー今思えば前の職場は良かった、仕事辞めなきゃ良かったー!」、って後悔することになるのかも!?これぞ天中殺!?・笑)

自分の本心・審判
今までとは変わらなきゃ!と強く思っている。
今までのやり方ではいずれ行き詰まる。

周囲からどう思われているか・カップの7
転々と転職を繰り返して、いったい何がしたいんだかよくわからない。
(私が)夢みたいなこと言ってるな、妄想家だな、現実味がないなあ、と思っている。
(「審判」で私が変わらなきゃ!変わるんだ!と言ってることに対してなんでしょうね・・・)

望むもの&恐れるもの・カップのナイト
新しいやり方で道がひらけるんじゃないかしら!?
計画中のやり方で得るものが、まさしく私を救う「ホワイトナイト」だと夢見ている。

最終結果・カップの5
失うものがあり、悲しむ
勉強は思ったような点が取れず落ち込む

・・・「変わらなきゃ!」「新しいことを身につけよう!」それで上手く行く、って思ってるけど、実際には実力不足で思うような結果にたどりつけず、落ち込む、ということですかね・・・。
正直、仕事を辞めて次の仕事を探す度に、こんなことを言ってる&考えてる気がします。
そりゃあ周囲も(あいつ妄想ばっかしとるな・・・)と思うわ。
カップのカードが多い気がしますが、これは「感情があふれてる」ってことなんでしょうか。
行動力になりそうなワンドが1つしか出てない、というあたりに勢いのなさが・・・。
しかし「最終結果」の5つのカップのうち、3つはこぼれてしまうけど、残るコップもある。
残ったものを大切にして、やっていくしかないのかなー。
計画を中止しても、あとあとまでずっと(あの時あれをやっていれば・・・)と悔やみそうなので(←この辺カップっぽい?)、過剰に期待しすぎず、淡々と実行してみます。
上手くいかなかったら、向いてなかったんだなー、と妄想を修正して、そこからまたやり直し、ということで。

自己流読みですが、(忘れてなければ)7月あたりに検証してみます。
どうなりますかー。

節分&立春

立春も過ぎ、いよいよ本格的に戌年(旧暦)です。
みなさま、あけましておめでとうございます!!(旧暦)
IMG_20180107_171533

1/22には首都圏でも大雪、1/31には皆既月食でみごとに赤いブラッデイムーン。
2/2にはまた雪、と、天候がめまぐるしく移り変わるなー、と思っていたらあっという間に立春が来てしまいました。

個人的には節分・立春は心身ともにばたばたした2日間で、そのせいなのか体力・気力のなさ故か、またもや帰宅したらぐったり、夕飯食べたら眠くなって寝てしまう。
ようやくブログを書く余裕がとれました。
ほんとは2/4当日に「立春大吉おめでとう」な記事をあげたかったのにー。



2月3日(節分)
近所の友人から電話が入り、2日夜に彼女のお姑さんが急逝したとのこと(入院してたとか、身体が弱いとか特になかったのに突然)。
人手が足りないので翌週平日のお通夜の受付をやってもらえないか?と頼まれる。
通夜の日は立春過ぎてるから戌亥天中殺期間に入るのだなあ、こういう「降ってきたお役目を引き受ける」ということが天中殺の一環なのかなあ、などと思いつつ、引き受ける。
ちなみに彼女の旦那さんは申酉天中殺。
別に天中殺だから不幸が起きる、とは考えないけれど、最後の最後で彼に衝撃を与えて酉年が去っていくのだなあ、とまたしみじみ。

3日はお芝居観に行く予定だったのでそのまま出かけ、同行者と落ち合ったら、
「今朝さー、年上の友人が亡くなったって電話があって、さっきまでいろいろやりとりしてたの・・・」
偶然とはいえ、あまりの一致にしばし呆然。
私も友人の家に不幸があって、と話したら「ここのところ毎日寒いからねー」と。
確かにすごく暑い時と寒い時に人は亡くなるもの。

お芝居自体は面白かったけど、出演者全員あまりに演技の熱が入りすぎていて、そのパワーのすさまじさに観劇後はぐったり・・・。
うまく緩急漬けて感情や集中力の「抜きどころ」を作るのも、うまい役者さんの特性だなー、と痛感する。


2月4日(立春)
いよいよ戌年、戌亥天中殺時期の開幕・・・!!
なのだけど、そんな感慨(?)にひたる間もなく、早いうちから出かけて「ゴミ屋敷」と化した親戚の家の片づけ。
ここ2年ほど両親が悩まされてる案件で、根本に天将星陰転(というか暴走?)問題があるのでは、と考察しているのだけど、ものごとが整理されて一段落つかないと、ブログのネタにもできず・・・。
はやく天将星ネタとしてブログに書きたい!とレイザーラモンRGさんの「あるある早く言いたい」みたいになっている。

両親と伯母、更に私の夫も来てくれる。
夫は私と同じく戌亥天中殺生まれなのだが、「台所の土間に衣服と割れた食器類の破片とがちがちに固まった有機物(元は生ゴミ)がミルフィーユ状態で30cm以上積み重なって土間が埋まってる」という貝塚状態の箇所を半日かけて黙々と分類・清掃してくれた。
これこそ「降ってきたお役目を引き受ける」ということだろうか、戌年初日から・・・、と思いつつ、感謝のあまりひたすら拝む。
5人がかりでがんばった甲斐あり、だいぶ片付いたが(土間も下のたたきが見えるように!)、いろいろな意味で先はまだまだ長い。
早くブログネタに消化できるところまで事態が落ち着きますように・・・。
ゴミ屋敷は人のエネルギーを吸い取るらしく、帰宅途中からぐったりしてきて、夜は疲れのあまり早々に寝てしまった。



そんなこんなで、3日の観劇疲れと4日の片づけ疲れがダブルで襲いきて、日・月と倒れていたのでした。
今年(新暦)こそ、書こうと思って溜まってるネタを・・・!と思ってたのですが、はや1ヶ月(新暦で)。
ムリをしても仕方ない、1個1個こつこつとやっていこうと思います。
今年(旧暦)もどうぞよろしくお願いいたします~。
IMG_20171118_180403

ちなみに3日の芝居の上演時間が長く(これも疲労の一因)、帰宅が深夜になったので豆まきができませんでした。
4日に伯母が「昨日の節分の残り」と太巻きの切ったのを持ってきてくれたので、太巻きだけは摂取。
プロフィール

あかつきと読みます。西洋占星術歴約7年、太陽乙女座、月双子座、天秤座に天体多め。算命学では玉堂星中心、戌亥天中殺。
占いの勉強や講座レポートなどを書いています。

ギャラリー
  • 作品と星~『マリーマリーマリー』
  • 占い資料の整理・片づけ
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その2(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • V6メンバーの太陽星座を3区分4元素表(芸能人バージョン)で見る
  • V6メンバーの太陽星座を3区分4元素表(芸能人バージョン)で見る
  • 香りと魔除け