ほしよみ練習帳

永遠の初心者が占いについて思ったり考えたこと、講座受講のレポートなどをつづるおぼえがきノートです。 西洋占星術と算命学をかじっています。がじがじ。

2017年11月

いぬい同盟~「天中殺の過ごし方~申酉から戌亥」講座レポート(11/23 ウラナイトナカイ)

11月23日、ウラナイトナカイで行われた「天中殺の過ごし方~申酉から戌亥」講座に参加してきました。
この講座の募集告知が出た時、ブログを見返し、前回の天中殺講座(「こわくない!天中殺~入門編」(午未から申酉))からもう2年も経っとるのか・・・!と愕然としましたよ。
時の経つのはほんと早いよね・・・。

参加者8人中5人が戌亥天中殺生まれ、講師の天海玉紀先生を入れても過半数が戌亥。
あんなに戌亥さんがいっぱいいる状況はそうはないと思うので、仲間に会えてうれしかった!
講座資料も充実で、2年前から更に深い考察の講義を聞けました。
申酉の参加者さんはこの2年間に何かあったか?とか、各自の天中殺時期はどうだったか振り返ってみよう、とかの実例(赤裸々)な天中殺&戌亥トークがたっぷり聞けて、充実の2時間でした。

戌亥天中殺生まれは「現実がない」と言われ、金儲けとか向かない性質。
浮き世離れした仕事につくとよい、と言われますが・・・、このご時世、そういう直接的に「もうける!」じゃない仕事はどんどん淘汰されたり、効率化を進める!とか言って締め付けが厳しくなるよね。
教育・医療・福祉みたいな効率第一じゃないはずの分野にも「効率化」「品質の均一化」みたいなことが言われたりして、経営コンサルタントが導入されて「毎月目標を設定して達成!」とか言ってるけど、そういうもんじゃないだろう!とかいう話を、最近特に良く聞きます(あれ?先日の山羊土星講座で聞いた、山羊土星&冥王星時代問題にも通じてくるはなしですね・・・)。

今回はお仲間がたくさんいたこともあり、自分でも戌亥なエピソードがご披露できたように思います。
「(ばりばりやってる周りの人と比べると、戌亥は)野心がないなあ、って」と言ったら、出席者の皆さまがざわっ、とした感じがした。
たまき先生に「野心がない、というふうに考えるんだねー」と言われ、そう考えることもまた、戌亥のフィルターなのか?と自問自答。

あと、仕事を辞めようか悩んでいて、6月に玉紀先生の鑑定を受けた時「辞める!」と決め、でもやっぱりあと1年は続けよう、と思い直し、でもここへ来てやっぱり来年3月で辞めようか悩んでる・・・、とそこまで話したら、「まだ悩んでるんだ!?」と驚愕ともにつっこみが入りました。
前回の天中殺講座で戌亥エピソードを喋ってた時も玉紀先生につっこまれたし、もしや戌亥はボケなのか?
(自分ではボケだと思ってないあたりが真のボケなのか・・・、まさか・・・)

講座の終わり頃、何かの話題での「現実」というフレーズの使い方が面白く、思わずおとなり(戌亥)さんと顔を見合わせて「現実・・・」と微笑みあっていたら、それが玉紀先生のツボにはまったようで大爆笑。
ちょうどふたりのポーズや表情とかが、「現実とやらをうっとりゆめみる戌亥シスターズ」状態になってたみたいです。
妹(私)「現実ってものがあるらしいわ、お姉さま・・・」
姉(おとなりさん)「あの山の向こう、いいえ銀河の彼方にあるのかしらね?どんなものかしら、現実って・・・」みたいな?
(セリフは勝手にねつ造しました)

2年前と今回、講座を受けていろいろ天中殺時期の体験談も聞いて、個人的には「天中殺は恐ろしいことが起こる時期~(どんどこどんどこ←注・おどろおどろしい感じの太鼓の効果音を想像して下さい)、この恐怖からは逃れられぬ~(どんどこどんどこ)」とかいうよりは、「ちょっと1回お休みして、この10年間(または10ヶ月)のまとめとふりかえり」タームと考えるといいかもな、と思いました。
すごろくの「1回やすみ」や、アニメの中盤に入る「総集編回」みたいな。
調子乗りすぎたり、逆にサボってたりすると、そのツケがこの時期に来るので、大変だったり災難だったー!って思うけど、淡々とやってればそうでもなかったりするのかな・・・、いや、戌亥なんで常に現実がないからそう言えるのか・・・、中殺持ちの人とかはどうなのか・・・。
そこらへん、周囲に取材したり自分をサンプルにして考察してゆきたいです。



終わった後も戌亥同士でちょっとお話できて楽しかった~。
ハローハロー、いぬいに生まれし友たちよ、元気ですか?
なんか世間からはちょっと浮いて見えてるらしいですが、まあこの世界に生まれてきちゃったので、足りぬ現実を苦心して補いながら、なんとかやっていきましょう。
また会えるのを楽しみにしてます。げんじつ!


