ほしよみ練習帳

永遠の初心者が占いについて思ったり考えたこと、講座受講のレポートなどをつづるおぼえがきノートです。 西洋占星術と算命学をかじっています。がじがじ。

2016年11月

玉堂星と龍高星

前回の記事(「『算命学基礎講座』受講しました(10~11月ウラナイトナカイ)」を
夏瀬杏子先生のブログで紹介して頂き、多数の方が見に来て下さいました!
ありがとうございます~。

夏瀬先生は明るく親しみやすく、疑問に思ったこともすぐ質問しやすい雰囲気の講座でした。
一緒に受講した方々も積極的に質問したり、
「私(または身近な人)はこうなんです」って具体例を挙げてくれたりで、
熱心&和気あいあいとしたムードで進み、大変興味深く楽しい時間を過ごせました。
受講申し込みをする時には、
西洋占星術がまだ初心者マークをつきっぱなしな状態でぜんぜん進歩してないのに、
新たな占いに手を伸ばしちゃっていいものか!?と悩んだりもしたのですが、
やっぱり新しい(興味ある)ことを知るのって楽しいです!

前回書いた通り、私の中心星は「玉堂星」です。
水の性質、習得本能の星。
算命学を知った最初のころ、正直「習得本能」と言われてもぴんときませんでした。
「お勉強好きでしょう?」と言われたって・・・、学生時代も成績優秀じゃなかったし・・・、という感じ。
しかしこういう講座で興味あること、知りたかったことを教わって、
そうだったのか!と感じる喜びは、「知るは楽しみなり」なんだー!と痛感します。
そしてそう感じる自分はやはり「玉堂星」なんだな、と。
思えば、学生時代も、得意というか、好きな教科だけは成績良かった。
というか、好きなものは勉強することが苦じゃないんですよね。

一方であんこ先生のブログには、こんな一節がありました。
「アウトプットVSインプット」
>勉強してるじゃん!っていわれるけど「遊び」の一環なんです!
>勉強することが楽しいのではなく、楽しいことのパーツが勉強ならやるってだけ・・・
>「知って嬉しい」という喜びはないのです。

「知るは楽しみなり」の私はこの文章を読んで、
(そういう考え方があるのか!?)とたいへん驚愕しました。
そしてほんとに火性の星が強くて水性のないあんこ先生と、
水性中心で火性の星を持たない私では、性質というか考え方が違うんだなー、と納得。
違いというのは面白いものですね・・・。

☆                            ☆                          ☆

>そういえば私が、
>「上を向いて口を開けて『私に知識をちょうだい~~』と立っているのが玉堂星」と言ったら
>「龍高星は口を開けたまま走ってます」と龍高星中心の美人が言っていた・・・


龍高星美人のこの発言、実際その場で聴いてましたが、上手いこと言う!と痛感。
同時に龍高星の性質というものがすっと腑に落ちたような気がします。
(私の体感だと)玉堂星は机上の知識収集にいそしみがちで、頭でっかち気味なので、
自らの足で目で実際のそのものに触れて吸収するのだ!と、
走り出してゆく龍高星はとてもまぶしいです。
西洋占星術の射手座みたいな印象。

CIMG2784
私と同じく中心が玉堂星、戌亥天中殺の夫の本棚の一角。
『陰陽道の本』は五行についての講座の後に読んだら面白かったです・・・。




『算命学基礎講座』受講しました(10~11月ウラナイトナカイ)

ウラナイトナカイで開かれていた『算命学基礎講座』を受講しました。
夏瀬杏子先生が講師の日曜ver.全3回、とても興味深く楽しい時間でした!
「知るは楽しみなり」だなあ・・・、とつくづく思いました。
皆でわいわい楽しみつつ、うんうん頭ひねって学びつつ、という感じで講座全体の雰囲気もとても心地良かったです。
あんこ先生、ご一緒した皆さま、どうもありがとうございました!

☆                         ☆                          ☆

個人的に嬉しかったのは、陽占の出し方(生年月日からどのように導き出されるかのロジック)が理解できるようになったことです。
以前、天海玉紀先生の算命学の単発講座で同じ内容を聞いたのですが、これがもう、ほんとにちんぷんかんぷん。
何を言ってるかすらわからず、呆然としている私を見かねたのか、同席していた他の受講生の方が解説してくれたのですが、それでもまったく歯が立たず・・・。

天海先生の教え方に不足があるわけではもちろんなく、私の頭は説明を受けてから理解するまでに時間がかかるし、何回も勉強を繰り返すことが必要なんだな、とつくづく思いました・・・。
逆に言うと、分からなくてもとにかく聞く、見る、アタマの中に溜め込んでゆくことが大切なのかも。
私の中心星は玉堂星、水性っぽい性質なのですが、「水」は知性であり、こつこつ溜めていく性質、なのだとか。
時間をかけて一滴、一滴蓄積されていったものが、ある一点を超えた時、あふれだして理解に至るのかもしれません。

今回も「分かった!そういうことか!」と勢い込んで命式書いてたら、他の人の出した命式と全然違っていて「間違ってる!まだ分かってなかった!」と気づき、同席の受講生・Kさんに
「このプリント(夏瀬先生が用意してくれた)先にやった方が分かりやすいですよ」と助言をもらい、
ようやく頭の中で整理がつきました。

また、今まで算命の占いで観てもらった時、言われたことの理由(というかなぜそれが出たか)が、自分の命式を出していく過程でだんだんわかってくるのもすっきりしました。
「なぜ?」「どうして?」理屈を知りたい月双子・・・。

☆                       

そしてやはり私の命式には「火」の要素、喋って、歌って、踊って、文章を書いて、「表現する」要素が足りないらしい。
「がんばってブログ書いて!」とあんこ先生にはっぱをかけられたので、頑張って更新しますです~。

161120_2314~001
伊豆大島のおみやげ手ぬぐい。
煙を上げる三原山に椿の花、「わたしゃ大島御神火そだち 胸に煙はたえやせぬ」。
民謡『大島節』の歌詞ですが、「胸に炎は絶えやせぬ」というバージョンもあるみたいです。
胸のうちを火山に例える女性って情熱的ですね・・・。
心に炎を!ファイヤー!
プロフィール

あかつきと読みます。西洋占星術歴約7年、太陽乙女座、月双子座、天秤座に天体多め。算命学では玉堂星中心、戌亥天中殺。
占いの勉強や講座レポートなどを書いています。

ギャラリー
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート⑥
  • 2020年新年のご挨拶
  • ツイッターはじめました
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート⑤
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート④
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 ふりかえりレポート②
  • 占いクラスタおとなの自由研究発表会 無事終了しました
  • 11/30「占いクラスタおとなの自由研究会」各人の研究内容&タイトル 発表になりました~
  • 「占いクラスタ おとなの自由研究会」の発表内容が(ようやく)かたまりました