司禄星ばなし、第3弾。
CIMG1682


友人の旦那さんのお母さんが亡くなり、突然のことに友人も旦那さんも驚きながらも慌ただしくお葬式その他もろもろを済ませました。
落ち着いたところでお義母さんの遺産を整理したら、多数&多額の定期預金や個人向け国債などが出てきたそうです。

お義母さんという人はしまりや 節約家
「うちにはお金がないんだから!」が口癖。
待望の初孫(友人の子)はめろめろに溺愛していたけど、お金のことはまた別!らしく。
お義父さんが、孫のためにこっそり息子夫婦に「お小遣い」をあげたことがバレた時には、お義父さんはお義母さんからしこたまお説教をくらったらしい・・・。
鷹揚で金離れがよく家族にもお客さんにも気前よくおごるお父さんの元で育った友人には、そんなお義母さんの言動は衝撃でした。
(友人のお父さんは鳳閣星中心の食いしん坊さんで、お客さんを歓待する家風。友人の実家に遊びに行くたびに、「自分たちも食べるから」という名目の元、美味しいお寿司だのケーキだのご馳走になりました)
「お金がない」というけど、お義父さんは高度成長期をばりばり働いてきたサラリーマン。
かつ、定年後も再雇用で、そこらの若手よりもよっぽど高い月給をもらっていました。
お義母さんも子供たちが独立した後はパートに出、それなりに稼いでいたはず。
そんなに稼いできたはずの家庭でも、年金暮らしになるとお金がないものなのかな・・・、一戸建てを持ち、子供たちを大学までやり、定年後に家をリフォームしたりするとお金はなくなっちゃうのか・・・。
私の実家、そんなでもないと思ってたけど、実はけっこう裕福な育ちだったんだ・・・、と友人は思っていたそうです。

やっぱりそんなわけはなかった。
お義母さんは節約して夫&自分の稼ぎを貯めに貯め、国債や利率の良い定期預金、個人年金保険という形で資産運用をしていたのです。
こんなに貯めこんでたの!?という総額だったとか。

この話を聞いた時、すごく面白かったと同時に、(こりゃ、絶対禄存・司禄星持ちだろう!)と思ったので、次に友人に会った時、お義母さんの生年月日を教えてもらって命式を出しました。
(友人も算命学の鑑定を受けたことがあったので、「私も知りたい!」と快諾)

丙 辛 辛       
辰 卯 卯    
        
    司禄 天禄
玉堂 玉堂 鳳閣
天南 司禄 天恍

中心星は玉堂星だったかー。
しかしやはり司禄星がありました。しかも2つ・・・。
高利率の資産運用をしながらも、「元本保証」の金融商品で手堅く!というあたりが司禄星2つ!って感じです(笑・禄存星がある人は株とか投資信託にも投資するのではないだろうか)。
バブル経済がはじけた後も、まだ(今に比べれば)高金利の定期預金とか保険とかがあったんですね。
お義母さんはそのあたりをちゃんと調べ、勉強して投資していたらしい。
そのあたりがいかにも玉堂星中心&2つ持ち、って感じ・・・。
玉堂星中心ってことはお勉強好きだった?と訊いてみたら、やはりそうで、老後は近所のカルチャースクールで、「西洋史を学ぶ」とかの勉強系講座を楽しんでいらしたそう。
鳳閣星が東にあるので、職場とか趣味サークルの場では明るく社交的だったんじゃないかなあ。
お葬式にはご近所さんやカルチャースクール仲間が大勢いらしたそうです。

