ほしよみ練習帳

永遠の初心者が占いについて思ったり考えたこと、講座受講のレポートなどをつづるおぼえがきノートです。 西洋占星術と算命学をかじっています。がじがじ。

東洋思想(暦・陰陽五行・十二支・漢方など)

東洋占い夏祭りDAY 第一部「陰陽の不思議な世界」レポ(2019/8/12 新宿)

11/30(土)「占いクラスタおとなの自由研究会」で発表します!
ぜひ観覧に来て下さいませ。
観覧募集詳細はこちら→ 星見当番さんのブログ記事へ。


IMG_20190813_132336

もう1ヶ月以上前になってしまいましたが、8月12日に開催された「東洋占術夏祭りDAY」イベント(第1部)に参加した記録です。
このイベントが告知された時、第2部の「東洋占術で自己表現ワークショップ」にすごーく参加したかったんですけど、12日の夕方から東京を離れ、旅行に行く予定だったのです。
出発に間に合うかわからない…、予定をつめこみすぎると疲れちゃうし、ムリはしないことにしよう、と思っているうちに第2部は満員、しめきりに。
ああ、残念・・・、1部も3部も気になるけど、ムリはしない、ムリは・・・、と思いながら未練たらたらでいたら、8月8日に「ウラナイ8」の発表が。
8/12はウラナイ8の実質的第一弾イベント、ということで、これは時間的に間に合いそうな1部だけでも受講するか!と(またも)開催ぎりぎりに申し込みました。

唐突ですが、私はけっこう待ち合わせ時間やイベント・講座開始時間にぎりぎり到着になってしまいがちです。
ぎりぎりになっても悠然としていられるタイプかというと、これがそうではなく、待たせたことや遅刻したことを悔やみ、ぐじぐじしてあとあとまで引きずってしまう。
じゃあ余裕をもって15分なり1時間なり前に到着するように心がけていればいいのに、目的地までの所要時間を計算するときは「最短時間」で算出してしまう(苦笑)
かくて時間はいつもぎりぎり、中野トナカイ時代は中野駅からブロードウェイまでのアーケードを疾走したこと数知れず、ウラナイトナカイの時はJR阿佐ヶ谷駅から歩いてたら間に合わん!と荻窪から丸の内線に乗り換えて南阿佐ヶ谷駅に向かうこと数知れず。
しかし今回は開始時間を30分早く勘違いしており、約30分早く新宿についてしまいました。
おお!余裕~、といったん会場のビルを下見した時点で20分前。
まだ早いか・・・、ビルの前で待ってるのも暑いし、と近くのモスバーガーでお茶などしてたらあっと言う間に時間がすぎてしまい、エレベーターで乗り合わせた方と会場のドアを開けたらすでにみなさま勢ぞろい。
ラスト2人が同時到着だったみたいです。お待たせしました・・・。

そして一番後ろの席にウラナイ8のメンバーがずらりと並んでいたらしく、玉紀先生は「圧がすごい!」と何回も言ってましたが、うっかりその前の列に座ってしまった私はウカツに振り向けず。
翡翠輝子先生のチャイナブラウス姿がきりっとして格好よかったことが印象に残っております。

前置きが長くなりましたが、天海玉紀先生「陰陽の不思議な世界」
終了後に夏瀬あんこ先生が「玉紀先生すごいよねー!よく陰陽だけで1時間半も話せると思う!」と感嘆してらっしゃいましたが、たしかにこれにつきると思う。
「陰陽」は東洋の基本で、すごーくシンプルなんですよね。
シンプルなんだけど奥深い。
単純なように見えて奥行きというかバリエーションが無限。
なのでそんなテーマをおもしろく、情報&エンターテイメントも交えて語れる玉紀先生はほんとにすごいなあ・・・。

「♪アタマばっかりでもカラダばっかりでもダメよね」というCMソング、なつかしい。
ほんとこの通り、なんですが、私はばっちり「アタマばっかりがちがち」タイプです。うう・・・。
個人的には「中庸」という言葉を思い出しました。
高校の倫理のテキストで初めて「中庸」という言葉とその概念を知り、そういう生き方をしたいものだ!と強く強く思ったものです。
しかしそれはとても難しいことだ・・・、とあれから30年近くたってしみじみ思う。

