ほしよみ練習帳

永遠の初心者が占いについて思ったり考えたこと、講座受講のレポートなどをつづるおぼえがきノートです。 西洋占星術と算命学をかじっています。がじがじ。

2019年参加講座・イベントリスト

コンレポを書いて生きていく!」と意気込んだので、ひとまず、去年参加した講座・イベントをまとめてみました。
(鑑定・鑑定イベントは除いてあります)
レポートを書いてないものは、書いたらリンクしてゆく心づもり。


2019年に参加した講座・イベント

2/2 「タロットで年運を読む講座」(夏瀬杏子先生)

3/21「更年期という波に乗る~更年期講座」(白鳥ともみ先生・ヤスミン先生)

4/13「占いオフ会」(夏瀬杏子先生)

5/3「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」(天海玉紀先生)
レポート途中(イントロダクション


(番外編を書きたい)

9/1「十大主星講座~龍高星・玉堂星~」(夏瀬杏子先生)

9/14「ウラナイ8 お披露目会」(ウラナイ8)

10/5 「セルフマッサージ講座」(天海玉紀先生・白鳥ともみ先生)

10/6 「十二大従星講座 ~天貴・天恍・天南星~」(夏瀬杏子先生)

9/16、10/20、11/30「占いクラスタおとなの自由研究発表会」(星見当番さん・ウラナイ8)
レポート ~ 


2019年、こんなに講座受講してたのか!?
年運講座とか、更年期講座とか、もっとずっと前に思えます。
9,10月の受講ラッシュっぷりもハンパないな・・・、11月は「占いクラスタおとなの自由研究発表会」の他に、旅行も行ってたしなあ・・・。

「天体ドロップで見るSNS利用法(zoom講座)」レポート(2020/4/7)

前回に続き、みずまち☆ゆみこ先生のZoom講座を受講しました。
今回は4/7の「天体ドロップで見るSNS活用講座」

今回も面白かったです。
占いそのもの以前に、いまこんなにいろいろなSNSがあるんだー!ということを知れました(笑)
他の受講者(参加者)の方が「このサービスはこういう特徴がある」「○○は合わなかった!」等、詳しく教えてくれるので、それもまた面白い。

もちろん天体ドロップとしての占い視点も、視覚的に分かりやすくて興味深かったです。
3区分・4元素のどこに星が集中してて、どこに星がないのか、ひと目で分かる。
今回、みずまち先生が各SNSを言い表す1行キャッチコピーをつけてらしたのですが、それがまた特徴が分かりやすくてよかったです。

受講してみての感想は、「自分が使い勝手が良かったり、納得するSNSは、自分の天体と同じ星(または同じ区分・元素)を持っている」傾向が多いな、と。
(そのSNSの使いどころがいまいちピンとこないなー)と思ってるサービスは、天体ドロップ表を見ると自分の天体の星座欄は空だったり、自分にない要素がいっぱい!だったり。
仕事と趣味でのチェックポイントの違いなども教えて頂いて、昔使ってた&今使ってるSNSの答え合わせができたり、今後、あの趣味ではこのサービスを使って行こうかな、とか考えられて楽しかったです。
私は占い関係については、Twitterを続けていくのが良さそう。
noteも興味あるんですが、系統立てて文章を整理できないと聞いて、うーん、となってます(このへん太陽乙女っぽい?)。

講座時間が2時間から1時間半になり、集中力のない私でも集中して聴けてありがたかったです。
自分でも快適な環境づくりの努力を!と、視聴時のイスを変えたり、低反発クッションとか用意しました。
Zoom使うのもだいぶ回数を重ねたし、慣れてきたかな?と思ったら、Webカメラの選択手順を間違い、あまり映像参加ができませんでした。
いつになったらZoomに慣れるのか・・・。

IMG_20200313_095704


同じテーマで4/4にもZoom講座があって、そちらを受講したTAZNさんの受講レポート。

「天体ドロップで見るSNS活用講座」で自分に合ったSNSを探す

このレポートの中で、天体ドロップについて
ホロスコープ上の複雑な情報が、整理され使いやすくなります。
とズバッと端的に書いてらして、(そう、それを言いたかったー!!)ってなりました。
TAZNさんは太陽水瓶座だそうで、さすが風エレメントの表現力。