IMG_20171104_122624

親族飲み会で従兄が作ってくれたイノシシ肉の煮物。
牛肉の大和煮と豚の角煮のいいとこ取りみたいで、すごく美味しかった!
「ぜんぜん臭みとか臭いがないね」と言ったら、材料提供の義従姉曰く(実家の近所で猟れたのを送ってもらったそう)、猪肉は美味しいものとすごく臭みのあるものがあるんだけど、それは仕留めて解体して、中の肉の色を見るまで分からないんだそう。
年令とか大きさとか関係なく、個体差なんだそうです。
「これは美味しいやつを送ってもらった!」とのことでした。

『山羊座土星時代のサバイバル術』講座(11/5)レポート・エピローグ

講座レポート自体は前回で終わりなのですが、個人的な感想やら事情やらを・・・。

このレポート、講座の企画者&プロデューサーにして司会でもあった、天海玉紀先生にtwitterで取り上げて頂きまして、ものすごくたくさんの方に読んで頂いたようです。
ありがとうございます!
(アクセス数がどかん、と増えててあまりのことに笑いました)
特にこの「ざわざわ感」を肯定されたのがありがたかった。
なんというか、あの身の置きどころのなさというか!もじもじむずむず感というか!
居心地の悪さをなかったことにできなかったのです。
でも他の参加者さんの感想とか読むと、みんなすごい前向きだし・・・、やる気に満ち溢れてるし・・・(←山羊成分多めの方はいきいきできる場だったので、もちろんそれでいいわけですが)、こういうざわざわ感を感じる自分の方がダメなんだろうか、と体調悪い時は悩んでいたので、ミズマチ先生のレポートの
ダメ出しされるためにこの講座をやることになったのか…!
と思いましたよマジで(ノД`)
」とか
主催者なのに場違い感たっぷりでした…w
とかのフレーズに救われました。

そして天海玉紀先生の双子座プロっぷり・・・。
私と同じくざわざわを感じる双子座成分を多くお持ちなのに、この『山羊土星』講座を企画し、土エレメントの講師の先生方をスカウトし、講義につっこみを入れつつフォローもし・・・(初めてではわからないあかね先生のチャーミングさをご紹介とか)。

玉紀先生のツイートで改めて気づいたんですが、私のホロスコープ天体構成ってほとんど風エレメントなんですね!
今まで自分を構成してるのは土と風だと思ってたんですが、違う!風だ!
ちなみに水もほぼありません(さそり天王星のみ)。
火が少ないとは思っていたけど(しし土星&いて海王星)、ほとんど風だったなんて・・・。
西洋占星術の勉強を始めて6年目にしてようやく自覚するって、どうなんだ。
初心者マークが外れないにもほどがある。
しかしその1個しかない土エレメントがよりによって太陽星座、というあたりに、この自分のややこしさがあるんだろうなー。
そもそも風タイプの人なら、ヤギヤギしい企画に参加しないのですな。
そして山羊様の言うことに、反感は感じるけど、否定はできないんだよ!
だってその論理は「地に足がついてる」から!!(山羊だけに)
トークタイムで「『意識高い系』というのは射手座土星時代らしいワードだ」という話題がありましたが、射手座の言う事って理想論というか、「ああまあ理論としてはそうだし素晴らしいと思うけど、実際の現場じゃそううまくいかないよ・・・」っていう感じがするんですよね。
アタマ(成績)はいいけど、まだ社会で実際に働いたことのない大学生の意見、みたいな。
しかしヤギ様は違うのです!
ばっちり現場をくぐったビジネスマンの、経験にしっかりと基づいた意見・やり方・システム。
ムダや机上の空論はない。
そこに異を唱えられるのは、感情の流れの水エレメントなんだなー、と思いました。
(そんなに効率良くしてばっかりでどうするんだよ・・・)って反感はあっても、風は黙っている。

