ほしよみ練習帳

永遠の初心者が占いについて思ったり考えたこと、講座受講のレポートなどをつづるおぼえがきノートです。 西洋占星術と算命学をかじっています。がじがじ。

2015年03月

対岸の彼女~『占星術夜話会 ~魚と乙女~』(2/24 中野トナカイ)感想②

こちらは感想、といいますか、個人的な雑感を。

今回おとめ座サンプルとして参加させて頂きましたが、
私は太陽おとめに対して月ふたごがスクエアです。
そのためか、割とぐるぐる悩みがち、
理想と現実に矛盾を抱えているのが常なので(最近は割と落ち着きましたが)、
こういうのは果たしてちゃんとサンプルになれるのかな?というのがちょっと心配でした。
(出席してみたら、もう1人のおとめ座サンプルさんが
「これぞ正統派おとめ座!」という感じの方だったので、ひと安心でしたが)

そんなわけでせめて見た目だけでも!と「乙女座コスプレ」で赴きました。
テーマは「女事務員」。
ボタンダウンシャツに濃色のVネックセーター、グレーのプリーツスカートに黒タイツ。
ほんとはもっと「事務員」ぽいシャツとカーディガンの組み合わせもあったんですが、
春物で薄手なので、2月末ではさすがに寒い!と断念。
あと、伊達めがねもかけようかと思ったけど、普段し慣れないので集中できなそうで止めました。
ピアスはパールで、魚座を意識。

・・・こういう細かいこだわりが、おとめ座に対してイライラする人からすると、
「そんな細かいとこ、どーでもいいよ!!」なんでしょうね(苦笑)
実際、前もって「自分のおとめ座っぽいところはどこか・・・」と考えてる時間より、
着て行くものに悩んでる時間の方が長かったと思います(苦笑)

レポートの方でも書きましたが、主催&司会のmaru先生がうお座だからか、
うお座にかなり厳しく、うお座のダークサイド(?)をいろいろ語って下さった反面、
おとめ座に対してはかなり甘い、というか賞賛して下さっておりました。
でもねー、おとめ座にもダークサイド、というかダメなとこ多々あると思うんですよ・・・。
(まあそれはどの星座にもどの人にも、良い面悪い面両方ありますが)
「こだわりが細かすぎてめんどくさい」「完璧主義だが大局を見ない」とか。

maru先生がブログ
もしも私がドラマプロデューサーなら、乙女座俳優を抜擢したい。
制作側の高い要求にも柔軟に応えそうだし、撮影日までにセリフも一字一句完璧に覚えて
演技のバリエーションも揃えて完璧に準備してくれそうだし、安定感ハンパないもーん。

と書いてらっしゃいましたが、
おとめ座のダメなとこが出ちゃってる俳優だったら、
例えばそのドラマの時代背景を調べ上げるために関連書籍を読みまくり、
ちょっとした時代考証家並みに詳しくなってしまい、
自分の役どころにもこだわりをもって「この職業の人はこういうしぐさをしてたらしい!」と
演技に必ず取り入れるんだけど、ドラマの流れとしてはあまり意味ない、というようなことになりそう・・・。
ほかの出演者の役についても調べて、
「こういう喋り方したらしいよ!」とか助言してくれるんだけど、
やっぱりドラマそのものにはあまり関係のないところなので、
(熱心でありがたいけど意味がないんだよねえ…)と思われてしまうとか。

うお座さんの気持ち、というか実感についてはびっくりするばかり。
「誘われると断り切れなくてダブルブッキングが発生しちゃう」って?
「他人との境界がイマイチわからなくて融けてた感じ」って、何!?
ほんとにうお座はミステリアス。

うお座については、「うお座は分からない、ということが分かった」が結論でしたが、
なんというか「理解しよう」としてはダメなのだな、と。
そういうものなのだ、とまるごとのみこむしかない。
すべてを飲み込み、すべてを含むうお座を、これまたまるごと受けとめるしかないのですな。
(そういえばmaru先生の屋号は「まるごと食堂」だ!)

そして今回、私はもう1人のうお座サンプルFさんにうっかりひとめぼれ。
席が正面だったのですが、最初ばたばたしてた私は気づかず、
途中で何気なくお顔を見たとたん、恋に落ちました(笑)
雰囲気があって、ミステリアスで、ふんわりと色っぽくて目が離せない。
いやあ、うお座の魅力というか吸引力ってこれだな!と身を持って知りましたよ。
あまり発言されないなー?と思っていたら、maru先生のお友達で、占星術には詳しくないそう。
しかしその場に自然に馴染んでて、その感じがまたうお座っぽい・・・。

maru先生とFさんは「(うお座は)合コンとか行かないよねー」と頷きあっていらっしゃいましたが、
でもきっと「人数足りなくてー、お願い!」って拝み倒されたら、
仕方ないな、と流されて行っちゃうのではないか。
そしてそこで惚れこまれて、押し切られて交際、ということになるのではないか、と、
うお座の魅力を前にすると想像してしまいます。
(でもうお座がいったん「イヤだ」って思ったら、もうダメなんだって!)

