(PCのファイルを漁っていたら、8~9月に下書きしていた文章が出てきました。
今更ですがアップ・・・)

☆                        ☆                  ☆

木星は8月11日に乙女座に入りました。
太陽乙女座生まれの私としては「ラッキーな1年!」になるはず・・・、ですが、
正直なところ、この「木星」の上手い使い方、というか影響がよく分かりません。

そもそも「木星が太陽星座に来たから1年間ラッキー!!」という古典的観方は、
いまやあまり肯定されていないようです。
石井ゆかりさんは幸運期ならぬ「耕運期」と名付けてらっしゃいますし、
それまでの努力が伴わなければ、木星が拡大させるものも大してなかったり、
はたまた広げてほしくないものを広げる、とか(例・太る)。

考えてみれば太陽・火星のあとの木星なので、先の2つを完全燃焼させないと、
木星の使い方が分からない・使いこなせない、というのは道理かも。

私のネイタルのホロスコープは、双子座に月と木星があります。
木星の度数はかなり最初、月はかなり最後(あとちょっとでかに座)なので、
コンジャンクション、というには離れすぎなんですが、
ざっくり見れば同じ星座に月と木星。
初級占星術講座でご一緒した方たちに自分のホロスコープを見せたところ
「いいなあ、月と同じところに木星があるー!」と羨ましがられ、
そういうものなのか?ときょとんとした思い出があります。

生まれつき割となんでも上手く行くようになっていると、
自分では「運がいい」と自覚できないものよ、と言われたこともあります。
たしかにそうなのかも。

とりあえず自分の手持ちの太陽&火星を使いこなせるようになってから、
木星に向き合えばいいのかなー。