ほしよみ練習帳

永遠の初心者が占いについて思ったり考えたこと、講座受講のレポートなどをつづるおぼえがきノートです。 西洋占星術と算命学をかじっています。がじがじ。

2018年04月

二千年先を見据えて

去年の12月、仕事を辞める、と決めたものの、今度はどの時期に辞めるか?でまたぐるぐる悩んでいたので、土曜日のウラナイトナカイに行って神谷樹先生に占ってもらいました。

最初はタロットで鑑定をお願いしたのですが、いろいろ話して、「自分が自分の人生に対して何を望んでいるか?」を見よう、という流れになった、気がします(うろ覚え・・・)
そこでまずはインナーチャイルドカードを。
IMG_20171209_113207

一番左は童話世界の悪役・オオカミ。
タロットカードの「悪魔」にあたるそう。
「悪魔」は欲望を表すカード、このオオカミも「自分の欲望を隠さない」ということを表しているらしい。
「欲しいものは欲しい!」ということが大切なのだ。

真ん中はハックルベリー・フィン、右は洞窟内をたいまつ持って巡る少年少女(ソードの8)。
今回はあまりすらすらと物語が出てこなかったような・・・オオカミにあたるものは「これかな?」という要因が思いあたったんですが、他の2枚はあまり印象に残っておりません・・・。

続いて、具体的にいつ辞めると良いか、日付候補(たしか3月末、4月中旬、4月末)を挙げてトートタロットでみてもらいました。
IMG_20171209_114145

トートタロットって各カードに惑星・星座のマークが描きこまれてるそうなのですが、真ん中の一番上の「ワンドの5」に獅子座と土星のマークがあるのです。
「私、土星が獅子座なんですよ・・・」「それは!」ということで、結果4月中旬が一番いいのでは?という結果に。
これは「自分のやりたいことを表現するのにしばらくかかる」を意味する。
その2つ下に出ている「女教皇」は「自分の価値を認める」ということだそう。

3月末に辞めてもすぐに次の仕事が見つかるだろう、そこそこいい感じで穏やかな職場環境。
でも4月の新年度までやると、こころざしが高くなる。
場に出ていた「星」のカードを指し、「2千年先を見つめる、って言われてますから」と微笑む神谷先生。
に、2千年先!?
それは・・・、「意識高い」とかそーゆー次元ではないな・・・、人間の一生などというちっぽけなものさしを越えた、宇宙基準ですね。

一番下に出ているのはカップのナイト、だけどトートタロットではキングとして読むらしい(このあたり間違ってたらすみません!)。
自分のやりたいことは見つかっている」とのことだけど・・・、いまいちピンとこなかったです。
「これだったらいいかなあ」とぼんやりした希望はいくつかあるけど、はっきり押し出せる『欲望』はあるのか?
それこそ最初のインナーチャイルドカードの設問、「自分が自分の人生に対して何を望んでいるか?」という話につながってループしていくような・・・。

鑑定終了後、トナカイの玄関まで見送って下さった神谷先生がにっこり笑って、「欲しいものは欲しい、ってちゃんと言って下さいね!大切ですよ!」とおっしゃって下さったのが印象的でした。

そんなわけで、結局職場からも「4月第3週まで」とお願いされ、4月中旬でぶじ退職したわけですが。
まだ「自分が自分の人生に対して何を望んでいるか?」、認識できていません。
「自分のやりたいことは見つかっている」はずなんですが、自覚して意識的に表に出して、ストレートに表現できるようになるのにはまだ時間がかかるようです。
そして自分の欲しいものに対して「欲しい!」とはっきり意思表示はできているだろうか?と思うと・・・。
つい恥ずかしくて希望&欲望を隠しちゃったり、(欲しいんだけどなー、気づいてこっちに来てくれないかな・・・)と待ちの姿勢になってしまいがち。
ここを踏ん張って獅子座土星を克服し、「欲しいです!やりたいです!」と挙手できるようにがんばります。うう。