・・・とまあ、非常に濃密で面白い会でした。
サイン理解を深めたい、という方におすすめです。
来週には早くも「占星術夜話会 ~牡羊と天秤」が開催されるそう。
天秤座には個人天体集合してるし、おひつじ座には最近興味が出てきたのですが、
個人的事情でしばらくは行けなそうなのが残念!
また機会見つけて参加できますように。

                               ☆
(2015/3/31 追記)
maru先生のブログでこのレポートをご紹介頂きました。
「占星術夜話会 ~牡羊と天秤」は本日(3/31)開催とのことです。
当日飛びこみも歓迎だそうですよ!
(「飛び込み」や「飛び入り」っておひつじ座っぽいですね)

『占星術夜話会 ~魚と乙女~』(2/24 中野トナカイ)参加レポート①

もう1か月前になってしまいますが、
まるごと食堂maru先生主催の『占星術夜話会 ~魚と乙女~』に参加して参りました。
この会の「オポジションの関係にある2つのサインについて話す」という形式がいいですね!
サイン(星座)単体だと、興味持てなかったり、
または自分が持っててよく知ってるからいいや、と流してしまうのもあると思うのですが、
サインを2つ組み合わせることによって、
どっちかには自分に関係・興味のあるサインが入ってくるのではないか、と。
話題は2倍、会の回数は半分。
すごいアイデアだなー。

私は太陽乙女座で、月は双子座、アセンは射手。
柔軟宮だらけの中、魚座は唯一星を持たないサインです。
なのでいまいち理解というか実感を持てないのだけど、
でも親しい、というかこちらが好きな友人はうお座であることが多い。
そんな「あなた(魚座)を・もっと・知りたくて」な気持ちと、
太陽乙女座サンプルとして参加させて頂きました。

参加者はmaru先生含め、7人。
テーブルに着席して話し合う形式で、
前方のホワイトボードには、今回のサンプルの人のホロスコープが描いてありました。
自分のホロスコープ見られながら発言するって、
履歴書見られながらの面接というか、
過去の写真見られてるみたいなちょっとした気恥ずかしさが・・・(笑)

maru先生が司会となって、
「乙女座の人はこんな時どうですか?」「魚座はこうだよね?」と
サンプルの人に話題を振っていってくれます。
サンプル以外の参加者にも「○○さんはこれを聞いてどうですか?」と問い掛けたりで、
全員まんべんなく発言できる感じでした。
参加者みなさま星座エピソードをふんだんにお持ちで、
聞いててとても面白かったです。

maru先生のアイデアでもう1つすごいと思ったのは、
参加者の席にその人の「アセンダント・太陽・月」のサインを書いたカードが置いてあったこと。
発言を聞きつつ、その方のサインを見て、
(なるほど・・・)と思ったり、(こういう風に出てくるのかな?)と考えたり。

うお座・おとめ座の話題のみならず、
「ノーアスの星をどう生かすか?」について盛り上がったりもしました。
「土星が射手座に入って影響はどうか?」という話題もあったのですが、
正直、まだ影響の実感がないからか、はっきりしない答えしか返せなくて、
サンプルとしては申し訳なかったなー。

maru先生自身がうお座のためか、うお座にかなり厳しく、
反面、おとめ座にはかなり甘い、というか高評価をして下さっていたので、
おとめ座サンプルとしてはかなりゲタ履かせてもらっちゃったなー、と(苦笑)
私自身は、いろいろあっても、やっぱりうお座は「大好きなお友達」だなあ、と。
オポジションのサインって「緊張感のある関係、ライバル的存在」と表現されたりしますが、
うお座とおとめ座はお互いにお互いが好き、というか、
自分にないものに憧れあってる相思相愛な感じがします。
(もちろんケースバイケースでしょうけど)

この夜話会、とても興味深く、面白い体験だったのですが、
魚座のぼんやりパワーか、どんどん記憶があやふやに・・・。
きちんとまとめておかなきゃ!と乙女座力を発揮しようとしたものの、
なんだかんだで(レポ書きかけのテキストデータが保存されてなかったとか)
すっかり時間が経って、魚座の季節は終わってしまいました。
でもこの会を経て、うお座&おとめ座についていろいろ考えたりしたので、
時期遅れではあるけど、ちょこちょこ書いてゆきたいです。