そして玉紀先生は白いシャツに黒いパンツルック、今日はシックな装いをされてるなー、と思っていたら、「今日は陰陽です!」とおっしゃって、あああー!白と黒!!となりました(笑)
「このままだと陽(上半身白)陰(下半身黒)だから、ほんとは逆立ちするといい」とも(笑)

残念ながら1部のみの参加でしたが、2部のワークショップも3部の甘夏先生の自由研究発表もすごく面白かったようで、レポやツイッターを見ては地団駄踏みました(笑)
しかしこの会に参加したことで、会場で会った知人に誘われ9/14のウラナイ8御披露目会に参加することを決めたり、おとなの自由研究発表会に参加するきっかけができたので、大変意義がありました。
やはり行動することでご縁はできてゆくのですね!

「亀の仲人布団」のはなしはまた別にー。

「更年期という波に乗る」~更年期講座(2019.3.21 新宿)

平成最後の春分の日、新宿某所で開催された「更年期という波に乗る」講座を受講してきました。
講師はともみんこと望月ともみ先生ヤスミン先生コンビ。
去年の6月にウラナイトナカイで開催された「磨こうBODY&SOUL」イベントの講師だったお二人です。
去年のイベントで参加したのはともみん先生のダイエット講座&体質診断会だけだったので、ヤスミン先生の講座ははじめて。

今回のテーマは更年期。
私はまだそれらしき症状は出ていないんですが、年齢的にもうちょっとしたらやってくるだろう・・・というところ。
もともと婦人科系が弱く、冷え性で運動苦手、体力もない。
「血の流れが滞ってる」体質だな、と自覚しつつも体質改善が進まないまま、更年期に突入したらどうなっちゃうんだろう、と不安があったので、この企画のお知らせがあった時さっそく申し込みました。

参加者は30代から更年期の最中、という方まで幅広かったようですが、10人の受講者みんな熱心に聴いたり質問されてたりして、充実してました。
講師のお二人も魅力的!
ジャージーと革、異素材コンビの黒のミニワンピにウエービーヘアが格好いいお姉さま!って感じのともみん先生と、小花柄のワンピースに黒いカーディガン、甘すぎないキュートスタイルにショートヘアが爽やかおっとりお姉さんイメージのヤスミン先生。
第一部はともみん先生が中医学の観点から「更年期」の説明、そして体質チェック、各体質の更年期(出やすい)症状、その対応策など。
第二部はエステ・セラピストであるヤスミン先生が、経験に基づく肉体についてのお話と、効果的なセルフケア。
お二人とも経験から繰り出されてくるお話が面白い&説得力あって、2時間半もあっという間でした・・・!
お二人の語り口がさばさばして明るいので、聞いてて前向きな気持ちになれたのが嬉しかったです。

最後のシェアタイム(更年期について自分の経験・思いなどをみんなで喋る)にもお話させて頂いたのですが、私は20代の時にいわゆる更年期症状の「ホットフラッシュ」を疑似体験したことがあるのです。
当時婦人科にかかっていたのですが、子宮筋腫が異常なスピードで大きくなってしまい、「生理を薬で止めて、筋腫の生長が止まるかどうかやってみましょう」ということに。
ホルモン剤を鼻から吸うタイプのお薬で、半年ほど生理が来なくなりました。
最初は「生理痛がないって楽~」「わー、タイミングを気にせず白い夏のパンツがはける!」とか思ってたんですけど(←のんき)、そのうち、気温は暑くないのに急にぽーっと顔がほてる、ということが何回か。
(なんだろう?)と思っていたところ、法事で親戚が集まり、食事の時にたまたま私の周りに、母、伯母、母の従妹、と年上の女性(40代後半~60代くらい)ばかりという状況に。
更年期の話題になり、母の従妹が更年期症状の最中だ、と「暑くないのに、顔が中だけぽーっとほてって熱くって・・・」という話をしてて、(これか!!これが更年期症状っていうやつなのか!)と思い当たったのでした。
その後、薬の甲斐はなく筋腫は大きいままだったので結局開腹手術をし、体質はさして改善しないまま・・・、という状況で、「更年期」というものに漠然と恐れをいだいていたのです。

