もう1か月近く前になってしまいますが、
去る7月20日、中野トナカイで行われたイベント
「『トナカイ10年診断カルテ』~乙女座占い師3人による心の人間ドッグ~」で鑑定を受けてきました。

太陽乙女座の占い師さん3人が、
西洋占星術&算命学でこの先10年のメンタル&運勢を診断し、
インナーチャイルドカードで今の問題点&解決策を明らかに、というこの企画。
この8月から木星は乙女座入りするし、私自身太陽が乙女座。
瑛兎ビット先生甘夏弦先生は以前に鑑定して頂いたことがあり、
特に甘夏先生のインナーチャイルドカードを近々また受けたいな、と思っていたところ。
夏瀬杏子先生はブログが面白くて更新楽しみで、
ご本人どんな方なのかなー、と思っておりました。

そんなこんなで、イベントの告知があった時から「これはいい!受けよう!」と決めていたのですが、
こちらの不手際で主催者のお3方にいろいろご迷惑をおかけしてしまい・・・。
しかしそんな私に親切かつ柔軟に対応して下さる先生がた。
ほんと乙女座の有能さ&柔軟性&現実対応能力を身をもって実感しました。
しかしそんな乙女座さんたちに「ムチャ振り」みたいなことしてしまうなんて、
ものごとが予定してた通りスムーズに進まないなんて、
この乙女座の私としたことが!!とまた苦悩したり・・・(苦笑)
(さて問題です。今までの文章に「乙女」は何回出てきたでしょうか?)

当日、中野トナカイに伺うと、
机の向こうにビット先生と夏瀬先生が2人並んで待っていて下さいました。
ファイルにきちんと綴じられた西洋・東洋両方のこの先10年の運勢の流れの資料を元に、
お2人がポイントを解説して下さいます。
鑑定を受けながら、なんだか病院の問診みたいだなー、と思いました。
西洋医学でにこやかかつ的確に判断を下す若きメガネ医師・ビット先生に、
サバサバして頼りになる東洋医学の女医さん・夏瀬先生って感じ・・・。

肝心の運勢ですが、
西洋でも東洋でも「ターニングポイント」や「要注意」の時期が重なってくるのが面白い(不思議な)ところ。
最初にぽろっと現状を喋ったら、それに基づく読み込みをがんがんして下さいました。
ここ2年の間に、
今、気にかけてる重要テーマをやりきる(極めるか、諦めて別のものを選ぶか)が大切だそうです。
占いとは関係なく、年齢的・人生の中のバランスから考えて、
ここ2年間でそのテーマに決着をつけよう、とあらかじめ考えていたので、
そこともちゃんと符号するのだなー、と。

おおまかにいうとテーマ「健康」か「仕事」か、みたいな感じなんですが、
(この2つも乙女座っぽいか?)
ここ2年でテーマをどっちにも決めないままずるずる行くと、と、
ビット先生が算命学で要注意!とされてる3年間を指し、「ここで変な資格とかに走ります」。
・・・うわあああ、ありそう!やりそう!!
現状に焦った挙句、
今までの仕事のキャリアに全然関係ない資格に手を出す(そして身にならない)、って、
実は以前やったことがあるのです・・・。
ビット先生「あと、変な健康体操に走るとかー、」
わー、それもやったことあります!
病気が発覚して焦って高い漢方薬買っちゃった、とか、高い鍼受けに行った、とか・・・。
なんかもう占いじゃなくて過去の黒歴史後悔、みたいになってますが(苦笑)

しかしこうやって西洋・東洋両方の運勢を見ながら指摘してもらえる、というのは
占い師さん2人並んで鑑定してくれるこの方式ならではだな、とお得感も。
上手くテーマをやりきれば、今後の10年、「(西洋占星術の)教科書のようなベタな読み」で
星の流れに乗っていけるということなんですが・・・、あとは運&自分次第・・・。

他に質問とかありますか?と訊かれ、思わず「健康問題は・・・」と聞いてしまったのは、
やっぱり「人間ドッグ」「問診」のイメージが強かったのでしょうか(苦笑)
ふわりと手を取って手相を見てくれた夏瀬先生は、
やっぱり頼りになる女医さん、みたいな安心感でした。

そして最後にタロットカードの1枚引き。
出てきたのは・・・、「正義」。
片手に剣を、片手に天秤を持つ正義の女神・アストライア。
「どっちのテーマを選ぶか?ちゃんと決めなさい」ってことなんですね、つくづく・・・。
後で調べたら乙女座はアストライアの姿だ、という説もあるそうです。
ほんと「おとめ尽くし」な30分だったのでした。

後半に続く。