個人的な感想、というかもうちょいつっこんだ内容は次の記事で。

春分が来ました&新月のはなし

来ました、というかもう彼岸が明けてしまったようですが、
春分は西洋占星術のお正月、おひつじ座の季節の始まり。

前の記事で「なんか物事進まない・・・」とぐだぐだ言ってましたが、
春分来たら、ほんとにいろいろスムーズに流れだし、進みだして、
なんだか露骨すぎて笑ってしまいました。
(春分だから・・・)と思い込んでる
プラシーボ効果みたいなのもあるだろうとは思いますが、
それにしても、どんどん振り向かず進んでくこの感じ、
これがおひつじ座のパワーなんでしょうか。

そして「占い師・セラピストのためのWeb活用講座」レポートの記事(こちら)を、
猫澤ふらん先生のブログ「ネコと占いと私」で紹介していただきましたー!
自分の文章というか、体験や感想を読んで頂けるのはうれしいです。
あたらしいことのはじまる、おひつじ座っぽい。

ところで20日の新月。
私のホロスコープだとどこのハウスで起こったのかな?と
遅ればせながら調べてみたら、4ハウスでした。
4ハウス・・・家、家庭、家族、居場所
・・・おおお・・・、心当たりがあるというか、
ここで何か新しいことが起こるとするとアレか、もしくはああいう展開か・・・。
対向のハウスも見るべし、というと10ハウス。
わー!私のネイタル乙女座太陽が入ってるおなじみ10ハウス!
10ハウス・・・社会的地位、仕事のキャリア
いま現在、この10ハウス乙女座太陽を存分に生かしきれず、
はがゆい思いをしているのですが、
この4-10ハウスライン上で「終わり、そして新しいものが始まる」って、
えーと・・・。

深く考え出すとドツボにはまりそうなので(ぐるぐる悩み続ける柔軟宮過多)、
ここは軽めに「家の大掃除&大整理」と読み解いて、
しばらく掃除や不用品の整理にいそしむことにします。
何か起こった時にためらいなく動けるように、
やりかけは片づけ、身軽にしておきましょう。

土星逆行、うお座新月、日食、そして春分

土星が逆行してるそうですね。
いろいろな占い師さんのブログを読みあさり、
「ほうほう!この期間に断捨離を!」「射手座土星なので勉強の復習をするといいのか!」などと
有意義な過ごし方を模索してたのですが、さっぱり実行できてません。

というか、物事が進まない。
・誘われた用事の日程が、先方の病気ではっきり決まらずペンディング
・その用事が入るかもしれない・・・ので、他の用事の日も決められない
・単発の派遣仕事を入れた日に用事が重なり、仕事の日を変更してもらえるか問い合わせたら、
担当者がお休みで、調整は次の日に繰り越し

片づけやろうとしても、勉強しようとしても集中できず、
なんかふわふわして、気持ちが定まらない感じ。

そのうえ、
・書類の記入ミス
・知人に携帯メールを送ろうとして、同じ苗字の従姉に送ってしまった
などと、普段あまりやらない系統のうっかりミスを連発。
そしてとどめに
・ブログ記事の下書きで、結構な字数のテキストデータを保存せずに書きかけのまま置いといたら、
家族にパソコンの電源切られて、消失・・・

なんかもう、土星じゃなくて、水星逆行なんじゃないの!?
普段の水星逆行でも、こんなベタなミスかまさないのに(データはこまめに保存する派です)、
いったい何が起きているのか・・・。

うお座の最終度数で新月だから?
日食も起きるらしいから?
明日は春分、1年の始まりの直前だから?
春になって暖かくなって、気持ちがそわそわしてるから?

・・・どれもみんな理由なのかなー。
なんかこう、ふわふわと溶けるように気持ちが定まらないのは、魚座っぽいな、
魚座に海王星もいるしな、と思いますが。
軽い頭痛と眠気を抱えつつ、近所に住む友人と彼女の仕事帰りに落ち合い、
3時間くらいしゃべってデトックス。
とりあえず今夜はお風呂入って、早く寝ます。

明日から気持ち切り替えてぱしっと行きたいな!

