去る11/5(日)に開催された、「山羊座土星時代のサバイバル術」講座に出席してきました。
4時間みっちり、大変充実の内容で他の出席者の皆様も熱心、大変刺激を受けました。
講座で得た知識を元に、これからの山羊座冥王星&山羊座土星時代をがんばります!

・・・とか素直に言えたら、良かったんですけど。
正直なところ、講座終了後は大変に落ち込みました。
講座自体はほんとに充実していてためになり、講師&司会の先生方のお話も面白く、他の出席者の方々とお話もできて楽しかった、のですが。
帰宅して講座の内容を振り返ると共に、どっと重い気持ちが押し寄せてきて、本当にしょんぼりしてしまいました。

今までの人生、自分が土星から逃げてきていた
これからの山羊座冥王星&山羊座土星時代は大変にしんどそうだ
という事実(分かってはいたが、直視するのが怖く、気づかないふりをしてきた)に向き合わざるを得なくなったのです。

一方、講師・参加者の方々のブログやツイッターには、講座受講を経ての、強い&しっかりとした決意・感想が続々と。
それを読めばいっそう「ちゃんとできない」自分のダメさ、弱さを思ってまた落ち込む。
こんなんじゃダメだな・・・、これからの山羊座冥王星&山羊座土星時代は本当に厳しくて辛いだろう。
そんな厳しい時流の中、こんないいかげんで責任とらずで特にとりえもない人間がやっていけるのか?ダメじゃないか?
こんな自分なんて、もういない方がいいんじゃないだろうか・・・?
そう考えているうちに、なんだか吐き気もするし、頭も痛くなってきたし、眠いし、ノドも痛いし、咳も出てくるし・・・。
ん?頭痛?ノドの痛み?咳!?
・・・カゼのひきはじめでした!!

慌ててお風呂入ってあったまって長時間寝る、を2、3日繰り返したらだいぶ良くなり、週末外出したらまたぶり返してきたのでたくさん寝て・・・とやってたら、あっという間に1週間経過。
体調が悪かったから落ち込んだのか、濃厚な山羊土星・冥王星の重さにやられて体調を崩したのか。
いずれにせよ、体調が戻って、ようやくニュートラルに講座のことを振り返ることができました。
大変な体験だったけど面白かった!濃厚だった!参加してよかったなー、と。



天海玉紀先生のブログでこの講座が告知された時、すごく興味があったのですが、同時に腰が引ける思いもありました。

私自身は太陽乙女座ですが、実は地の星座を他に持ちません。
(MCは乙女、カイロンとリリスは牡牛座ですが、読めない&普段は意識できないので今回は除外)
冥王星も天秤座世代、月と木星が双子座、水・火・金・冥王星が天秤座、と要素としては風サインが多いのです。
太陽というか人生の理想は「土サインらしくきちんとすること」なのですが、そこに実際の行動が伴わない。

実は義理の両親が2人とも太陽山羊座さまでして、私はこの2人に大変ウケが悪いのです(苦笑)
山羊座に惑星・感受点は1つもなく、スクエアの位置にある天秤座にこれだけ星が集中してれば、そりゃあねえ・・・。
そんなこんなで山羊座には反感とか怖さがあったのですが、いつまでも逃げていても仕方ない。
まもなく山羊座土星時代が来るというし、いっぺん「山羊座」「土星」というものに正面から向き合わねば!
敵を知り己を知れば、三十六計逃げるにしかず!(←結局逃げるのか)
ということで土星講座にすべりこみで申し込みをしたのでした。
(講座が告知されて、気になるけどどうしよう・・・、とためらってたらあっという間に満員になり、ああ、縁がなかったのだな、と思っていたら定員増員が決定、ほんとすべりこみでした)
(つづく)

CIMG2842
松島の五大堂の装飾、十二支彫刻より。
これは見るからに山羊ですよね・・・(中国ではヒツジもヤギも同じく「羊」なので、十二支でも両方含むのだそうな)。
あしらってある植物はビワかな?