今年のGWはGWと認識できないような不思議な感じでした・・・。
ずっと在宅してましたが、5/3には夏瀬あんこ先生主催のZoomお茶会に参加。
さすがに煮詰まり気味だったので、複数の方とおしゃべりできて、気分転換になりました!
算命学が分かる人、という参加条件だったので、話題も算命学中心でしたが、時々画面の向こうや話題の端々に、参加者さんたちの日常生活が垣間見えるのが思いのほか楽しかったです。
猫ちゃんを飼ってる方もいて、画面に見えるのが癒しだった~。
あんこ先生の巧みな話題の振りに乗っかり、いろいろ話せました。

Zoomで講座を受講したり、お茶会に参加してみて、オンラインで普通の感覚で喋る・聞くことができて、すごく便利でありがたいツールだな、と実感しました。
が、同時に、「実際に顔を合わせて喋ること」のありがたさも実感します。
やっぱり、オンラインだとなんというか、呼吸とかタイミングが対面とは異なってるんですよね。
言いたいことがまとまってない時も、対面だととりあえず話し出して、話しながら自分の中で組み立ててゆく・・・、というようなことをやったりしますが、オンラインだと、自分の中でまとまってる、聞いて分かりやすいことを言わないと伝わらない気がして。
自分の中にあることを、うまく伝えきれず歯がゆいこともありました。

やっぱりリアルってすごい!と、今さらながら実感します。
お世話になっている方々やここを読んで下さってる方と、講座やイベントなどなどで「じかに顔を合わせてお話できる」日が早く来ますように。
(もちろんオンラインにもオンラインのよさがあります・・・)


お茶会のおとものお菓子はたまごボーロでした(食べる時に音があまりしないので)。