ウラナイ8さんのサイトに、「おとなの自由研究発表会」発表会当日のレポートが掲載されました!
書き手は甘夏弦先生。
取材担当&アドバイザー&エキシビション発表者として研究会にお付き合い下さいました。

あれからもう1週間以上経つんですね。早いものです・・・。
私は年内にこのふりかえりレポートを完結させられるといいな(祈)


自由研究ふりかえりレポート②はこちら

発表テーマを何にしよう・・・、と考えた時、いちばん最初に思い浮かんだのはスガシカオさんでした。
私が西洋占星術を学んだのはまついなつき先生の中野トナカイでの講座だったんですが、受講者でスガさんについて質問した方がいらっしゃったんですね。
それで、私の頭の中では西洋占星術とスガシカオさんが不思議な結びつきをしてしまったのです。
さらに、羽海野チカさんと、そのデビュー作『ハチミツとクローバー』がすごく好きで思い入れがあるんですが、その登場人物の1人のモデルがスガシカオさんだったり、そもそもタイトルがスガさんのアルバムから取られていたり、と並々ならぬ縁があるのでした。
ハチミツとクローバー 1
羽海野チカ
白泉社
2016-08-10





CLOVER
スガシカオ
キティ
1997-09-03


羽海野先生は乙女座で、西洋占星術を学んでから読むと、お話の展開や、そもそもウミノ先生のエピソードに(ああ、すごく乙女座っぽい・・・)と思うことが多々あり、そのあたりを・・・、とかぼんやり考えたのです。
しかし羽海野チカ先生といえばいまや『三月のライオン』ですし、個人的な思い入れがいろいろ絡みあいすぎて、分かりにくいだろう、とこの題材は止めることに。
発表会が終わった今、つくづく思う。
止めてよかった!!
テーマの中心がスガさんなのか、『ハチクロ』なのか、それともウミノ先生個人なのか、私の思い入れがややこしくからみついていて、15分の時間内に入りきらないよそもそも!!

・・・という訳でこのアイデアは顔合わせ会前に自分で却下。
(ウミノ先生についてはそのうちまとめて書けたらいいなー)

次に考えたのは、「お笑い芸人のコンビ2人のアスペクト検証」。
『リンカーン』に出てたコンビを取り上げて違いを見る・・・、という案だったのですが、過去に観た各コンビの性格が出てる、と思ってたシーンの動画が見つかり、観てみたら自分の記憶とぜんぜん違う流れだったので、ダメだこりゃ!と却下。
のちにwakaさんがツイッターでさまぁーずについて的確なことを書かれてました。

そうか、さまぁーずは柔軟宮コンビか・・・。
さまぁーずは、太陽が見事にオポジションなんですよね。
同級生なので生まれ年は同じで、三村さんが6/8生まれの双子座、大竹さんが12/8生まれの射手座できれいに半年違い。
そして大竹夫人である中村仁美アナウンサーは、三村さんと同じ誕生日!
大竹さんが結婚した時の『さまぁーず×さまぁーず』(トーク番組)で、「(大竹さんは)オレと同じ誕生日の人、好きだよね」と言った三村さん・・・。
その後、「好きってなんだよ!気持ちわりぃーよ!」と照れながら自分でつっこんでましたけど、でもそういうことですよね。オポジションの人。
三村さんと中村アナは生まれ年は違うから、太陽以外は星座が変わってくるわけですが・・・。
(書いてて気が付きましたが、さまぁーず一組にしぼって、そこのあたりを詳しく見る、という発表テーマも面白かったかも)

話題を「自由研究」に戻します。
次に出てきたのが、「ジャニーズのグループを星座で見る」でした。
最初は太陽だけでなく、月や水星、火星も合わせてみたいな~、とか思ってました。
実際にやってみたら、太陽だけでも時間ぎりぎりだったわけですが。

その他、みずまち先生がウラナイ8のサイトでムーンカレンダーについて記事を書いてらしたので、自分の4月からのコンディションと突き合わせて検証してみる、という案もありました。

顔合わせ・打ち合わせの第一回で「今考えているテーマ」として候補を挙げてみたところ、圧倒的に「ジャニーズのグループを星座で見る」が、他の皆さまの反応がいい!
「なにそれ、見たい!」とか「面白そう!」とか、反応が大きめにかえってくるのです。
やっぱり「ジャニーズ」って、注目度というか、求心性が強いんだな、と実感しました。

ムーンカレンダー(月相)については、フタバハノンさんが「月相と病気やケガなどの関係」をテーマにしたい、とおっしゃっていて、それは面白そう!聞きたい!と思ったので、私はやはりジャニーズで行こう・・・と決定。

このテーマ決めの時、星見当番さんからの「そのテーマにした時の誰得俺得は?」という問いかけが印象的でしたし、納得でした。
自分のためだけの発表で、他人が興味を持てないようではいけない。
さりとて、やってて自分が楽しくないのもつまらない。
両者のバランスをうまくとりたい。

私の「ジャニーズのグループを星座で見る」は
誰得:ジャニーズのグループだと好きな人も多いし、知名度があるので、興味・関心を持ってくれるのではないか。例として初心者にもわかりやすいのでは
俺得:V6が好きで、他のグループにも思い入れはある(ジャニーズに足踏み入れたきっかけはSMAPでした)ので、調べていて単純に楽しい。
分析の補足にかこつけて、長年収集(?)してきたジャニーズがらみのエピソードを披露できる(笑)

発表を終えた今振り返ると、この「誰得と俺得」は最初から最後まで変わらなかったなー、と思います。

星見当番さんの発言で、ほかに印象的だったのは、ウラナイ8レポートにもあった
「おとなの研究をこどもの言葉で話す」(秀逸!)と、
「自分のいまの手持ちのカードで勝負する。ムリなことはしない!」です。
いま、自分の持っている知識や興味、それで発表内容を作る、という。

「(今自分に足りないものを埋めよう!として)ガチャを引いちゃだめなんですね!」とどなたかが言って、一同「それだ!」「納得!!」となったのですが、スマホゲームをやらない私はいまいちぴんとこず、きょとん・・・。
そこで星見当番さんが「いちばんはじめの『ひのきのぼうとぬのの服』でやる、ってことですね」とおっしゃって、(ああなるほど!ドラクエならわかる!!)ってなりました(苦笑)
ゲームする習慣のない人生を送ってきたので、ゲームたとえやなつかしゲームネタにぴんとこない自分が悲しいです・・・(しょんぼり)。
ゲーム嫌いなわけじゃなく、むしろゲーマーになりたかった・・・。