なんか山羊座を非難してるみたいになってしまいましたが、もちろんプロの山羊座は素晴らしいのですよ!
個人的に感じ入ったのは、あかね先生の「(システムの中で)上手く回っていくのなら(その役割をするのが)必ずしも自分でなくてもいい」というお話。
私利私欲じゃなくて、「社会」が上手く回っていくのが山羊プロの望みなんですな・・・。

他にも講座を聞きつつ山羊座・土星がらみで連想したこと、思い当たったことなどいろいろあるんですが、ひとまずはここまで!
改めてあかね先生、ミズマチ先生、甘夏先生、玉紀先生、ご一緒して下さった受講生のみなさま、レポート読みに来てくださったみなさま、ありがとうございました!
乙女の仮面(ガワ?)を頼りに、ヤギヤギしい3年間をなんとか生き抜くぜ。

CIMG0397
8年ほど前、立川の空き地に唐突にいたヤギ・・・。
空き地の隣家で飼われているっぽかったのですが、詳細は不明。
けっこう通行量の多い大通りに面していたので余計に不思議。

『山羊座土星時代のサバイバル術』講座(11/5)レポート②

土星についてのグループワークは甘夏弦先生が講師、ホロスコープに基づいて3つに分けられた各グループにそれぞれ3人の先生がつくかたちに。
私はミズマチユミコ先生のグループになりました。
魚座&牡牛座だいすき!な乙女座の私としては、おうし座クイーン(牡牛座にほとんどの天体が集合していらっしゃる)なミズマチ先生のチームなのは、すごく心強かったです。
講座の冒頭、これから数年の天体の動きを説明するミズマチ先生パートも、ぎゅぎゅっと充実!でした。
「山羊座にはすでに冥王星がいるのに、土星まで帰ってきちゃうのか、たいへん!」としか思ってなかったので、他の天体の動きや、過去にあった事例など、大変参考になりました。
途中で「今日は好きなことしかしゃべらない!」っておっしゃってたのが面白かったです(おうし座っぷりを発揮!ってことかな?)

しかしワーク自体については、(うーん・・・)となってしまう星回りの人のチームだったのか、やってる最中も終わった後の空気も重かったです。
重たい答えが出る、というよりは、「何をどうしたらいいかわからない」当惑が強かったんじゃないかと・・・。
グループにしたのには、他の人のワークを見て感じ考えるという意図があったそうなんですが、私のチームは自分自身の答えを出すにも時間がかかり、答えを見せ合うところまでたどりつけず。
いちおうワークについての自分の回答をひねりだしたんですが、いかにも「言葉をつなげて体裁をととのえました」みたいな答えで、自分で読み上げながらがっくり・・・。
そこにまた冷静なつっこみをすぱっといれる甘夏先生(笑)
甘夏先生は太陽乙女座っぷりを発揮して、「講師」!って感じでした。
冷静・クールな発言の一方、トークタイムには意外とウエッティな蟹水星をお持ちと分かったり、突然みんながあっけにとられその後大爆笑、みたいな発言をぽん、としたり。

一方、グループワークタイムに、またいきいきとされていたのが太陽山羊座チーム(笑)
あかね先生を中心に山羊座の方が集結したテーブルを、心中ひそかに「山羊ゴッドマザーと6匹の(子)ヤギたち」と呼んでました・・・。
あかね先生が(ワークの時に)
『ここは敢えて難しいことを書くといいですよ。できることを書いたって意味ないですから』って言ったらば、山羊グループの人は、ですよね~と頷いてくれたのに他のテーブルから一斉に笑い声があがりました。
とか書いてらっしゃいますが、少なくとも私は、その発言に対して笑い声なんかじゃ全然なくて、「声にならない悲鳴」を上げてましたよ!(ほんとにこわい時、声は出ませんね・・・)
ヒー!とか、ひゃー!!みたいなのどの奥で鳴るやつ。
講座終了後にあかねチームにいた太陽山羊座の子ヤギさんの1人とお話させて頂いたのですが、「ワーク終了後にどんより」みたいな雰囲気は全然なかったそうで、そりゃそうだなあ、と思いましたです。

