昨日、てんびん座に滞在していた木星はさそり座に移動したそうです。
さよなら天秤座木星。ありがとう天秤座木星。

・・・思い返せばこの1年、個人的にはさほど「天秤座木星」的ではなかったような・・・。
私は水星・火星・金星がてんびん座にあるので、そこに木星が来た日にゃ、「いろんな場所やイベントに出かけて、たくさんの人と知り合いになって、Webやリアルで交流!人とのつながりがいちだんと増えた1年でした!」みたいになるのかも、と思ってたんですが。
実際は、家族やごく親しい友人とのつきあいを繰り返し、あまり新しいところやものには手を出さず、どちらかと言えばひっそりと過ごす、なんかすでに蠍座?って感じだったような。
西洋占星術に加えて算命学の勉強を始めて、講座やイベントに出かけ、お会いした人とお話する機会はありましたが、それは射手座土星の範疇っぽい。

世間一般の流行としてはやはりインスタグラムでしょうか。
「インスタ映え」っていうのはいかにも天秤座木星っぽい、とあちこちの占いブログで拝見しましたし、私もそう思います。
不特定多数に「いいね!」って賞賛されたい。
実際はおいしくなくても食べきれなくても、ついついビジュアルにインパクトあるデザートや大盛りを頼んでしまう。
(ほんとに食べたかどうか、味はどうだったのかは問われない)

これが蠍座木星になると、必ず「いいね!」と日参してくれてた熱心なファンにだけ「ご招待」が来て、会員制のファンクラブみたいなシステムに移行するとか?
mixiって始まったばかりの初期の頃は完全招待制で、自分の日記を読みに来てくれた人のログ(「足あと」)も、自分が誰を訪問したかのログも残って、友だちの友だちと親しくなって、友だちを介して会って・・・、みたいな割と濃密な関係性があったのですが、今ふたたびそういう交流システムが復活するとか?
そしてつきあいが濃厚な分だけ、そのコミュニティから抜けるとか、相手と別れるとかの際のエネルギーも凄そうです。
もちろん深く深く結びつくことによって、得られる歓びもハンパないのでしょう。

ちなみに私のホロスコープにおける蠍座は、11ハウス後半&12ハウス前半です。
11ハウスは風通し良く、束縛し合わない関係性のイメージですが、まさにそのイメージなてんびん座から、濃密な関係性のさそり座の11ハウス。
そして「なんでもあり」の12ハウスへ。
社交的で自由なつきあいの中から、じっくり向き合える相手を見つけ、混沌の海に共に深く潜れ!!って感じでしょうか。

とりあえずこの1年は自分のほんとうに好きなものを深く掘り下げてゆく、という方向で行こうかと。
月ふたご&水星金星てんびんなのであっちこっちよそ見しがちですが、じっくり、ゆっくり!と言い聞かせてみる。