ほしよみ練習帳

永遠の初心者が占いについて思ったり考えたこと、講座受講のレポートなどをつづるおぼえがきノートです。 西洋占星術と算命学をかじっています。がじがじ。

マンガ

作品と星~『マリーマリーマリー』

作品と星、今回はマンガ、勝田文さんの『マリーマリーマリー』です。

鍼灸師のリタはある日、ブルースギタリストの森田に出会ったとたん求婚される。
風来坊で変わり者の一方、自分の身体の声を聴き、すこやかに生きている感のある森田に惹かれていくリタ。
衝動買いした車・ローバーミニで森田とドライブに出かけるが・・・?
IMG_20200523_113611
「ケッコン・コメディ」というだけあって、1話でいきなり結婚してしまう2人(ネタバラシ)。
その後もなんだかんだラブラブで、時々「勝手にやっとれ!」って気分にもなってしまうけど(苦笑)、出てくるキャラがみんな変わり者だけど愛らしくて、読んでいてほっこりできるお話です。

主人公・リタの名前はビートルズの名曲から取られており、森田はミュージシャン。
洋楽や音楽がテーマになることも多いです。
もう1個の特色が車。
リタの愛車はローバーミニですが、作中には他にもクラシックでいい感じの車がたくさん出てきます。

そういうところから見ると、この作品は射手座っぽいかなー、と。
海外の文化に憧れて、それを取り入れるみたいな。

一方で、リタの職業は鍼灸師で東洋医学の話が出てきたり、普段着が和服のゲストキャラが出てきたりします(柄合わせが可愛い!)。
「夫婦」という単位の話、お互いの家族のエピソードなんかも多いので、そこは蟹座っぽいかな。

6巻で完結済みなので、気になった方はぜひご一読を~。

作品と星~『凪のお暇』

このブログを始めた動機の1つは、マンガや小説なんかを、占い的に分析できたらいいなー、とことでした。
すっかりごぶさたしてしまっていたけど、久々に、マンガ読んだらこれは○○座っぽい・・・。と思う作品があったので。

凪のお暇 1 (A.L.C. DX)
コナリミサト
秋田書店
2017-06-16


大人気でドラマ化もされたコナリミサトさんの『凪のお暇』です。
さらさらストレートヘアに女子アナ的ファッション、ゆるふわ癒し系OL・・・、と思いきや、周囲の空気を読むことばかりに腐心して、ある日限界点が来て過呼吸を起こしてしまったヒロイン・凪。
仕事を辞め、三軒茶屋の部屋も解約して、立川の安アパートに引っ越し、自分本来の天然パーマヘアも取り戻し、貧乏節約生活を送る。
隣りの部屋の自由人・ゴンさんといい感じになるが、モラハラ男子の元カレ・慎二も追っかけてきて・・・?

ゴンさんがとにかく「魚座だー!!」と思いました。
魚座のダークサイドの方。
人当たりが良くて、受け入れる器が広くて、老若男女問わずその魅力にやられちゃう。
でも目の前にいない人には不誠実で、彼に惹かれた人はどんどん彼に依存するようになり、彼の不在が耐えられなくなって、作中の言葉を借りれば「あなたは私にとって害悪なドラッグだ」とゴンの元を去ってゆく。
このあたり、非常に魚座のダークサイドっぽい、と・・・。

いっぽう、元カレ・慎二は双子座っぽい。
営業部のエースで、それこそ空気を読むのが上手く、どんな人のふところにも入り込める。
反面、凪に対しては素直になれず(つきあってるのに)、凪視点で描かれるモラハラ的な仕打ちは、慎二視点で語られると、素直になれない「好きな子をいじめる」小学生男子のそれだったりする。

慎二に限らず、同じエピソードを違う人の視点からそれぞれ描く、という手法が取られることが多くて、コナリミサト先生自体に双子座の要素があるのかなー、と思います。

ヒロイン・凪はというと、頑張り屋でとにかく真面目。
「お暇」前は天然パーマヘアをストレートアイロンで毎朝まっすぐに伸ばしてる。
「お暇」後は、今まで自分が男性に頼って自立できなかったことに気づき、どうにか自立しようと模索したりしていて、努力家です。
まじめで責任抱え込んじゃうところは乙女座かなー、でも急に生活を変えちゃう勢いは射手座的でもあるような。
西洋占星術じゃないけど、算命学の車騎星っぽい印象。

