台風一過の真夏日、いかがお過ごしでしょうか。
お盆の時期が過ぎると「夏休みも終わり」って感じになりますねー。
しかし実際には残暑はまだまだ1ヶ月以上続き、
気持ちは休みモードを引きずってるのに、
仕事や義務は当然ある、というなかなかつらい状態・・・(苦笑)

☆                           ☆                            ☆

さかのぼって、8/11山の日の祝日に、
ウラナイトナカイで開かれたミズマチユミコ先生の講座に行って参りました。
「~環境から学ぶ~対人スキルアップ講座」というタイトルでしたが、
私の実感としては「ハウス講座~自分の中での各ハウスを認識(対人関係をキーワードに)」でした。
正直、ハウスがつかみきれてないので、ここで復習、というか認識しなおせて良かったです!

今回一番の衝撃、というかキモは「人によってハウスの現場は異なる」こと。
例えばその人にとっての「仕事」が、
10ハウスである人もいれば6ハウスである人もいる。
アットホームで家族的な職場なら、4ハウスとしてとらえてる人もいる!
つかみきれてなさの要因はここだったのかもしれません。

そして、私は今まで自分にとっての仕事、職場は10ハウスだと思ってたんです。
しかし今回ミズマチ先生の説明を聞いて、
どうやら6ハウスの「現場」だったんじゃないかと思い至りました・・・。
そして6ハウスには木星があるので、「なんでもかんでもひきうけがち」
(まついなつき先生『しあわせ占星術』より)。
確かに職場であれこれ頼まれると断れない性分です・・・。
対人関係においての、そのエネルギーの変換の仕方などを教えて頂きました。

そしてそして、それじゃ私の10ハウスって何ー!?
10ハウスの「現場」はいったいどこなのー!?
10ハウスには乙女太陽、そして天秤火星・水星・金星が団子になってるんで、
早いとこ見定めないとまたもや自分探しの旅、というか迷路に入り込んでしまいそう・・・。

受講資料の中に
「12ハウスは自分にとってどんな現場か」の記入式ワークシートがあり、
帰宅してからやってみましたが、半分近くが白紙、というか謎・・・。
一般的な説明は分かるのですが、自分にとっての具体的現場となると???
逆に「5ハウスはもう趣味の世界だな!
漫画とかアニメとか二次創作とかな!!(5ハウスにリリスあるのです)」
とはっきり自覚できる場所もあり(笑)

☆                           ☆                            ☆

いっしょに受講した中に、紺色地に☆や星座の柄のカットソーを着てる方がいらっしゃり、
西洋占星術の講座に星空柄の服を着て来る、ってステキだなあ!と思いました。

☆                           ☆                            ☆

この講座の前日まで阿佐ヶ谷パールセンター七夕まつりが開催されてたので、
多少は名残りがあるかしら?と思ってたんですが、
アーケードの飾りはきれいさっぱり、全撤去されておりました。
そりゃそうですよね・・・、日本人ですもの。