ほしよみ練習帳

永遠の初心者が占いについて思ったり考えたこと、講座受講のレポートなどをつづるおぼえがきノートです。 西洋占星術と算命学をかじっています。がじがじ。

石門&貫索星はすごい

『絵日記でもかいてみようかMAIDO』という個人サイトがあります。
サイト主の「ゆみぞう」さんが日・祝以外、アップする絵日記がメインコンテンツ。
シンプルながら2001年の5月からずーっと!ほぼ毎日更新され続けている、老舗の個人サイトです。

2000年の一桁代には、個人が運営している日記系個人サイトが隆盛でしたが、その後ブログが流行り、ツイッターが流行り、今や個人サイトは大半が閉鎖されています。
そんな中、スタイルを変えずに「ほぼ毎日更新」を貫き続けるゆみぞうさんはすごいなー、と思い、生年月日を公開されていたので、算命学の命式を見てみました。


中心が石門星、そして南の星が貫索星。
もうこれだけで「マイペース!他は気にせずコツコツと!!」って感じがしますね…。
絵日記のイラストがメインコンテンツというか、ほぼそれだけしかコンテンツがなく、初期は弟さんに「コンテンツが少なすぎる」とダメ出しくらったりもしたそうですけど、むしろ1つにしぼって正解、なのかな、という気がします。
もともと漫画家として仕事をされてたそうで、主婦生活の中で画力が落ちないように、と個人サイトを始められたそうですが、その後本を出したりイラストのお仕事をされているので、セルフプロデュースとしての石門星も効いているのかも?
鳳閣&調舒星もあって、「表現する」のにぴったりですね。


(本のお仕事は「ほしの ゆみ」さんでやられているようです)

中年期は天堂星で、個人的に物事に動じない印象があります。
今みたいに社会的に大きなニュースがあって、みんなが不安になりがちな時も、ペースを変えずに淡々と、日常をユーモアを交えて描いてらして、読むとほっとします。
(ゆみぞうさんご本人は「読むとちょっとくすっとする」絵日記を目指してらっしゃるそうです)

それにしても約19年間、ほぼペースを変えずに更新されている、って、何度もいいますがすごいことです。
これが石門&貫索星のパワーなのか・・・。
私は東に石門星がありますが、いつもふらふらしちゃって全然落ち着きがないです。
爪のアカを煎じて飲みたい!

ふと気づいたけど、「ペースをくずさずに淡々とほぼ毎日繰り返す」を尊敬するのは、私が太陽乙女座であるからかもな、と思いました。
そういう風にありたい、けどなかなかなれない(月は双子座だし)ので、よけいに尊敬し憧れる。

今までのやりかたを変えられない

ちょっと前に、みずまち☆ゆみこ先生が「こころの中の壁をぶっ壊してみよう」という記事を書かれていました。

山羊座での土星・冥王星合は「既存のルールをぶっ壊し、新しく生まれ変わる」ことなので、自分の中で当たり前になっていることをぶっ壊し、新しい方法を模索する前向きなエネルギーに使っては?ということだったのですが・・・。
私のホロスコープでは山羊座は2ハウス。
「今までの働き方」をぶっ壊し、新しい働き方を模索しなければいけない。
頭では分かっているのです、頭では。
でもやっぱり、今までのやりかたを踏襲しようとしてしまう~(泣)

いま、新しく仕事を探さねばならない状態(具体的にはもうちょっと先ですが)なので、ここで方法を切り替えられるとよいのでしょう。
しかし今までやってきたやり方は自分にとって慣れ親しんだもの。
イチから新しいことをやって失敗してしまったら、天中殺時期に失敗して受けたダメージに、更に上塗りをすることに・・・。
そう思うと怖くて踏み出せません。

「占いで散々言われているのにやってしまう」ってよくあることだと思うんですが、人はなかなか自分で決めたことを変えられませんね!
客観的視点のために占いはあるはずなのに・・・。