「占い師・セラピストのためのweb入門」講座(3/10 中野トナカイ)受講しました

3月10日の火曜日、中野トナカイで行われた
猫澤ふらん先生の「占い師・セラピストのためのweb入門」講座に参加してきました。

「(プロ占い師ではなく)趣味の範疇でも大丈夫」ということだったので、
作ったけどなかなか更新しないこのブログのモチベーションを上げるため!
というのが目的でしたが、
実のところ、ネイタル月ふたごの好奇心を満たすため、も大きかったかもしれません。
メールもネットも使ってますが、自分でホームページ作ったことはない。
IT関連部署で働いてたこともあるけど、私は事務仕事担当で、
全然分からぬまま、単語だけは聞き覚えて「IT耳年増」状態(苦笑)
「『Word Press』って結局なにー?」みたいな状態を、もうちょっと進歩させたいな・・・、という。

当日行ってみたらば、
私以外の参加者の方は、皆さん、占い師・セラピストとして活動されてるプロ。
しかもご自分でホームページを構築できるくらいITスキルが高かったり・・・。
私ひとりカラをかぶったひよっこで、ぴよぴよと質問しまくりでした。
ご同席の皆様、ご迷惑おかけしました・・・。

ふらん先生は愛猫家とのことですが、
ご本人も猫っぽく、すらりとした印象のクールビューティ。
以前、手相講座も受講したことがありますが、
お勤め経験豊富なだけあって、話しかたも理路整然として、ビジネスプレゼンを思わせます。
男性ビジネスマンに受けそう・・・。
もちろんクールと言っても冷たいわけではなく、親切に質問や相談に乗って下さいますよ!

講義のなかみは、Web界の流れやシステムの構造について図解や例えを交えつつ説明が。
単に口頭での説明だけでなく、
実際にノートPCでそのシステムを使っているブログやホームページを見せてもらえるので、
大変分かりやすかったです。

そしてホロスコープ(占星術)から見た、
Web活用するための、その人の傾向やおすすめ形式などのアドバイス。
ただ、前述のように私以外の全員が占星術プロだったので、
みなさま説明されてからの、のみこみが早い。
「□天体が多数なので○○で××した方がいいかと」
「ああ、なるほど!」みたいに、私が(えーと・・・?)とか考えてる間に話がどんどん進む。
私の傾向と対策もきちんとアドバイスしてくださって、その時は「なるほどー」と思ったのですが、
時間が経つとけっこうぼんやりに・・・。
もっともこれは私の目的じたいがぼんやりしてる
(プロとして宣伝のためホームページを構築する!というような明確な目的がない)
せいだと思いますが、
きちんとメモ取っとかないとな、と反省(←受講の基本だ)。

そして実は参加者全員ほぼ同世代、ネットに関わりだした時期も90年代後半から、とお揃いで、
インターネット黎明期のなつかしトークもちらほらと。
「ネチケット」ってそういえば最近ぜんぜん聞かない言葉ですね!

占いやセラピストに限らず、フリーでお仕事されてたり、趣味だけどいずれは仕事にしたい、
ホームページやブログ始めよう、持ってるけど活用できてないなあ、という方は
このWeb活用講座すごくおすすめだと思います。
分からない時って、「自分が何を分からないのか」さえも分かんないんですよねー。
ふらん先生の分かりやすい説明で、
「自分は何を分からなくて、どこが苦手そうか」
「この部分は人に相談、あるいは委託した方がいい」というのがはっきりしてくるのでは、と。

講座前日のふらん先生のブログに、
システムやテクノロジーの変遷と星の動きについての記事が上がっていて、
「水瓶的なシステム」:ネコと占いと私
講座前に読んだ時にはいまいちぴんとこなかったのですが、
受講してみたら、なんかすごく腑に落ちました!

いまだにPHS使用、モバイル機器は持たず、
こないだ初めて「スマホで電話をかける」ということをしました!という、
お前はほんとに月ふたごか?水星てんびんなのか本当に!?というアナログ人間な私ですが
(水星ふたごだと、新しもの好き、や家電・ガジェット好き、になるのかな。
全人類スマホ保持が義務だったら、
水星てんびんは空気を読んで
「最新機器じゃないけどそこそこいいカンジ」のスマホを持つのかも)、
かたくなになりすぎず流れを知っておくことは必要だなー、と思いました。

                          ☆ 

中野トナカイでの講座は他にもいろいろ受けているので、
思い出せるものはレポを書いてゆきたいです。
ポイントカードがあったらマグカップくらいはもらえそうな頻度で、
ブロードウェイに通っています・・・。

                          ☆ 
(2015/3/25 追記)
ふらん先生のブログ「ネコと占いと私」でこの講座レポ記事を紹介して頂きました!
5月15日に再びWeb活用講座が開催されるそうです。
ウェブ活用、次回のワークショップと個別相談
プロフィール

あかつきと読みます。西洋占星術歴約7年、太陽乙女座、月双子座、天秤座に天体多め。算命学では玉堂星中心、戌亥天中殺。
占いの勉強や講座レポートなどを書いています。

ギャラリー
  • 作品と星~『マリーマリーマリー』
  • 占い資料の整理・片づけ
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その2(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • V6メンバーの太陽星座を3区分4元素表(芸能人バージョン)で見る
  • V6メンバーの太陽星座を3区分4元素表(芸能人バージョン)で見る
  • 香りと魔除け