ほしよみ練習帳

永遠の初心者が占いについて思ったり考えたこと、講座受講のレポートなどをつづるおぼえがきノートです。 西洋占星術に加え、算命学とタロットもかじりはじめました。がじがじ。 ご連絡は星をアットマークに変換してこちらへ(おてやわらかに)→ akatsuki.ho443☆gmail.com

残暑お見舞い申し上げます

IMG_20190815_134355

すっかりごぶさたしております。
先週は高原へ行っていました。
高原はお盆になるともう秋の気配が漂っています。
昼間はそれなりの暑さもありますが、夕方になると涼しい風が吹いてきて、夜は半袖では肌寒いくらい。
道端にもススキの穂が出ていたり、萩の花がちらほら咲き出していて、(ああ、もう秋なのかー、立秋ってほんとなんだなー)と思って過ごしていたのですが。
東京に戻ってきたら、暑い!!!
台風が通過した後なのでよけい暑さが増した、というのもあるのでしょうが、なんじゃこの暑さは・・・。
旅行中は東京に戻ったらあれをやろう、家の中を片づけよう、とか考えていたのですが、やる気は失せ、秋の気配もなにもあるか!!とクーラーかけてふて寝していました(ダメ人間・・・)。


ブログさぼってる間にいろいろなことがあったので、遅ればせながらまた書いていきます。


今も夜中だというのに外でセミが鳴いております・・・。
週明けから気温がちょっとは下がる、という天気予報が当たりますように。

「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その1(5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)

(アースダイバーツアー・イントロダクションはこちら
アースダイバーツアー当日の5月3日はゴールデンウィークらしい大変いい天気。
晴れてるけど暑すぎず、空気がからっと乾いて、新緑の間を吹き抜ける風が気持ち良かった!

住宅街の中にそびえ立つ大宮八幡宮鳥居。
改元直後ということで、こんな看板も。
IMG_20190503_095133

井の頭線の永福町駅から行くと、大宮八幡宮付属の保育園に沿った道から境内に入っていくことになるのですが、ここの保育園の建物の壁はトリックアートになってて面白い!
保育園の入り口のところにもかわいらしいトリックアートがあるので、行かれる方はぜひ見てみて下さい。
IMG_20190503_095255

境内の待ち合わせ場所にいた天海玉紀先生に声をかけて頂き、本日の資料をもらう。
そして15分後に八幡宮横の縄文時代の遺跡前に集合し、そこからアースダイバーツアースタート、だったのですが。
連休中ということもあり、八幡宮の境内では植木市にフリーマーケットなどさまざまなイベントが。
そんなのを覗いてみたり、お水を汲んでみたり(ツアー中の水分補給になりました)。
更に遺跡前へ行く道のすぐそばにある神楽殿では「古武術奉納大会」が行われており、剣道や古武術などをたしなむ人たちが集合。
IMG_20190503_095850

年配の男性の黒紋付の羽織に袴姿は渋くてカッコいいし、若い男性や女性が紺色の稽古着に紺袴なのも凛々しくてまた良い・・・、と見惚れて萌えて足が止まっていたら、他の参加者の皆さまはとっくに集合していたのでした!
しょっぱなからお待たせしてしまい、申し訳ありませんでしたー!

改めて玉紀先生からご挨拶、そして「アースダイバーツアー」についての説明が。
(このあたり、記憶で書いているので、実際の説明とは違います。詳しいことについては『アースダイバー』をお読み下さい)
・古代、東京の大部分は海の底であり、小高い丘に海岸線が複雑に入り組む地形だった
・その後、海面の高さが引き、小高い乾いた台地と、湿った低地(古代は海の底)になった
・この台地と低地の境目に神社仏閣、いわゆる「パワースポット」と呼ばれる場所が多い
・「サッ」の音は「境界」をあらわす、あの世とこの世の境目(崎、岬、坂、境など)
・小高い台地の神社の近くには縄文時代の遺跡が多い
この「神社と遺跡」は大宮八幡もそうだったし、代々木八幡も境内に縄文時代の遺跡がありますね。

ツアー参加者は玉紀先生とも初対面、という方から、講座でご一緒した記憶のある方、講座を受講したことのある先生まで。
出身も東京の人もいれば、もちろん関西など他地方の人も。
杉並地元!という方もいれば、出身は東京ではないけど現在阿佐ヶ谷在住の方、「このあたりで子育てして30年」なまついなつき先生まで、バラエティに富んでいました。

ツアー出発、まずは大宮八幡から善福寺川の方へ、坂を下って橋を渡るとそこは和田堀公園。
池の傍で、この「和田掘(ワダボリ)」という地名そもそもが、海に由来するのではないか、という話に。

内房から船に乗ってやってきた一族がこの地に住み着いたのでは、和田堀のワダはわだつみ(=海)のワダ?
大宮八幡の主神、八幡神は母子であらわされる、もともとは海の女神だったのではないか?


