平成最後の春分の日、新宿某所で開催された「更年期という波に乗る」講座を受講してきました。
講師はともみんこと望月ともみ先生ヤスミン先生コンビ。
去年の6月にウラナイトナカイで開催された「磨こうBODY&SOUL」イベントの講師だったお二人です。
去年のイベントで参加したのはともみん先生のダイエット講座&体質診断会だけだったので、ヤスミン先生の講座ははじめて。

今回のテーマは更年期。
私はまだそれらしき症状は出ていないんですが、年齢的にもうちょっとしたらやってくるだろう・・・というところ。
もともと婦人科系が弱く、冷え性で運動苦手、体力もない。
「血の流れが滞ってる」体質だな、と自覚しつつも体質改善が進まないまま、更年期に突入したらどうなっちゃうんだろう、と不安があったので、この企画のお知らせがあった時さっそく申し込みました。

参加者は30代から更年期の最中、という方まで幅広かったようですが、10人の受講者みんな熱心に聴いたり質問されてたりして、充実してました。
講師のお二人も魅力的!
ジャージーと革、異素材コンビの黒のミニワンピにウエービーヘアが格好いいお姉さま!って感じのともみん先生と、小花柄のワンピースに黒いカーディガン、甘すぎないキュートスタイルにショートヘアが爽やかおっとりお姉さんイメージのヤスミン先生。
第一部はともみん先生が中医学の観点から「更年期」の説明、そして体質チェック、各体質の更年期(出やすい)症状、その対応策など。
第二部はエステ・セラピストであるヤスミン先生が、経験に基づく肉体についてのお話と、効果的なセルフケア。
お二人とも経験から繰り出されてくるお話が面白い&説得力あって、2時間半もあっという間でした・・・!
お二人の語り口がさばさばして明るいので、聞いてて前向きな気持ちになれたのが嬉しかったです。

最後のシェアタイム(更年期について自分の経験・思いなどをみんなで喋る)にもお話させて頂いたのですが、私は20代の時にいわゆる更年期症状の「ホットフラッシュ」を疑似体験したことがあるのです。
当時婦人科にかかっていたのですが、子宮筋腫が異常なスピードで大きくなってしまい、「生理を薬で止めて、筋腫の生長が止まるかどうかやってみましょう」ということに。
ホルモン剤を鼻から吸うタイプのお薬で、半年ほど生理が来なくなりました。
最初は「生理痛がないって楽~」「わー、タイミングを気にせず白い夏のパンツがはける!」とか思ってたんですけど(←のんき)、そのうち、気温は暑くないのに急にぽーっと顔がほてる、ということが何回か。
(なんだろう?)と思っていたところ、法事で親戚が集まり、食事の時にたまたま私の周りに、母、伯母、母の従妹、と年上の女性(40代後半~60代くらい)ばかりという状況に。
更年期の話題になり、母の従妹が更年期症状の最中だ、と「暑くないのに、顔が中だけぽーっとほてって熱くって・・・」という話をしてて、(これか!!これが更年期症状っていうやつなのか!)と思い当たったのでした。
その後、薬の甲斐はなく筋腫は大きいままだったので結局開腹手術をし、体質はさして改善しないまま・・・、という状況で、「更年期」というものに漠然と恐れをいだいていたのです。

でもこの講座を受講して、やれる(対応できる、予防できる)ことはいっぱいあるし、やらなきゃいけないこともあるのだな、と思いました。
今回は「何が起こるのか」「その対応策」が分かりましたが、今後実際に更年期の症状が出てきた時には気持ちのゆらぎも当然あることでしょう(というか私のことなのできっと荒れる・・・)。
講師の先生方のように、自分の変化を受容して面白がれるところまで行けたら格好いいけど、少しでもそういう風に感じられるといいなー。
そしてセルフケアももちろんなんですが、いろいろ聞いてるとプロの技も受けたくなります・・・。
今度はヤスミン先生のフェイシャル受けてみたいな・・・、ともみん先生の鍼灸にも伺いたいものだ・・・。

IMG_20190321_123301
ヤスミン先生が連れてきた「おはぎちゃん」。
セルフケアの場所を教えてくれました。
『らんま2分の1』の骨格標本「コーちゃん」を思いだした・・・。