「おとなの自由研究会」に発表者としての申込をしてから、第一回の9/16の顔合わせまで約1ヶ月。
直前の9/14には「ウラナイ8」のお披露目会がありました。
この会には星見当番さんもいらしていました(他の発表者の方々も参加していた、と後で知りました)。

会場内に天海玉紀先生が占ってくれるコーナーがありまして、「自由研究の発表者として申し込みました」という話をして、インナーチャイルドカードの1枚引きをしてもらいました。
が、大変うかつなことに、その時の記録を取っていないのです・・・!(痛恨のミス)
確か・・・、たしか「ハックルベリー・フィン」じゃなかったかな。
池に垂らした釣り糸をぼんやり眺めているハックルベリー・フィン。
精力的に釣りまくるぜー!!って感じではないけれど、穏やかな表情で、無気力とか意気消沈でもない。
遊びとしての釣りを楽しむ感じ。
悪くはない、のかなー?となんとなく思ったことを覚えています。

インナーチャイルドカードの「ハックルベリー・フィン」は、タロットだとペンタクルスのペイジにあたるんですよね。
「見習い」という意味ではまさしく当たってる?

(お披露目会自体のレポートも書きそびれているのですが、いつになるやら・・・)



そして2日後の9/16、いよいよ第一回、顔合わせ・趣旨説明・諸注意、そして現時点でのテーマ(案)発表。
新宿の某貸会議室が会場で、なんだかすごく緊張した・・・。
緊張しすぎて机に持ってたペットボトルの中身をこぼし、持参したまつい先生の『改訂版 しあわせ占星術』の帯がちょっと紅茶色になりました!(泣)
ペットボトルだというに、わざわざフタを外した状態で倒してこぼしたという・・・。
改訂版しあわせ占星術
まつい なつき
KADOKAWA/メディアファクトリー
2015-07-24



星見当番さんと発表者6人、ウラナイ8より、オブザーバーのみずまち先生、取材担当の甘夏先生
全員そろったところで、自己紹介(占い経歴)と、なぜこの自由研究会に発表者として参加したか?の理由を。
私はインプットばかりでアウトプットが足りないから、というのと、調べたことを紙にまとめるのが好きだから、ということを喋った気がします。
ちょっと前に親戚一同で祖母の長寿のお祝い会をしまして、その時に祖母の人生を年表にして出席者に配ったら好評だったんですよね。
自分で調べたものや考えたことを「よみもの」化するのは楽しいなー、それで誉められると嬉しいなー、という。

IMG_20191204_231610

そしてここで配られた、星見当番さん作成の「占いクラスタおとなの自由研究会」ハンドブックがすごかった・・・!
日程や星見当番さんへの連絡先などの必要確認事項と、何のために研究発表をするのか等、読み物としての充実感と、計画書としての実用性と、いずれも充実した中身の濃さ。
「調べ学習」のテキスト例にするべきでは?というすばらしさでした。
一番うぉぅ!と思ったのは、初回の9/16から、発表会当日11/30の前日までの75日間を、マス上にしたカレンダーページが載っていたことです。
しかも「そのすべて(の日)を準備作業に使えるわけではありません」という注意がちゃんと記載されているという・・・!
そう、大人は仕事に家事に忙しく、自分だけではどうにもできないやむをえない事情が多く、そしていったん風邪を引いたらなかなか治らないのです(泣)
このことを3ヶ月間、折にふれてかみしめることとなる・・・。

(ふりかえりレポート③へつづく)

2019.12.8追記
星見当番さんがツイッターで、このふりかえりレポートについてふれて下さいました!

この後の一連のツイートで、「発表者用テキスト冊子」(私が「ハンドブック」と書いたもの)について説明・解説して下さってます。

そう!本当にそう!
「全体を俯瞰して、作業の全体量、自分の処理能力、作業に必要な時間を割り出し、万が一の時の予備日もプラス」なんてことは小学生にはできないですよー!
そして往々にして大人でも難しい。
この後に「おとなの自由研究会」の隠しテーマについても触れられています。必見!!