確か神谷先生に初めてお会いしたのは、3年くらい前のウラナイトナカイでの講座「こわくない!天中殺~入門編」でした。
神谷先生はまだウラナイトナカイにレギュラーになられる前で、受講メンバーとしていらしていたのですが、講座中に「4児の母」と知り、「こ、この若々しさで4児の母!?」とびっくり仰天しました・・・。
その後「新人さんデビューイベント」のメンバー紹介文を読んでいたら、「4児の母」というフレーズがあって、あっ!きっとあの人だ!と思ったものです。
華やかで(でも派手ではない)、惹きつけられる独特の雰囲気をお持ちなのですが、話しているとなんというか「受け止めてくれるふところの深さ」を感じ、おお、お母さんの包容力だー、とほっとします。
個人的には「落ち込んだ時にお話を聞いて頂きたい占い師」さんです~。

愚者は野に放たれる

先週で、2年間勤務していた職場を辞めました。
割と最初のころから「なんか・・・、職場としての条件は申し分ないのになんか違う・・・」とぐちぐち言っておりました。
占いの鑑定でもいろんな先生にかかるたび、「今の仕事を(変わるべきか)辞めるべきか」、占ってもらってました。
風エレメント多数だからか、“ずっと悩んでる”戌亥天中殺だからか、ぐるぐるぐちぐち延々と悩み続けて、「まだ悩んでるの!?」と驚かれ&呆れられることもしばしば。
ようやく辞めることになって、そうなると人間、今までの環境を失うのが惜しくなったり、変わるのが怖くなるものです(笑)
夫にもずっとグチを聞いててもらったんですが、あるとき「今の職場を辞めた後で、『ああ、あそこはああいう点が良かった、こんなところも良かった、辞めなきゃよかったー』って言うんだと思うよ」と穏やかに言われ、ああ、そうだろうなー、と妙に納得したものです。
そして今、やはり若干そんな状態になっております。
さすが「いいこと言い」の戌亥天中殺!(←自分自身もそのはずだが・・・)

本当の問題は職場自体にあるのではなく、自分の中にあるのだ、ということにはうすうす気がついておりました。
辞める直前に自分の欠点を改めて確認し直すような出来事があったり。
職場で嫌だな、と思っていた人の言動が、要は自分の中に同じ要素があるから鼻につくのだ、と改めて思い知ってがっくりしたり。
要は自分の中の欠点・イヤなところを周囲に投影してたわけで、それだったらいくら職場を変わろうと一緒じゃん!?と。

しかしまあ、辞めてしまったものは仕方ない、決めたことは仕方ない。
「やったことはみんな良いこと」(という風に考え、「やらなければ良かったー」としてもせんない後悔はしない)という、これも夫の至言です。
象牙の塔を飛び出てしまったからには、とりあえず愚者のように野をふらふら歩いてみよう。
獣とかに追っかけられるかもしれないけど・・・。

エレメントの香り

デパートのチラシに「母の日ギフト」の企画が。
おお、もうそんな時期かー、と思いつつ眺めていたら、こんな商品が。
IMG_20180415_150100

「12星座を分類する4つのエレメント(火・地・風・水)と、4つのフレグランスが織りなす『4エレグランス』。」
「ボディーミルクとフレグランスコロンをセットで。」
なんですって?エレメント?星座?
ずいぶんと聞き覚えのある言葉が(笑)
「生活の木」の商品らしい、とお店のホームページ見てみたら、ありました。

4elegranceシリーズ(生活の木)

このシリーズ、今年の2月に発売になったみたいです。
ラインナップとしては、ボディーミルクとコロンだけじゃなく、アロマオイルとかハンドクリームもあるんですね。


ホームページでは自分の誕生日からタイプを調べられるようにもなってますが、これだと太陽星座だけですよね。
ボディーミルクは「身体」「肉体」に使うのだし、これは月星座で選ぶのはどうかな?
フレグランスは太陽星座でもいいかな、いや、「雰囲気」「第一印象」と考えればアセンダント?
自分の好みの香りを漂わせて、ってことで金星星座でもいいのかも、などとあれこれ妄想。

個人的には柑橘系の香りとラベンダーが好きです。
ラベンダーは太陽乙女座の「地」に、ホロスコープの大半を占める「風」に柑橘系が入ってるので、好みと星座が合ってるかな?
こんど「生活の木」の実店舗行って、匂いかいでこよう。