でもこの講座を受講して、やれる(対応できる、予防できる)ことはいっぱいあるし、やらなきゃいけないこともあるのだな、と思いました。
今回は「何が起こるのか」「その対応策」が分かりましたが、今後実際に更年期の症状が出てきた時には気持ちのゆらぎも当然あることでしょう(というか私のことなのできっと荒れる・・・)。
講師の先生方のように、自分の変化を受容して面白がれるところまで行けたら格好いいけど、少しでもそういう風に感じられるといいなー。
そしてセルフケアももちろんなんですが、いろいろ聞いてるとプロの技も受けたくなります・・・。
今度はヤスミン先生のフェイシャル受けてみたいな・・・、ともみん先生の鍼灸にも伺いたいものだ・・・。

IMG_20190321_123301
ヤスミン先生が連れてきた「おはぎちゃん」。
セルフケアの場所を教えてくれました。
『らんま2分の1』の骨格標本「コーちゃん」を思いだした・・・。

立春・春節・己亥・高いところ

4日は立春でした。
BlogPaint

己亥年ー!イノシシー!!
私の戌亥天中殺は継続中ですが、戌より亥の方がなんか開放感がある気がするのです(気のせいかもしれない)。

前記事でも書きましたが、1月下旬から身の回りが定まらず、用事が細切れに入って気持ちがせわしなくて落ち着かない、かと思えば一気にドタキャンでやることなくなって呆然としたり。
そんな中、あんこ先生のブログにあった「年の切り替わりの過ごし方」おみくじをやってみたところ、「高いところにツキあり」という結果が。
2/2のタロット講座の帰り、(せっかくだから高いところ上って帰るか・・・)と丸井の屋上へ向かったのですが。
屋上に上がってみたら、塀が高くて周囲が見えないようになってる!
丸井自体が9階くらいであまり高くないので、周りのビルから覗きこまれないように、という配慮なのかもしれません。
屋上自体は庭園になってて、空と緑が楽しめるようになってるのですが、今体感したいのはこれじゃないんだ・・・。
下を見下ろして、「わー、人も車もちっちゃいー」とか言いたいんだ・・・。
もう夕方で陽も落ちてきたし、土曜日の夕方の新宿は街にも地下通路にも駅にも人がいっぱいなので、あえなく撤退。

5日は旧正月ってことで、リベンジ、と再度新宿へ。
しかし見事な曇天・・・。
いい天気で暑いくらいだった4日に行っときゃよかった。
IMG_20190205_112916
IMG_20190205_112940

タカシマヤの屋上庭園。
こちらも庭園ですが、下は見下ろせます。
人も車も小さく見えて満足まんぞく。

IMG_20190205_112048

屋上にあった小さなお社に、すずめがいっぱい止まっててかわいかった・・・!
冬の雀は羽根をふくらませてまるまると、まさしくふくら雀。
IMG_20190205_112221

お尻向けてるのもキュート。
このお社には「熊鷹社」という名前が。
聞き慣れないなあ、と思いましたが、帰宅してから調べると、京都伏見稲荷に「熊鷹社」という末社があるそう。
商売繁盛のお稲荷さん、ということで勧請されたのでしょうか。
熊に鷹、となんだか勇ましい名前で商売っぽくないけれど、何か音が転じて後で当て字された、とかなのかな・・・。

その後新宿でランチして、心機一転!よーし切り替えてがんばるぞー、と思ったのですが、帰宅したらまたぐだぐだ過ごしてしまいました。
そして次の日である今日、歯医者予約してあったので玄関出ようとしたところでその歯医者から電話が入り、事情で本日の施術ができません!キャンセルにさせて下さい、と・・・。
数日後に予約取り直して、でも出かけるモードだったので気持ちの治まりがつかず、近々やらなきゃ、と思っていた用事を片づけよう、とわざわざwebで予約を取ってその場所へ出向きました。
さっき予約したばかりなのですが、と言いながら予約確定メールを見せたら、今日じゃなくて明日の日付で予約を取ってたことが判明・・・。
出直します、と引き下がってきました・・・。

