昼間、家にいるとテレビを見ることが増えます。
ぼんやり見ていた教育テレビの「にっぽんの芸能」、歌舞伎俳優の中村莟玉さんがゲストでした。

芸能とは関係ない一般家庭の家に生まれた男の子だったけど、2歳くらいからお母さんに連れられて歌舞伎座に行き、泣きもせずに舞台を見ていた。
小学校に上がっても相変わらず歌舞伎が好きで通っていたら、歌舞伎座のロビーで踊りのお師匠さんに声をかけられ、踊りの稽古に通うことに。
その後、周囲の勧めで中村梅玉の部屋子に、更にその養子となって若手女形「梅丸」として数々の舞台に、そしてこのたび「莟玉」の名前に改名・・・、という経歴が紹介されておりました。

養父である中村梅玉さんからVTRコメントがあったのですが、「とにかく(踊りとかの)覚えが悪い(苦笑)」と。
これを聞いた時、あれ?玉堂星?と思いました。
司会の高橋英樹さんがスタジオで「覚えが悪いのは悪いことじゃない、さっと覚えるとさっと抜けちゃう、じっくり覚えたものは一生忘れない」みたいなフォローをしており、それってますます玉堂星では・・・、と命式を出してみたところ。
やっぱり中心星玉堂星でした!


中村莟玉
1996.9.12

壬 丁 丙       禄存  天将
子 酉 子   石門  玉堂  石門
癸 辛 癸   天将  司禄  天恍

寅卯天中殺


莟「玉」で玉堂星中心、は偶然だけど、なんかしっくりくるな・・・。
そしてなんと言っても二天将が目を引きます!
伝統芸能と関係ない一般家庭に生まれた人にどんなに才能があっても、その世界に入る&名前ある役者の養子になれる、って相当運がないと難しいし、相当な苦労があるのでしょうね。
そしてもう1個は天恍星というのが、役者さんにぴったりな気がするー。

しかし莟玉さんが96年生まれ、と聞いて、おおぅ、私が歌舞伎観てたころだわー、となりました(中高生で歌舞伎好きだった、渋い趣味の初年期天庫星・・・)。
どちらかというと90~95年のころの方がよく観に行ってて、養父である梅玉さんの「福助→梅玉」襲名舞台を見たのが、歌舞伎を観始めた最初のころじゃなかったっけ・・・・、としばし回想モードに。
(いま調べたら92年でした)
そのころ40代だった梅玉さんが、VTRではもう白髪交じりになってて、養子など取るお年頃なんですね。
時は流れるものです。

あと、個人的に莟玉さんの命式に、自分と同じところが多く、妙な親近感を感じてしまいました。
日干が壬、月干支が丁酉、玉堂中心で上下が禄存司禄。
命式が似てるからひいきにする、ってアリかしら?

IMG_20200303_111225
「莟」は梅のつぼみの意味だそうなんですが、梅がなかったので桃のつぼみの写真を~。