まだ時間はあるので、しばらく悪戦苦闘してみます~。

作品と星~『凪のお暇』

このブログを始めた動機の1つは、マンガや小説なんかを、占い的に分析できたらいいなー、とことでした。
すっかりごぶさたしてしまっていたけど、久々に、マンガ読んだらこれは○○座っぽい・・・。と思う作品があったので。

凪のお暇 1 (A.L.C. DX)
コナリミサト
秋田書店
2017-06-16


大人気でドラマ化もされたコナリミサトさんの『凪のお暇』です。
さらさらストレートヘアに女子アナ的ファッション、ゆるふわ癒し系OL・・・、と思いきや、周囲の空気を読むことばかりに腐心して、ある日限界点が来て過呼吸を起こしてしまったヒロイン・凪。
仕事を辞め、三軒茶屋の部屋も解約して、立川の安アパートに引っ越し、自分本来の天然パーマヘアも取り戻し、貧乏節約生活を送る。
隣りの部屋の自由人・ゴンさんといい感じになるが、モラハラ男子の元カレ・慎二も追っかけてきて・・・?

ゴンさんがとにかく「魚座だー!!」と思いました。
魚座のダークサイドの方。
人当たりが良くて、受け入れる器が広くて、老若男女問わずその魅力にやられちゃう。
でも目の前にいない人には不誠実で、彼に惹かれた人はどんどん彼に依存するようになり、彼の不在が耐えられなくなって、作中の言葉を借りれば「あなたは私にとって害悪なドラッグだ」とゴンの元を去ってゆく。
このあたり、非常に魚座のダークサイドっぽい、と・・・。

いっぽう、元カレ・慎二は双子座っぽい。
営業部のエースで、それこそ空気を読むのが上手く、どんな人のふところにも入り込める。
反面、凪に対しては素直になれず(つきあってるのに)、凪視点で描かれるモラハラ的な仕打ちは、慎二視点で語られると、素直になれない「好きな子をいじめる」小学生男子のそれだったりする。

慎二に限らず、同じエピソードを違う人の視点からそれぞれ描く、という手法が取られることが多くて、コナリミサト先生自体に双子座の要素があるのかなー、と思います。

ヒロイン・凪はというと、頑張り屋でとにかく真面目。
「お暇」前は天然パーマヘアをストレートアイロンで毎朝まっすぐに伸ばしてる。
「お暇」後は、今まで自分が男性に頼って自立できなかったことに気づき、どうにか自立しようと模索したりしていて、努力家です。
まじめで責任抱え込んじゃうところは乙女座かなー、でも急に生活を変えちゃう勢いは射手座的でもあるような。
西洋占星術じゃないけど、算命学の車騎星っぽい印象。

あと、性的描写がちゃんと(?)入ってるのも印象的。
ストーリー上ちゃんと意味があって、しかもべたべたしてなくて描写がドライ。
これもなんか魚座っぽい気が。

現在7巻めが出てるんですが、「この話はいったいどこに行くんだ!?}とびっくりさせられます。
前巻までの流れとか予告から、(こんな流れになるのかなー)と思ってたのをまったく裏切ってきた・・・。
続きがいろんな意味で楽しみ。

作中で紹介される節約テクニックや節約料理も、具体的で実用性高いのでおすすめです!
プロフィール

あかつきと読みます。西洋占星術歴約7年、太陽乙女座、月双子座、天秤座に天体多め。算命学では玉堂星中心、戌亥天中殺。
占いの勉強や講座レポートなどを書いています。

ギャラリー
  • 作品と星~『マリーマリーマリー』
  • 占い資料の整理・片づけ
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その3(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その2(2019/5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • V6メンバーの太陽星座を3区分4元素表(芸能人バージョン)で見る
  • V6メンバーの太陽星座を3区分4元素表(芸能人バージョン)で見る
  • 香りと魔除け