「火<Hi>」を最初見た時はあいさつのように「ハイ!」と読むのかと思った。
ローマ字読みでいいんですね・・・。



中野トナカイ時代に登石麻恭子先生のアロマ講座を受講し、12星座に対応するハーブ・アロマがあると知った時は驚きました。
そこにそんな関連性があるのか!と。
私の母が一時期ポプリ作りに凝っていたので、ハーブやスパイス、アロマオイルなどには子供時代から馴染みがあったんですが、それが占星術につながっていたとは!とびっくりしたものです。
20代になってから、(そういえばアロマ関係をちゃんと学んだことないや)と表参道のニールズヤードで開催されていた「1DAYアロマ講座」みたいなのに参加したことがあったのですが(いっぺんちゃんと系統立てて学んでおこう、って今考えると玉堂星中心ぽいですね・・・)、最後に「フラワーレメディ」についての話が。
それまでポプリ・アロマ界隈で全然見たことも聞いたこともなかったものだったので、(なんだこりゃー)と思いつつも一通りあらましを聞いて(レメディの実習はなかった)その場は終わったのですが、たしか登石麻恭子先生のアロマ講座で、「フラワーレメディは本当は西洋占星術が基礎にある」と教えられて、そうだったのか!?とこれまたびっくりしました。
やっぱり西洋占星術は西洋文化全般に深くかかわってるんですね・・・。

「土性講座その後」の記事削除しました

未熟な状態で間違ったことを書いてしまいました。
「混乱してる状態」の見本としてしばらく置いておこうと思っていたのですが、やはり今朝削除しました。
リンクから飛んできて下さった方、記事がなくなっちゃってすみません。

記事全体を削除するんじゃなく、せめて内容を書き変えればリンク先がなくならないのでは・・・、と気づいたのは削除した後でした。
ツイッター等で間違った内容をあげてしまった時は、その記事を削除するのではなく、きちんと訂正したものをその後にあげると、訂正もできて信用もなくならないよ!とNHKEテレ『Rの法則』(10代ティーン向け番組です)で言ってたのに・・・!

新年度になりました

今年の冬はほんと寒くて長くてしんどかったな・・・、とか思っていたら、春は唐突。
急にあたたかくなり、え?え?とおろおろしてたら桜があっという間に開花して、あっという間に満開になり、東京では3月中にほぼ咲ききってしまいました。
新年度がわーっと始まり、ばたばた駆け抜けて、気付けば新年度ももう10日近くが過ぎている、という・・・。
いつものことながら、春はあわただしいものです。

あと、水星逆行時期ということもあるのか、わー!と慌てて仕事をしては、「いかん、間違えた!」とかやり直したり(だめじゃん)。
昔のできごとを思いだしては、(昔からこうなんだよな・・・)と落ち込んだり、(あのときああしておけば・・・、せめてその次のチャンスにああしておけば・・・)とか詮無い後悔に浸ったり。
もうすぐ仕事を辞めて今の職場から離れ、あてない無職状態になるという不安も一因なのでしょう。
いや、自分で決めたことなんですがね!

ブログもだいぶお休みしてしまいました。
頭の中では、土性講座以来、何かにつけて「土」を連想し、ついでに「金」と「水」のことも考えたり、儒教の本読んでみたり、『タロットの秘密』読んだり、シェイクスピアについての文章読んでは(「中国はなんでも5元素に分ける」って話だったけど、西洋は7つの要素かな・・・、12にも分けたりするな…)とかもやもや考えたりしてるのですが、いかんせん文章として吐き出せないまま貯まってます。
そろそろまたかたちにしていこう~。

面白かったです!特にトートタロットについて詳しいことが知れて良かったー。

プロフィール

あかつきと読みます。西洋占星術歴約7年、太陽乙女座、月双子座、天秤座に天体多め。算命学では玉堂星中心、戌亥天中殺。
占いの勉強や講座レポートなどを書いています。

ギャラリー
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート⑥
  • 2020年新年のご挨拶
  • ツイッターはじめました
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート⑤
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート④
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート②
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 無事終了しました
  • 11/30「占いクラスタおとなの自由研究会」各人の研究内容&タイトル 発表になりました~
  • 「占いクラスタ おとなの自由研究会」の発表内容が(ようやく)かたまりました