最後は講師陣3人&司会のたまき先生によるトークショー。
これが楽しくて面白くて、すごい良かった!
(ぶるぶる震えてたこころもここでだいぶほぐれました)
山羊とか土星についてだけでなく、12サインの違いというものがわかりやすくて勉強になりました。
「この講座を企画し、講師となり、進めるにあたって」の裏話をしながら、各人の反応や、考え方や作業の進め方の違いで、星座・惑星の違いがはっきりしてくるという。
みなさん「これが山羊の考え」とか「おひつじ火星がこういう風にトリガーになる」とか、具体例をあげて話して下さるのですごくわかりやすかったです!
「集団で動く、共同作業をする」ことの意味みたいなものもなんとなく感じたような。

(もうちょっとだけ、続きます・・・)

『山羊座土星時代のサバイバル術』講座(11/5)レポート①

なんといっても「山羊座ゴッドマザー」とでもいうべき、八雲あかね先生がすごかったです・・・!
「山羊座が普段どう考え、どう行動しているか」についてお話頂いたのですが・・・、山羊座すごい。
もう今後、「山羊」には「様」をつけずにいられない!!
その山羊座様のヤギっぷりって言ったらね・・・、もうね・・・。
講義の最中、ずーっと(ごめんなさいごめんなさい、そんなにちゃんとしてませんー!!)って絶叫しそうでした・・・。
それでも言ってることはみんな正しいので(うう・・・泣)と弱りながら聞いてたら、そのうち文字通り「身体が痛く」なってきました。
痛むのは胸か、胃なのか、ほんときゅーっとする感覚があって、顔は自然と浮かんできちゃう苦笑というかにやにや笑いを浮かべながら、居ても立ってもいられずもじもじしそうな身体を押さえつけて、いや、ちょっとつらい時間だった。

参加者には山羊座太陽の方が多く、あかね先生の話にうんうん、とうなずいてらっしゃり、つい私もつられてうなずいてしまったんですけど、これって山羊座がいちばん嫌う行動だわー!と後で気づく。
山羊さまにとっては、その気がないのに、とりあえず表面をとりつくろっとく、って許せん!ことでしょう。
すいません、つい「その場の空気を悪くしない」天秤座水星あたりが発動して・・・(だから天秤座は山羊座に嫌われるのか)。
弁解させて頂くと、太陽乙女座なので、山羊座の考え方とか行動にはそうありたい、そうだな、と同調する気持ちはあるのです(のでうなずく)。
しかし実際の言動がそれに追いつかない(思い返せば全然そのようにできていない)ので自分の中の葛藤が・・・。
ミズマチ先生と甘夏先生が「全然(あかね先生みたいに)やってない~!!」と大笑いしていたのには、だからものすごく救われた気持ちになりました・・・。

あと、ヤギヤギした話を聞いてると、自分の中の双子月がむずむずしてくるのが分かりました・・・。
なんかね、ちゃんとした流れに茶々を入れたくなるんですよ。
でも所詮月なので、大人のマジメなお説教中に、調子乗った子どもが関係ないギャグとか言い出して余計怒られる、みたいな結果にしかならないと思うんですけど。
基本太陽「きちんとまじめに」乙女座なんだから、そっちを発動させろよ!なんで双子月がざわざわしてんの!?と、自分自身の中で大騒ぎだったので、大変疲れた・・・。
司会&プロデューサーの天海玉紀先生はさすがの双子座プロっぷりで、要所要所であかね先生のヤギ様っぷりにツッコミを入れ、またフォローをし、と盛り上げていらっしゃいました。

自分のつらさばかり書いてますが、実際にお話聞いて、あかね先生という人のすごさを実感しました。
「コンサルテーション」っていうメニューを持ってらして、これなにかな、と文章で読んでもいまいちぴんとこなかったんですが、お話聞いてると、こういうスタンスで物事をすすめてゆくのか、コンサルティングってこういうことかー!!と。

あと、印象深かったのが、講師&司会陣4人のトークタイム時にあかね先生が「以前は笑ったりしなくて、きちんとしすぎてて『変な人』だった」っておっしゃってて、きちんとちゃんとしてるのは良いこと、とされるのに、あまりにきちんとしすぎてしまうと、周囲から逸脱してしまうんだなあ、人間ってつくづく不思議なありようだなー、と思いました。

(そしてまたつづく)

『山羊座土星時代のサバイバル術』講座(11/5)レポート・プロローグ

去る11/5(日)に開催された、「山羊座土星時代のサバイバル術」講座に出席してきました。
4時間みっちり、大変充実の内容で他の出席者の皆様も熱心、大変刺激を受けました。
講座で得た知識を元に、これからの山羊座冥王星&山羊座土星時代をがんばります!