この話題になるたびに、友人が「お義母さんたら、そんなに貯めこまなくても、生きてるうちに孫と旅行とか行けば楽しかったのに・・・」と嘆いていたので、思わず「そう思うのは、あなたが龍高星中心だから」と言ってしまいました。
友人は中心星が龍高星。
旅行が好きな人で、結婚前はよく離島や海外旅行へ行っていました。
それもハワイやヨーロッパ、みたいなメジャーなものじゃなく、「モンゴルで騎馬民族のゲルに泊まるホームステイツアー」とか「日蝕観測ツアー」とかマニアックなラインナップ。
ブランド物や流行のファッションなどには興味なく、自分の稼ぎを本と漫画と旅行につぎこんでいました。
(こうしてみると、龍高星と射手座は似てますね・・・)
旅行好きな龍高星中心の友人にしてみれば、ろくに自分の楽しみ(友人にとっては旅行)のために使いもせず、大金を貯めるだけ貯めて、自分はぱったり亡くなり一銭も使えなかった。
お義母さんはなんてつらい人生を・・・!と思っていたようなのです。

なので、「お義母さんみたいな人は、貯めてること、使わないこと自体が安心できるんだよ。せっかく貯めたお金を旅行とかに使ったら、楽しくないんだと思うよ」と重ねて言いました。
ちょうど「司禄星」の話題で盛り上がっていた時の天海玉紀先生のツイッターでの発言、

司禄星は未来を不安がって準備するのが趣味」も一緒に伝えたところ、「そうか・・・、それ(貯金、心配して備えること)が楽しみだったのか・・・」と眼からウロコがおちたようでした。
(司禄星を南に持っている身としては、この玉紀先生の言葉は身に刺さります・苦笑。そう、心配したり嘆いたりしてるけど、趣味なのよ!)
まあ「楽しみ」かと本人に訊いたら「楽しくないわよ!」って言われるんでしょうけど、でもその行動をすることで安心するんですよね。
おそらく「お義父さんが先に亡くなって年金の受給額が下がった時のために」とか、「病気になって医療費がかかるときのために」とかの名目で貯めてたんでしょうけど、もし本当にそういう事態になって、貯めた貯金を切り崩すことになったら、(全体からはほんの一部であっても)そりゃあもう、身を切るような苦しみだったんじゃないかと、司禄星のはしくれとしては推測します(苦笑)

息子夫婦がお金出して、義両親と孫と5人で行った旅行の時はすごい楽しそうだったそうです(笑)
わかりやすいなー!!(笑)
初孫がもっと成長して、おばあちゃんにお小遣いをねだるようになったら、お義母さんはどういう反応をしたのかな?というあたり、ちょっと知りたかったです・・・(合掌)。

後日、この友人に会った時にも「ああいう風に(「司禄星は使わないことが安心すること」)言ってもらって、すごく気持ちが楽になった!」と言ってたので、ほんと良かったです。
お義母さんと自分の思考回路が違うのだ、と言語化して認識することで、今後ずっと「お義母さんは人生楽しくなかったのでは・・・」と心痛めないで済む。
占いはこういう風に役立つのだ!と痛感しました。


しかしこの友人はほんとにいい人だなー!と思います。
とにかく「うちにはお金がない」がお義母さんの口癖だったそうですが、つまりそれは息子夫婦に向かって、訊かれもしないのに(あなたたちに都合してあげられるお金はないわよ)と言ってるようなもんですよね。
そんなこと何度も何度も言われて、旅行代も(小さな子どもいて、そう余裕があるわけではない)自分たちが出して、そのくせ実は充分すぎるほどのお金を貯めこんでたと知ったら、「いったい何なのあの姑は!」と文句の1つも言いたくなると思う。
私だったら家族・友人にぎゃんぎゃん言いまくる(笑)
しかし彼女は恨みにはぜんぜん思ってなくて、ただ「お義母さんが楽しく暮らせてなかったのが気の毒だ・・・」と心を痛め、それが司禄星に沿った生き方だと知ってからは安堵している。
「孫と旅行に行けば楽しかったろうに」というのも、「そんなにお金あるならうちの子に使ってよ!」ということではなく、心底「楽しく過ごしてほしかった」ということなのです。
この友人の言動はいつもこんな感じで、あまりの人の良さに、昔ばなしの登場人物か!?と思うこともたびたびです。
こういう嫁こそが財産なんじゃなかろうか・・・?
(実は友人は龍高星の他に、禄存星2つも持っているのです。司禄星と禄存星の性質の違いについても要研究・・・)