<追記・4/25>
みずまち先生が、受講者のレポートをnoteにまとめて下さいました。
趣味と仕事でのSNSの使い分けポイントなども書かれています。

コンレポを書いて生きていく

家にいる時間が取れるようになったこともあり、ここのところ、ずっと家の中の片づけをしています。

日常のゾーンはやや片付き(「やや」ですが!まだまだ見てみぬふりがありますが!)、引っ越しの時に持ってきたものの、棚に入れたままだったものの整理に手を出しました。
結婚する時に実家から持ってはきたものの、中身自体はずっと見てない箱や書類を久しぶりに開けてみたり。
V6関連のファンクラブ会報や切り抜きなども、がさっとまとめたままだったので、一念発起して整理・収納にいそしみました。
整理してると2000年のコンサートチケットとか、2005年の10周年イベント時の会報とか出てきて、(マジであれから20~15年経ってるのか・・・)とめまいがしました(苦笑・一時期処分しちゃったりで全体量はそんなにないんですけどね)。

そんな中から、手書きの「コンレポ」が出てきました。
「コンレポ」は「コンサートレポート」の略で、コンサートや出演舞台やその他イベントとかに観覧・参加した際に、曲順とか演出とか、MCでメンバーの会話・じゃれあい(笑)などを、のちほど記憶を頼りに書き起こし、文章化したものです。
2000年代ひとケタ台は、インターネットが個人の課程に普及して「個人サイト」が隆盛だったころ。
コンサートツアーや舞台が始まると、コンレポの掲載が始まったり、募集があったり。
(個人サイトも全員が持ってるわけではないし、サイト主もコンテンツとしてレポートを募集していたりしたので)
そういうところに送るため、メールテキストとして打ち込む前の、「書き起こし」が残っていたわけです。

好きなメンバーの言動だけに終始する人ももちろんいるのですが、私は「6人まとめて好き」なこともあり、なるべく6人均等に言動に触れるようにしたり、演出や衣装の描写に凝ったりしてました。
でも、(いまもそうですが)どうしても文章が長くなってしまうあまり、当日に感じた「これを言いたい!」ということを入れるのを忘れて、あとで地団駄踏んだり。

巡り巡って、今は占いの講座やイベントの様子を文章にしてブログにアップしているわけですが、それはここでつちかった技術だったんだな・・・、と裏紙に走り書きの「コンレポ」を読み返しながら、こういう「レポート」を書いてずっと生きていきたい・・・、としみじみと思いました。
占いに限らず、旅行や観劇や映画、イベントなど、自分が遭遇したできごとを文章にして、それを誰かに読んでもらいたい。
算命学の命式だと、私の中心星である玉堂星を、上下から禄存・司禄星が剋しているので、「読んだよー」という反応は欲しいのですが、結局のところは読んだ人の役に立ったり、面白い時間を提供できればいいな。
今日は満月の日なので、「コンレポを書いて生きていくのだー!」とこっそり宣言しておきます。

IMG_20200408_160548

しかしいまどきは、100円ショップでこんな「チケット専用A4サイズ26穴リフィール」なんて買えるんですね!
「推し活応援コーナー」みたいなのが設置されてて、いろいろ使い勝手良さそうなものが他にもありましたよ・・・。
便利な時代だ。
プロフィール

あかつきと読みます。西洋占星術歴約7年、太陽乙女座、月双子座、天秤座に天体多め。算命学では玉堂星中心、戌亥天中殺。
占いの勉強や講座レポートなどを書いています。

ギャラリー
  • 作品と星~『マリーマリーマリー』
  • 占い資料の整理・片づけ
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その2(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • V6メンバーの太陽星座を3区分4元素表(芸能人バージョン)で見る
  • V6メンバーの太陽星座を3区分4元素表(芸能人バージョン)で見る
  • 香りと魔除け