相変わらずうまく波に乗れてない感じですが、イノシシに振り落とされないようがんばってしがみつく所存です。

帰ってきたソーラーリターン

またもやご無沙汰しております!
乙女座集会の日は「夏の暑さが戻ってきた!」ってくらいの夏日だったのですが、その後急激に秋の気候になりましたね。
過ごしやすくなってよかったー、はずが、涼しくなったのでこの夏の疲れがどっと出てきたのか、いろいろ不調に。

とりわけ胃の調子がおかしくなってしまい、食事のあとで胃がもたれる・むかつき・えずきでつらい、という胃腸薬のCMみたいな症状が。
かといって胃薬飲んでみてもよくならない。
もともと私は胃がちょっとウィークポイントで、10代のころから、つらかったり怖かったり寒すぎたり慣れないことにチャレンジすると急性胃炎を起こしてきました。
夏前に受講した望月ともみ先生「オリエンタルメソッド・体質別ダイエット講座」で判断された私の体質は、「ぽっこりお腹」&「ぷよぷよ冷え」。
ぽっこりお腹はエネルギー不足で消化能力が悪く、それがまた不調を引き起こしてゆく傾向があります。
こりゃいかん!と、馴染みの鍼灸院へ。
「あー、これは胃の調子がおかしくなってるねー」と言われました。やっぱり・・・。
鍼灸の先生いわく、私の場合は水の飲み過ぎで胃液が薄まってしまい、食べ物を消化できにくくなっていた、とのこと。
お茶好き・冷え性なので暖かい飲み物で温めようとする・喉が渇くのが不安で、ついつい何かしら飲んじゃうのですが、全体的に私には多すぎるようです。
そういえば、ダイエット講座の後の個別体質診断でも望月先生に、(ぷよぷよ冷え体質なので)「水分摂取量が多すぎるのでは」と指摘されていたー!
いろんなことがつながる一方で、やっぱり事態が具体的にならないと動かない自分を反省。
乙女座集会のマルセイユタロットで占って頂いた時、『吊られた男』が出て「体調に気をつけて」とアドバイスされ、(これは胃が不調になるってことなんじゃないだろうか・・・)とうすうす分かっていたのに、鍼灸院の予約をしたのは胃の不調が激しくなってから。
鍼灸院の空き時間と私の予定がなかなか合わず、1週間以上も不調のまま過ごすはめに。
痛い目みてからでないと、人は学びませんね・・・。

そんなこんなやってる間に、今年のソーラーリターンも過ぎてゆきました・・・。
今記事のタイトル、「帰ってきたソーラーリターン」が言葉としておかしいのはわざとです。
『帰ってきたウルトラマン』とか『帰ってきたドラえもん』みたいなの、いっぺんやってみたかったのです!
更に関係ないけど、「ソーラーリターン」と「セーラームーン」って語感が似てますよね・・・
(TVアニメ・セーラームーンのシリーズ2作目は『セーラームーンR』というタイトルなので余計ややこしい。正式発音はアールだそうですが、私は「リターン」と読むのだと思ってました)。

通っている講座もようやく終わろうとしているのですが、2カ月目の途中から、(あれ?勉強がわかんなくなってきたよ??)ということになったり(苦笑)、学校側からとにかく就活しろー、就職しろー、という圧がすごかったり(就職のための講座なのである意味正しいのですが)、でもそんなこんなでいろいろお疲れで精神的にもいっぱいいっぱいだったり、そんな中(講座勉強中は自粛しようと思っていたのに)占い関係の講座行ってしまい、すごく面白かったけど内容が濃くてすぐにはレポート書けないよー、といううちにどんどん日はたち、これはお蔵入りかな・・・、とか。
このあたり、ブログのネタになりそうなこともいくつかあるのですが、まとめる気力と時間が・・・。
とりあえず講座が終了したら時間ができるので(そのぶん就活しなきゃですが!)、順次書いてゆきたいですー。


IMG_20180923_135609

就職活動についてタロットで占ってみました。
左から過去、現在、未来、下がアドバイス。
今はやる気(ソードのエース)になってるみたいだけど、未来に出た「力」の逆位置は「ライオンみたいな人がいる職場」(マカロンタロット解説書より)!?
女性中心や女社長の職場(ワンドのクイーン)がいいよ、ということかな?