・・・玉紀先生がそんな説明をしている最中、私は背後の池に釘付けでした。
ちょっと遠くだけどよく見える場所で、カルガモ親子が水浴びを!
しかも子ガモが小さくてふわふわでかわいい!
初夏の日差しの中、水しぶきをあげてぴょこぴょこ動くカモたちのかわいさに見とれ、子ガモ小さいけどもっと良く見たい、ああっ、双眼鏡持ってくるんだった!(パワースポットツアーに?)
ふらふらと池に近づく私に玉紀先生が「どうかした?」と訊くので、「あの奥に、子ガモが水浴びを・・・!」と興奮して喋る私。
すると、まつい先生が「古代の人たちはああいうのを捕まえて食ってたわけですよ」
がーん!!
玉紀先生も「今夜はごちそうだぜ!子ガモは肉がやわらかくてうまい!ってところですねー」とケラケラと。
た、たしかにそうだ・・・。
子ガモかわいい~などと言っていられるのは、日々の食料に困らない文明生活だからこそ。
ショックを受けつつ、現代人の思考からは遠い、古代の狩猟生活のサバイバルっぷりを思ったのでした・・・。

あと、まつい先生が「住むにはこういうところ(水場が近い平地)の方がいいんだよね」とおっしゃってて、なるほど、と思いました。
乾いた小高い丘の上の方が水害にも合わないし、見晴らしも良いし地盤も安定しているけれど、特に水田の農耕生活をするには、いちいち高台から上がったり下りたりするのは不便ですよね。
東京は坂の上に高級住宅街がある(成城、御殿山など)けど、坂はけっこうきついし駅から遠かったりする(ので車生活)。
坂を下ってくると庶民の住む下町があって商店街があって、御用聞きは下の町から坂を上ってお屋敷街に行くんだよな、などと思いを巡らせました。
古代の農耕生活の人々は普段は川のそばの広い平地で暮らし、祭礼や水害の時だけ先祖が祀られた小高い丘に上ったりしてたのかな・・・。

不調と『更年期講座』と人生の有限と。

アースダイバーツアーレポート、次回からスタート!と言いつつ、平日は仕事でわたわたし、週末はお芝居観に行って一緒に行った友人と楽しく飲んだり、都会に車で出かけて道を間違えてひー!となったり、大雨に降られたりしていたら、見事に体調を崩してしまいました・・・。
身体が冷えたのか、疲れて免疫力下がったのか、ウイルス性で胃や腸をやられたらしく、お腹の調子がよろしくなく。
1週間近くおとなしく過ごして養生して、ようやく今日あたり体調が戻ってきた感じです。
お腹の調子が悪いと、なんというか全体に力が入らないんですよね。
「丹田に力を入れる」ということができないというか、まさしく「ハラがすわってない」状態で、ふらふらふわふわしてしまいます・・・。
思えば5月は鬼門なのでした。忘れてた(毎年こんなことを言っている・・・)。

だいぶ前ですが、3月にヤスミン&ともみん先生の『更年期講座』に参加した時のレポート記事を、ともみん先生のブログで紹介して頂いたのでした!
ご紹介ありがとうございます~(そして夏瀬あんこ先生が知らせてくれたらしい・・・いつもお世話になってますー)。
うかうかしているうちに、ともみん先生は「白鳥ともみ」先生にメタモルフォーゼされておりました。

ともみん先生には「ご自分のカラダに寄り添い思いやりをもってカラダとお付き合いされている印象の暁さん」って書いていただきましたが(ありがたくも身に余るお言葉)、正直、理想と現実は乖離しております。
『更年期講座』を受講して(ほうほう、なるほど!)といろいろ納得したのに、いざ実践となると大切なことがあさってに。
水が多すぎる体質なのですが、相変わらずつい習慣で水分取っちゃって、(はっ、お腹がちゃぶちゃぶしてる・・・)とか思うとやはり胃が不調になったり。
冷やしちゃいけないって分かってるけど、めんどくさくてつい温める手間をさぼって、結果やっぱり冷えてしまって不調になったり。
そして不調になって慌てて行きつけの鍼灸院に駆け込む、の繰り返し・・・。
足腰しっかりさせなきゃいけないタイプなので、意識的に歩くようにはしてますが、まだはかばかしい結果は得られておりません。
それでもたんぱく質は意識的に取るようにしたり、間食は甘いものじゃなくておにぎり食べたっていいんだな!とか、ちょっとずつでも努力して変わってゆければと思います。

というかほんとに、そろそろ更年期近くなってくる年齢なので、変わってゆかなきゃです。
この不調期間に、闘病中だった同い年の友人の訃報が届きました。
人生は長いけど、時に短いのですね。
人生がいつまでなのか、いつ終わるのかはわからない。
やりたいこと、やってみたいことはやれる時に!
そして健康寿命はなるべく長く延ばしたい!
常々思ってはいるけど忘れがちだったり、難しい。

ともみん先生の『更年期講座』がまた開催されるそうなので、更年期や漢方・中医学などに興味ある方はオススメです!
ステキなお姉さまな、ともみん先生を拝見するだけでも元気出てきます。
ヤスミン先生の笑顔&顔のお手入れワークショップも参加してみたかった・・・。
ミズマチユミコ先生の『冥王星による世代の価値観の研究会』も面白そうー!日程の都合がつかず参加できないのが残念です。
算命学の講座もいろいろ発表されてるので、また参加したい、と言いつつ、週末(土日)は1日出かけると、もう1日は家で休まないとその後が持たなくなってきちゃって。
他の予定と占い講座との調整が難しいのが悩みです。
コピーロボットが3体くらい欲しいわ・・・。
・・・ということで次回こそアースダイバーツアーレポートを書きます。
ギャラリー
  • 残暑お見舞い申し上げます
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その1(5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その1(5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・その1(5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・イントロダクション(5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・イントロダクション(5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 「ウラナイトナカイ・アースダイバー(ブラタマキ)」参加レポ・イントロダクション(5/3 ウラナイトナカイウォーキングツアー)
  • 平成最後の占いイベント~「平成チャクラ祭り」(4/30 ウラナイトナカイ)
  • 昭和と平成またいできました