今年は暖冬ですねー。
2/19は二十四節季の「雨水」だったそうですが、それにしたってあったかすぎるのでは?というここ数日。
きのうの夜などは、雨の後の湿気のある空気の中に、沈丁花の香りが漂ってきました・・・。
匂いも湿度も温度も3月のそれだったよ!

さて、2/4の立春で子年になりまして、戌&亥年が終わり、戌亥天中殺生まれの私は天中殺期間が終わったわけですが。
いやー、今回は大変だった!
というかこの最後の3ヶ月くらいが特に大変でした。
見事にやらかしてしまった。

あんなに「天中殺講座」出たのに、あんなに「山羊座土星対策講座」出たのに、お前は何も聞いてなかったんかい、と突っ込みたくなるほど色々やらかしました。
「やっちゃだめだよ」と言われてることの大半をやって、それで見事に失敗するっていうね・・・。
例・準備がぜんぜんできていない新しいことにチャレンジする(無謀)→失敗、等々。
ちなみに勉強している時期は平和だったので、やっぱり天中殺時期は勉強してるのがいいみたいです(ただし実益には結びつかない)。

あと、こちらのツイートを拝見して、(あー、これやっちゃってたかも!)と思いました。

「じぶんだいじに」して「いまを生きる」楽しみをするためには・・・、その前に・・・、と、理想だけ高くかかげて、むやみに(決して効率的ではない)頑張ったら、心が風邪を引く結果になりました・・・。
心がインフルエンザをこじらす前に軌道修正できてよかったとは思うのですが、結局周囲に迷惑もかけてしまったし、そんな自分を認めて受け入れるにはもうちょっとかかりそうです。

もうちょっと具体例を挙げた方が皆さまの役に立つとは思うのですが、まだ傷跡がフレッシュ(っていうか血だらだら)なので、ゆるゆるブログあたりから復帰していきたいと思います・・・。
まずは「占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート」を仕上げないとね!(もう3ヶ月くらい経ってしまった)
IMG_20200113_092017
黄色は春の色。