もう9月になりましたね!早いものです。
今年がもう2/3終わってしまったなんて・・・、あっという間に『AKIRA』で東京オリンピック開催と設定されてた2020年が来てしまう・・・。
AKIRA(1) (KCデラックス)
大友 克洋
講談社
1984-09-14



夏瀬あんこ先生が4月から開催されていた十大主星の会。
4月から新しい職場で働き出し、いろいろいっぱいいっぱいで、講座に参加する余裕がありませんでした・・・。
貫索・石門は特に行きたかった・・・。
車騎・牽牛の会なんて2回も開催されたのに!
しえさんのお話聞いてみたかったー)
最後の1回だけになってしまったけど、自分自身玉堂星中心だし、ということで、9/1の「十大主星講座~龍高星・玉堂星~」に参加してきました。

CIMG2533


参加者が10人に増員され、みちみちの会議室。
龍高星中心の星読視ゆき先生がゲストでした。
新潟からいらした美海星蘭先生も。
さらに玉堂星中心の有元先生もいらして、ちょうど「タロットコラム本700万円」のやりとりをブログに書いたばかりだったので、妙に気恥ずかしかったです・・・(しかも席がおとなりだった)。

はじめに星読視ゆき先生がいまハマってる趣味のお話を熱く語って下さり、みんなで聞き入りました。
面白かったー!
この「面白い」は単純に話題として興味深い、というのももちろんありますし、「龍高星中心の人は興味を持つと、ほんとに調べまくって、ガンガン勢いよく行くんだな!」というのも実感できたし、私自身が玉堂星中心として、「その趣味の世界はそんな風になってるんだ・・・、そういう感じで、そういうことがホットトピックスで、やっぱどこ行っても派閥とかはあるんだね・・・」と、「知らない世界のことを知れるのが楽しい」という面白さでした。

玉堂星中心が私を含め3、4人いて、龍高星中心は星読視ゆき先生おひとりだったのですが、やっぱり龍高星はフットワーク軽くてうらやましいな!と。
東に龍高星を持つ方が「同じところに3年以上いたことがない」と高校卒業後の経歴をお話されていましたが、龍高星持ってたら派遣という働きかたはすごく合ってるんじゃないかなー!
今、派遣は1つの職場で3年以上勤務できなくなってしまったので、玉堂星中心の私としてはなかなか痛いところです・・・
(しかし、同じところに3年以上いると「ここを出たい・・・!」という気持ちがわき上がってきたりするのも事実。これは日干の壬のなせるわざか・・・?)

あんこ先生曰く、龍高星は適職候補をいっぱい挙げられるけど、玉堂星は現代ではなかなか難しい、と。
「伝統文化・芸能」みたいに求人があまりないとか、「学問(人文系)」のように、それこそ大学改革とかで「役に立たねえ!」って削減されちゃうような分野が玉堂星の得意とするところなんですよね。
まあそもそも「文化」というものが、食って生殖して寝るという人間の基本サイクルからは余計なものだからね!
文化や教養は余剰で、その余剰をどれだけ生活の上に乗せられるか、だと思うのですが、なかなか厳しい昨今でございます。
玉堂星はマジメにこつこつ、一カ所から動かないタイプ、ということで事務職とかも向いてないわけじゃないと思われますが、「昭和の時代の郵便局・役所・図書館・信用金庫」みたいな「異動しないで地味に淡々と」というイメージ。
やはり現代ではいろいろ厳しそうです・・・。

そして考え過ぎてしまう龍高・玉堂星。
これは身をもって実感しております・・・、考えても仕方ないことをぐるぐるぐるぐるいつまでも考え続けてしまう。
同じ悩みを何回も占ってもらい、占い師の先生に「まだ悩んでたの!?」と驚かれる(苦笑)
龍高・玉堂星組の気分転換という話になり、「縫い物の縫い目を1個ずつほどいていく」「ギョウザを大量に包む」「夜中にキャベツを大量に千切り」など、細かい作業に熱中することによって考えを遮断する、というような傾向が。
聞いていて、私は細かい作業系の気分転換は思い当たらないなあ、とよくよく考えたら、悩みや嫌な気持ちが頭を離れない時は「ドラマやアニメなどストーリーのある映像を見る」のでした。
強烈な「物語」で自分の現実の悩みを押し流す。
バラエティー番組だとダメなんですよね、笑いながらも悩みが思いだされちゃったりして。

その他、龍高・玉堂星関係ないけど印象深かったフレーズ
わたしたち戌亥天中殺のひとりと、子牛天中殺の人のひとりは違うから!
(戌亥天中殺のひとりはマジで孤独、らしい)

天将星を持っているというのは、自分の中に原発を持っているようなもの



龍高・玉堂星はどうしてもアウトプットが少なくなってしまう。
そこを強化しないとなー、というのが算命学を知ってからずっと課題なのだけど、やっぱりついつい貯めこんでしまいます。
とりあえず早めにレポを放出しないと!と頑張りました。

次からは十二大従星の講座だそうで、これもできる限り参加したいなー。