あと、性的描写がちゃんと(?)入ってるのも印象的。
ストーリー上ちゃんと意味があって、しかもべたべたしてなくて描写がドライ。
これもなんか魚座っぽい気が。

現在7巻めが出てるんですが、「この話はいったいどこに行くんだ!?}とびっくりさせられます。
前巻までの流れとか予告から、(こんな流れになるのかなー)と思ってたのをまったく裏切ってきた・・・。
続きがいろんな意味で楽しみ。

作中で紹介される節約テクニックや節約料理も、具体的で実用性高いのでおすすめです!

モテキが来た?

先週はなんだか急に&集中してお誘いがかかりました。

練習会のお客さん役もそうだし、
同じ日に「花見しない?」ってお誘いメールがお互い面識のない友人2人からきたり、
演劇のチケット1枚多く取っちゃったから行かない?ってお誘いがあったり
(観劇日そのものはだいぶ先ですが)。

なんだなんだ!?
これはウワサのモテ期とやらか!?
ついに来たのか!と勢いついでにホロスコープを見てみたら、
お誘いのかかった3/28~4/1のあたりで、私のアセンダントにt火星がのっかっていました。
これかなー。
お花見に誘ってきたMちゃんのn火星もすぐ近くなので、
彼女のn火星とt火星との合が急なお誘いの一因でもあったのかしら。

あと、私のn太陽乙女とt金星魚がオポジション気味だったのも関係あるのかな?
お誘いはみんな女性からだったし・・・。
(うお座金星って女子っぽくないですか?)

☆                        ☆                       ☆

モテキ (1) (イブニングKC)
久保 ミツロウ
講談社
2009-03-23


マンガ『モテキ』は主人公・モテない草食系男子な藤本幸世の元に
いきなり複数の女性からのお誘いが集中してやってくるシーンで始まります。
いちどきに家の電話が鳴り、携帯が鳴り、メールが着信する。
文字通り「モテ期」がやってきたその時に、幸世がご満悦でニタニタしたり、
とうとう俺の時代が来たな・・・、と陶酔してるのではなく、
ただただオロオロあわあわしてるのが、非常に共感できます(苦笑)
普段モテてない人は、急にモテてもどうしたらいいかわかんないよねー!

こういうのもアセンにt金星とかが合になってる状態なのかしら・・・。
恋愛がテーマなのだから、n火星にt金星かしら。
複数(4人)の女性からアプローチされるので、
木星が合やトラインになってるのかもしれませんね。
そしてお相手の女性はみんな、
「過去に縁があったけど、その時は恋愛まで至らなかった」という設定なので、
水星逆行も絡んでるのかも?
恋愛なんだから金星逆行?
いやいや、「時間」をさかのぼるのだから土星逆行?
作者・久保ミツロウ先生によればこの作品は
「ひとりのモテない男が、
 かつて声をかけられなかった女性に
 自分から声をかけられるようになるまでの話」

だそうなので、成長物語ということでやっぱり土星かもしれない。

「ある時突然、異性からのお誘いが集中してやってきた」というエピソードは、
久保ミツロウ先生の実体験なのだそうです。
その時のホロスコープを見てみたいなあ・・・。
プロフィール

あかつきと読みます。西洋占星術歴約7年、太陽乙女座、月双子座、天秤座に天体多め。算命学では玉堂星中心、戌亥天中殺。
占いの勉強や講座レポートなどを書いています。

ギャラリー
  • 作品と星~『マリーマリーマリー』
  • 占い資料の整理・片づけ
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その2(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • V6メンバーの太陽星座を3区分4元素表(芸能人バージョン)で見る
  • V6メンバーの太陽星座を3区分4元素表(芸能人バージョン)で見る
  • 香りと魔除け