ここのところ、ずっと焦燥感の中でもがいておりました。
11月に失敗しちゃってからずっととも言えるし、年明けからより強まったような気もする。
うまくやれないことに焦って挽回しようとあがくも、焦ってるからやっぱりうまくいかなくて、そのことに自信喪失して落ち込んで、落ち込んでるから次に打つ手も自信を持てないままで上手くいかず・・・、という悪循環。

お誘いを受けても、うまく乗れずに断ってしまったり。
あれこれ仕事の求人にエントリーしても、なしのつぶてだったり。
遊びに出かけても、ネガティブな発言を繰り返して友人たちを困らせてしまったり。

泥沼に落ちて泥水を飲み、立ち上がろうとしてまた足を取られ、滑って転んで泥だらけになってるような状況。
うまくいってない時に焦ってもうまく行くわけないから、しばらく休んでチャンスが来るのを待った方がいい、と客観的には言えますが、自分のこととなるとやっぱりそう落ち着いてはいられず、じたばたと悪あがきを・・・(苦笑)

算命学で言えば今まさに戌亥天中殺の真っただ中であります。
じたばたしても余計うまくいかない、のは当たり前かも。
西洋占星術では、いま運行中の魚海王星と射手座木星&金星がスクエアを取っているということですが・・・、関係あるのかな?
私は個人天体は天秤座に集中してるのですが、太陽乙女、月双子座、アセン射手座なので、やっぱりこのスクエアに巻き込まれてるのかな?
なんと言っても山羊座土星&冥王星もいますしねー。
(なんとかしなきゃ!動かなきゃ!→実績も実力もないのでうまくいかない→それでも動かなきゃ!→悪循環、というのは牡羊座火星スクエア山羊座土星&冥王星、っぽいなあ、と書いてて思いました)

正月明けから2,3月というこの1年で一番寒い頃は、冷え性の私にはダメな時期でして、じっとしているだけで手足が冷たく冷えてつらい。
かと言って暖房がよく利いてる室内にいると今度は暑くなってのぼせてしまう(そして手足は冷えたまま)。
去年おととしと、2年連続「1月中旬に免疫力が落ちて手術の傷跡に雑菌が入って腫れる」の憂き目にあったりしています。
特におととしはかなり寒い寒風吹きすさぶ日に
・午前中算命学講座受講
・午後 秋葉原に出て友人と落ち合う
・カラオケにゆく
・外に出たら陽が落ちていたが、そこからフクロウカフェにゆく
・その後夕ご飯として脂の多い中華料理
を1日でこなしたら、翌日腫れを発症したのでした・・・。
体力・気力がもともと少ないうえに、冷え性で冬の寒さに弱いというのに詰め込みすぎた。
そりゃー、抵抗力も落ちるというものです。

なので今年は「おとなしく家にいる!」を遵守してきましたが、「うまくいかない」気持ちを抱えて家にこもっていると、ウツウツとしてしまいます。
これではいかん!と、とりあえず運動として歩くことにしました。
ダイエット講座で足腰が弱いと言われてから半年、ようやく改善を実行に移す・・・(試行錯誤はしてたんですよ!)。
真冬で寒いと言えども、日が落ちる時間は少しずつ伸びてるし、立春がくれば年も改まるし、気分が変わるのではないかなー、とぼんやり期待をしています。


IMG_20181229_140354

イノシシは「ぬた場」という泥の中で転げまわる習性があるそうです。
これは泥を身体にこすりつけることによって寄生虫を防いだりしているらしい。
泥沼にもそんな効用があったらいいなあ!