ダイエット講座&体質鑑定会 個人的記録

こちらは6/17「ダイエット講座&体質鑑定会」の個人的記録。
覚え書きも兼ねてアップしておきます。

前記事にも書きましたが、今回ダイエット講座に参加した直接の理由は「お腹が出て、洋服のシルエットが美しくない!」から。
子どものころからお腹がぽっこり出たキューピー体型だったのですが、思春期過ぎて大人になっても解決しないまま、今に至り・・・。
外に見えるところ(手首、鎖骨周り等)は細いのですが、「脱ぐとすごい」。
体重もじわじわ増加し、ウエストがきつくて着られなくなった服も増えてきて、もったいない!
更に、ここ3年ほどで同年代の友人・親族が命に関わる病気にかかる事態が勃発、健康は何より大切だ!
「未病」の時点で健康状態を持ち直すようにしないと、発病してしまってからは、精神的にも肉体の負担もお金も大変。
・・・ということで講座&鑑定会に臨んだのでした。

望月先生のブログなど読んで、「水が多すぎて冷えてるタイプかな?」と予測していましたが、やはりそうでした。
とにかく身体を冷やさない。
食べ物も身体を温めるものを。
水分が多すぎるので排出することも大切だけど、水を出す食べ物は身体を冷やすものも多いので、そのへん気をつけて。
そして「エネルギー不足」要素もあるみたいです。
いわゆる「気虚」ですね。

そして体質鑑定会ではダイエットに限らず、ふだん気になってる身体の不調をあれこれと。
・10代から冷え性
・婦人科系も弱く、20~30代は卵巣のう腫、子宮筋腫の手術
・雨の前とかに目の周り~後頭部に頭痛が起きやすい
・ここ3年くらい、胃腸が弱ってきたのでは?

・・・みたいな「病歴&自分の身体の特徴&自覚してる不調」を脈絡なく訴えてしまいましたが、どの質問にもてきぱきさわやかに答えて下さってほっとしました。
望月先生の明るいオーラに対面して、アドバイスを受けていると、こちらも明るく前向きな気分になって、「よし!がんばろう!」という気持ちになれます。
鑑定会だと脈をとる脈診や、舌を見る舌診もあって、より細かい身体の調子を確認してもらえるのも安心。

日常の食事内容については「朝食にたんぱく質が少ない」というご指摘が。
炭水化物だけでなく、野菜はなんとか取ろうと心がけていたんですが、確かにたんぱく質はあまり考えに入れていなかった。
ご飯だったら納豆、パンだったらゆでたまごとかソーセージとかを意識的に加えるようにします。

胃腸の不調対策とかもいろいろ教えて頂きましたが、そもそも私は「腎」が弱いみたいです。
「腎虚」になってる場合じゃないよ!
というか、弱いから「虚」になっちゃうのだろうけど。
とにかく「冷やさない」と「たんぱく質摂取」を心がけること。

中医学も「五行」の図を基にして説明があるのですが、算命学の五行の考え方とはちょっと違ったりするんですね。
算命学基礎講座の時に、「自分に足りない要素を取り入れる、という健康法がある」という話があったんですが、その考え方だと、普段漢方とかで言われる要素とは別のものが私には必要、になってたのを思い出しました。
そこらへんの違いも面白かったです。

食事については「3回と言わず回数を増やしてもいい」と言われて、目からウロコが落ちた気持ちに。
「エネルギー不足」に関係してるのだと思いますが、私は1回の食事であまり量が食べられず、すぐお腹いっぱいになってしまう。
でもまたすぐお腹が空いて、そこをお菓子とか間食で埋めるようなことになりがちだったんですけど、「少ない量で4回とか5回とか食べればいいのか!」と。

