いぬのきもち 2012年5月号
ベネッセコーポレーション
2012

では、なくて・・・。

「こわくない!天中殺~入門編」講座で、
戌亥天中殺グループ所属として語ってみましたが、
色々言葉が足りなかった気がするので補足を・・・。

戌亥天中殺の実感を、ということで、自分の職業遍歴について述べました。

10代で将来の職業を決め、大学もそれを基準に選びましたが、
その職業の求人が極端に少ないことが判明。
しかし希望者自体は多くて、大変狭き門、とても自分は採用されないだろう・・・。
ちょうどそのころはITバブル期、
(その職業内容と共通点がないわけでもなかったので)
試しに受けてみたSE職で内定をもらったら、
長年の憧れだったはずのその仕事への熱はなんだかしぼんでしまいました。

就職したものの、SEの仕事以前に「社会人」のやり方が分からず、
会社になじむことができなくて、1年で退職。
半年ほどパラサイト状態でしたが、
事務職を求人してた小さな会社が、
たまたま父の勤める会社の取引先で、ほぼコネで就職。(←戌亥なのでたぶん良くない)

その会社で社会人とか事務職の基礎を学ばせてもらいましたが、
勤続5年目にして、社長の不興を買ったり病気したりで、
バイトになれと言われ、それなら辞める、と退職。

再就職活動するもなかなか決まらなかったのですが、
派遣で働く、というかたちに落ち着いたら無事仕事に恵まれ、
派遣会社を移ったりしながらも今に至ります。

・・・というような経緯を語っていたら、
天海玉紀先生から
「『オチはどこにあるんだ!?』って思ったでしょ?これが戌亥なんですよー」とツッコミが入りました。
一貫性がない、オチがない。すんなり進まない。
戌亥じゃない人から見ると「なんで?何考えてるの!?」って感じになるらしいです。
まあ客観的に見たらそうですよねー。
一応、本人としては、目標も立てて、そこへ至る筋道も立てて、がんばってるつもりなんですが・・・。

戌亥天中殺は現実がない、それ故「頑張ってはいけない」と言われます。
どうすりゃいいんじゃ!?って途方にくれますよね。
私も算命学を知った最初の頃は混乱し、
「頑張っちゃいけないって、努力しちゃいけないってことですかー!?」と玉紀先生に詰め寄り、
「そういうことじゃない!」と諭された思い出がございます・・・(苦笑)

現時点で思うのは、「人間万事塞翁が馬、な人生」なのではないか、と。
悪いことがあれば、次はいいことがあるかもしれない。
今はこれをやってるけど、ぜんぜん違うことする時も来るかもしれない。
戌亥天中殺は自分の人生で上手くいかないことが多いので、
挫折経験が多いがゆえに人の痛みがわかる、というのは確かにそうだな、と。

生来、太陽乙女10ハウスのためか、
「同じ職場に長年勤続してコツコツと仕事をする」スタイルこそ働くということだ!という理想を持っており、
その理想からほど遠い現状(5年以上同じ職場で働いたことがない)に、
私は人間として大きな欠点があるんじゃないか、と思い悩んだこともありました。
戌亥天中殺はスムーズにいかないのがデフォルトだ、と知った時、
この人生パターンでいいんだな、と自分を肯定されたようでほっとしました。
(腑に落ちるまでは時間がかかったので、
玉紀先生に八つ当たりのように詰め寄ったりしたわけですが・苦笑)

☆                         ☆                           ☆

長々と書いてみたけど、
「やっぱり戌亥はオチがないなー、話ぜんぜん違うところに行っちゃうな」になってるのかしら?
戌亥天中殺の定まらなさは、不思議の国や鏡の国を冒険するアリスみたいだとも思いました。
色んなキャラに会っては次々違う世界、違う環境に脈絡なく変わってゆく、感じ。
アリスの話は最後夢オチなんだよね。戌亥は夢か?
140616_1700~001
甘夏弦先生のインナーチャイルドカードセッションで出たカード。
アリスモチーフだけど「運命の輪」にあたるみたいです。
いいことも悪いこともくるくる回る・・・。
携帯電話の待ち受け画面にしてます。

☆                         ☆                           ☆
(2016.1.28追記 戌亥天中殺ネタで記事を追加しました。 → いぬいのきもち。・2