今年の大河『いだてん』、1話目を観ました。
おもしろかったー!
クドカンこと宮藤官九郎脚本ということで、これは観ようと決めていましたが、やはり面白かった。
1話目ということで登場キャスト顔見せの意味もあるのでしょう、明治時代と昭和30年代、50年離れた2つの時代を目まぐるしく行き来するのですが、それがまた面白い。
この2つの時代をつなぐのが語り手である古今亭志ん生なのですが、昭和30年代はビートたけしが演じ&語り、明治時代は志ん生の若き日の「孝蔵」を森山未來が演じて、彼が語り手になる、という構造がなんともツボに来ます。

で、ベタですが(射手座木星・・・)と思いました。
明治時代の主人公は、日本で初めてオリンピックに出場したマラソンランナー。
昭和30年代の主人公は、東京オリンピック招致の立役者。
運動(マラソン→脚)スポーツ、政治、国際交流・・・。
明治時代と昭和30年代をつなぐもう1人の人物・嘉納治五郎は日本に「スポーツ」の概念を根付かせようと単身努力している、オリンピックに世界平和の夢を見るというのも射手座っぽい。

大河ドラマとその年の木星・土星を対応させてみるのはどうだろう?と思いつきましたが、大河って歴史もの(特に戦国時代)が多いので、直接時代のテーマが反映されてるとは限らないか・・・、とも思う。
むしろ朝ドラの方が「その時代の、社会で生きる(理想の?)女性像」なのかも、と思いましたが、最近は『花子とアン』とか『あさが来た』とか戦後より過去の時代を扱うことも多い。
(『あさが来た』は物語の最初は幕末で、まだ登場人物がちょんまげ結ってるので「まるで大河」と言われてたらしい)

朝ドラと言えば、クドカンの朝ドラ『あまちゃん』にもハマりました。(『あまちゃん』と算命学をからめて書いた記事はこちら
ハマったきっかけは、『あまちゃん』放送時に中野トナカイで行われたまつい先生の西洋占星術ホロスコープ読み会に出席したところ、サンプルの1つが宮藤さんのホロスコープだったのでした。
「蟹座的な内輪のノリ・楽しみを広く広げてゆく」というような解釈を聞いて、なるほどー、と納得した思い出があります。
(「わかるやつだけわかればいい」ってセリフをNHKの朝ドラで言わすって、その極地ですよね!)

「あまちゃんほんと面白いよー」とまつい先生がおっしゃるのを聞いて、ドラマ始まって2、3ヶ月経ってたんですが、ようやく見始めて、ハマりました。
個人的にクドカン脚本ドラマって、見たら絶対面白くてハマるだろう、と分かっているのに、なんか取っつきにくいというか入るまでに思い切りが必要、という謎の心の壁があります・・・。
ドラマ内容の宣伝文とか読んでも、何についてのドラマなのか、いまいち分かりにくかったりして。
でもその心の壁を乗り越えて見出すと、すこんとハマるんですよね。
これが蟹座の世界なのかしら・・・。