先週で、2年間勤務していた職場を辞めました。
割と最初のころから「なんか・・・、職場としての条件は申し分ないのになんか違う・・・」とぐちぐち言っておりました。
占いの鑑定でもいろんな先生にかかるたび、「今の仕事を(変わるべきか)辞めるべきか」、占ってもらってました。
風エレメント多数だからか、“ずっと悩んでる”戌亥天中殺だからか、ぐるぐるぐちぐち延々と悩み続けて、「まだ悩んでるの!?」と驚かれ&呆れられることもしばしば。
ようやく辞めることになって、そうなると人間、今までの環境を失うのが惜しくなったり、変わるのが怖くなるものです(笑)
夫にもずっとグチを聞いててもらったんですが、あるとき「今の職場を辞めた後で、『ああ、あそこはああいう点が良かった、こんなところも良かった、辞めなきゃよかったー』って言うんだと思うよ」と穏やかに言われ、ああ、そうだろうなー、と妙に納得したものです。
そして今、やはり若干そんな状態になっております。
さすが「いいこと言い」の戌亥天中殺!(←自分自身もそのはずだが・・・)

本当の問題は職場自体にあるのではなく、自分の中にあるのだ、ということにはうすうす気がついておりました。
辞める直前に自分の欠点を改めて確認し直すような出来事があったり。
職場で嫌だな、と思っていた人の言動が、要は自分の中に同じ要素があるから鼻につくのだ、と改めて思い知ってがっくりしたり。
要は自分の中の欠点・イヤなところを周囲に投影してたわけで、それだったらいくら職場を変わろうと一緒じゃん!?と。

しかしまあ、辞めてしまったものは仕方ない、決めたことは仕方ない。
「やったことはみんな良いこと」(という風に考え、「やらなければ良かったー」としてもせんない後悔はしない)という、これも夫の至言です。
象牙の塔を飛び出てしまったからには、とりあえず愚者のように野をふらふら歩いてみよう。
獣とかに追っかけられるかもしれないけど・・・。