それで気がついたんですが、そうやって10時とか15時とか食間にお腹が空いたときや、外出中「疲れた、お茶しよう」って時に、ついつい甘いものを食べていました。
「これは食事じゃないから間食、おやつとして甘いもの」や「ティータイムだからお茶とケーキ」というような考えで。
でも、ひとくちふたくち食べるとなんかもう甘いものがイヤになってしまって、残したり、ムリヤリ食べきって(ああ、甘いもの食べちゃった・・・)と落ち込んだりしてたのですが、あれはたんぱく質を取るべきだったんだな!
食べたいものじゃないから、食が進まなかったのかー、と納得。
(甘いものが食べたい!ケーキ食べたい~、とお茶した時は美味しく頂けます)

しかし食間に適度な量のたんぱく質を摂取するのはけっこう難しいです。
喫茶店とかだと食べるものはスイーツしかない、ということも多い。
食事メニューがあっても、こんどは炭水化物中心になっちゃうんですよね・・・。
量自体をたくさん食べられるわけではないので、ランチ食べた後の間食にスパゲティとかサンドイッチ1食分は多すぎる。
家でならサラダチキンとか豆腐とか納豆とか、たんぱく質を単体で食べることができますが、外食では難しいかな。
しかし持ち歩きやすいのは甘い焼き菓子・塩と油の多いスナック、と炭水化物が中心だ。
ドライフルーツやナッツも好きですが、小腹を満たすにはボリュームが足りない。

うーん、と悩んでいたら、先日箱買いした「塩ゆで黒豆」パックが目につきました(豆好きの夫のおつまみ用に、と生協で頼んだ)。
IMG_20180620_090903

・・・こ、これでは!?
そんなに味は濃くないし、「ゆで」なので炒り豆よりは柔らかくてそのままぽりぽり食べられる。
甘くしたければ黒糖とかと一緒に食べてもいいかも。
「携帯できる肉」ならぬ「携帯できるたんぱく質」・・・。
しばらく黒豆を持ち歩いてみます(笑)
あとは小さいおにぎりでも作るか。

そして運動!
時々やってるラジオ体操や週1回のピラティスヨガは、体質に向いてる、とのことでひと安心。
歩いたり、自転車乗ったり、スクワットを定期的に習慣づけるようにして、運動量を増やそう。
あと、姿勢良く!猫背にならない!
0時前には寝る、も大切(寒い冬はどうかすると21時前に寝てしまったりするのだけど、夏場はついつい夜更かしに・・・)。
1年後には、ウエストきつくなってしまったスーツをまた着れるようになりたいな!というのを目標にします。
「腎」&「肝」の強化は人生通してのテーマ、ということで。

(2018.6.21追記)
天海玉紀先生のブログ(「悦楽♪メタモルフォーゼ」)と、望月先生のブログ(「KENKOULABBLOG」)で、この記事と1つ前のイベントレポート記事を取り上げて頂きました。ありがとうございます!
私のぷよぷよ水体質の大元にはエネルギー不足があるとのこと(「脱いだらすごい」もんなあ)・・・。
持ち歩き間食の豆類・おにぎりは私に向いてるそうです。
あとは干し芋がおススメとのこと・・・、たしかに、「持ち歩ける芋」だ!!


プロフィール

あかつきと読みます。西洋占星術歴約7年、太陽乙女座、月双子座、天秤座に天体多め。算命学では玉堂星中心、戌亥天中殺。
占いの勉強や講座レポートなどを書いています。

ギャラリー
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート⑥
  • 2020年新年のご挨拶
  • ツイッターはじめました
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート⑤
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート④
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート②
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 無事終了しました
  • 11/30「占いクラスタおとなの自由研究会」各人の研究内容&タイトル 発表になりました~
  • 「占いクラスタ おとなの自由研究会」の発表内容が(ようやく)かたまりました