・・・とか素直に言えたら、良かったんですけど。
正直なところ、講座終了後は大変に落ち込みました。
講座自体はほんとに充実していてためになり、講師&司会の先生方のお話も面白く、他の出席者の方々とお話もできて楽しかった、のですが。
帰宅して講座の内容を振り返ると共に、どっと重い気持ちが押し寄せてきて、本当にしょんぼりしてしまいました。

今までの人生、自分が土星から逃げてきていた
これからの山羊座冥王星&山羊座土星時代は大変にしんどそうだ
という事実(分かってはいたが、直視するのが怖く、気づかないふりをしてきた)に向き合わざるを得なくなったのです。

一方、講師・参加者の方々のブログやツイッターには、講座受講を経ての、強い&しっかりとした決意・感想が続々と。
それを読めばいっそう「ちゃんとできない」自分のダメさ、弱さを思ってまた落ち込む。
こんなんじゃダメだな・・・、これからの山羊座冥王星&山羊座土星時代は本当に厳しくて辛いだろう。
そんな厳しい時流の中、こんないいかげんで責任とらずで特にとりえもない人間がやっていけるのか?ダメじゃないか?
こんな自分なんて、もういない方がいいんじゃないだろうか・・・?
そう考えているうちに、なんだか吐き気もするし、頭も痛くなってきたし、眠いし、ノドも痛いし、咳も出てくるし・・・。
ん?頭痛?ノドの痛み?咳!?
・・・カゼのひきはじめでした!!

慌ててお風呂入ってあったまって長時間寝る、を2、3日繰り返したらだいぶ良くなり、週末外出したらまたぶり返してきたのでたくさん寝て・・・とやってたら、あっという間に1週間経過。
体調が悪かったから落ち込んだのか、濃厚な山羊土星・冥王星の重さにやられて体調を崩したのか。
いずれにせよ、体調が戻って、ようやくニュートラルに講座のことを振り返ることができました。
大変な体験だったけど面白かった!濃厚だった!参加してよかったなー、と。



天海玉紀先生のブログでこの講座が告知された時、すごく興味があったのですが、同時に腰が引ける思いもありました。

私自身は太陽乙女座ですが、実は地の星座を他に持ちません。
(MCは乙女、カイロンとリリスは牡牛座ですが、読めない&普段は意識できないので今回は除外)
冥王星も天秤座世代、月と木星が双子座、水・火・金・冥王星が天秤座、と要素としては風サインが多いのです。
太陽というか人生の理想は「土サインらしくきちんとすること」なのですが、そこに実際の行動が伴わない。

実は義理の両親が2人とも太陽山羊座さまでして、私はこの2人に大変ウケが悪いのです(苦笑)
山羊座に惑星・感受点は1つもなく、スクエアの位置にある天秤座にこれだけ星が集中してれば、そりゃあねえ・・・。
そんなこんなで山羊座には反感とか怖さがあったのですが、いつまでも逃げていても仕方ない。
まもなく山羊座土星時代が来るというし、いっぺん「山羊座」「土星」というものに正面から向き合わねば!
敵を知り己を知れば、三十六計逃げるにしかず!(←結局逃げるのか)
ということで土星講座にすべりこみで申し込みをしたのでした。
(講座が告知されて、気になるけどどうしよう・・・、とためらってたらあっという間に満員になり、ああ、縁がなかったのだな、と思っていたら定員増員が決定、ほんとすべりこみでした)
(つづく)

CIMG2842
松島の五大堂の装飾、十二支彫刻より。
これは見るからに山羊ですよね・・・(中国ではヒツジもヤギも同じく「羊」なので、十二支でも両方含むのだそうな)。
あしらってある植物はビワかな?
プロフィール

あかつきと読みます。西洋占星術歴約7年、太陽乙女座、月双子座、天秤座に天体多め。算命学では玉堂星中心、戌亥天中殺。
占いの勉強や講座レポートなどを書いています。

ギャラリー
  • 作品と星~『マリーマリーマリー』
  • 占い資料の整理・片づけ
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その2(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • V6メンバーの太陽星座を3区分4元素表(芸能人バージョン)で見る
  • V6メンバーの太陽星座を3区分4元素表(芸能人バージョン)で見る
  • 香りと魔除け