ほしよみ練習帳

永遠の初心者が占いについて思ったり考えたこと、講座受講のレポートなどをつづるおぼえがきノートです。 西洋占星術と算命学をかじっています。がじがじ。

映画「易入門」が見たい

夏瀬あんこ先生の易講座でオススメ参考書の1つとして紹介されたのが『黄小娥の易入門』でした。
昭和30年に出版されてベストセラーになったそうですが、近年(2004年)に出版社を変えて再販されたようです。
昭和30年代ということで言い回しとか事例に出てくる芸能人とかいろいろ古いのですが、例が具体的だったり、卦の名前の漢字の意味の解説から始まったりしておもしろくわかりやすいです。
黄小娥の易入門
黄 小娥
サンマーク出版
2004-04-16


なんと、この本が原作になった映画があるのです。
「B・G物語 易入門」
1962(昭和37)年公開
燃ゆる思いを十円玉に秘めて、現代BGは易で勝負する!恋に泣くのも、笑うのも、十円玉の占いでズバリ!大映青春スタアで贈る明朗恋愛篇!
B・Gはビジネスガール、今でいうOLさんですね。
あらすじを紹介してるサイトがありました。

阿佐ヶ谷に古い日本映画を専門に上映している「ラピュタ阿佐ヶ谷」という小さな映画館がありまして、昭和30~50年代の作品を時々見にゆきます。
監督や脚本家、俳優とかにはぜんぜん詳しくないのですが、この時代のデザイン・風俗が好きで。
女性の洋服のデザインや、まだ日常着であった和服の着こなし、日々の暮らしぶりや半世紀前の東京の風景を見るのがたまらない。
(ツイッターだったら、昭和スポット巡りさんとか昭和元禄アングラポップさんとかが好きです)

いつだったか、この「易入門」のタイトル&あらすじを見て、(占いがテーマだ!というか、占い本を映画化!?)と気になっていたのです。
ウラナイトナカイで開催された「易で占うあなたの2016年」講座に参加して易についてちょこっと知り、(あの映画あらためて見たいなー)と思うように。
やがてラピュタで「易入門」を上映するというお知らせが!(ラブコメ大好き/ラピュタ阿佐ヶ谷
しかしそれは2019年11月中旬のこと・・・。
そう、「占いクラスタおとなの自由研究発表会」の直前だったのです。
発表が目前に迫り、資料を作ったり発表の練習をしたり、とにかく頭の中が研究発表と不安と緊張でいっぱい。
せっかく映画を見てもこれでは頭に入らないだろう、と泣く泣く見送ったのでした。

易の基本を習い、「易入門」を読むと、(やっぱり映画見とけばよかった・・・)という気持ちと、(占い好きとしては、本を読んでた方が楽しめるのでは)という気持ちが交差します。
あらすじに「飛び立つ渡り鳥」という場面で出た卦は、本で「飛び立つ渡り鳥(風山漸)」と表現されてるまんまなんだろうなー、とか。
ラストシーンの「カミナリが2つ並んでいるので再婚には良いでしょう」というのは「震為雷」だろうな(本には「結婚についていえば、初婚にはあまりよくありません。『雷』が二つ並んでいるので、再婚にはいいでしょう」とまんま書いてある)とか。

個人的に気になっているポイントは、『易入門』の著者である黄先生が冒頭に特別出演している!というところです。
本の著者紹介によれば、先生は「昭和三十年代に『謎の美人易者』として彗星のごとくあらわれ・・・」というのです。
「美人易者」というのなら、ぜひともそのご尊顔を拝みたい!

しかしいくらベストセラーだからって、実用本を映画化する?と思いますが、とにかく話題になったら映画!という時代だったのでしょうか。
塩月弥栄子『冠婚葬祭入門』(マナー本)や三島由紀夫『不道徳教育講座』(エッセイ)なんかも映画化されてるし。
「不道徳教育講座」は先日ラピュタ阿佐ヶ谷でかかってたのですが、タイミング合わず見にゆけず。
1作品、昼間の上映が3~4日、夜の上映が3~4日、その期間に土日が1回入る、くらいのスケジュールなので、予定がなかなか合わせずらいんですよね。
こんど「B・G物語 易入門」が上映されることになったら、絶対スケジュール合わせて見にゆくぞ!

IMG_20210914_215034

「易のかんたん基礎講座(ZOOM)」レポート(2021/9/4)

夏瀬杏子先生の易講座(ZOOM)を受講しました。
講座受けるのもZOOMも久しぶり!
久しぶりすぎてZOOMの入り方とか要領を忘れ、我が家のPCが新しくなったこともあって、受講直前にばたばたしてしまいました。
前にZOOM講座を受けたときもこんなことをしてました。学ばない・・・!

易の基本、占いのやり方、読み方のコツなど、2時間にぎゅっと凝縮して教えていただきました。
六十四卦については1個1個解説するのではなく、最初は本やネットを見て解釈していきましょう、というスタンス。
実際に占ってみてあんこ先生が解説してくれる、という時間もあったので実践ができてよかったです。
文章・文字(漢字)の意味から読み解いてゆくこともあれば、卦の陰陽の組み合わされた形から連想する、というやりかたもあり、おもしろいなー。
易用のサイコロも手に入れたので、実践していこう。

易サイコロが届いた日に「このサイコロとはどんなつきあいになりますか?」と振ってみて出た結果がこれ。
E-cyJrJUUAAYrMs


講座後にどんな卦なのか調べよう、と思っていたのですが、「沢山咸」の初爻、ということで「新婚夫婦がラブラブ」「少年少女の1対1の恋」みたいな意味が。
あんこ先生からこんなお言葉をいただきました。
易サイコロとラブラブに楽しく易をたててゆこうと思います!(笑)

蛇足ですが、講座久しぶりだからか、ZOOMだからなのか、集中力が保たなくてびっくりした。
2時間過ぎた頃にはもう集中力が切れていて、そこで占い実践、になったので助かりましたが、それもしばらく過ぎるとこんどは疲労で頭がぼーっと・・・。
講座終わり頃にあんこ先生が雑談みたいな感じで話題を振ってくれたのですが、アタマが回らず回答が思いつかない。
「集中力が切れてアタマが回らないですね~」とかいう言葉さえも出てこない!
やはりこれはオンライン特有の疲れなのか、それとも自分のあれこれが衰えているのか!?
自主的に休憩を挟んだほうがよさそうです。
あとはチョコやお菓子摂取して脳に糖分をまわすとか?

『何者』とアウトプット

朝井リョウさんの直木賞受賞作『何者』(2012年)を読みました。
何者 (新潮文庫)
朝井 リョウ
新潮社
2015-06-26



先に読んだ友人が「今の大学生はホント就活大変だな、って思った」というので、現代の就職活動の苦労やテクニックが語られるのかと思いきや、
「傍観者や評論家気取りで逃げるんじゃない!自分の思ったこと、表現したいものはもったいぶらず外に出せ!」という話でした
(個人の感想です)。

頭の中にあるうちは、いつだって、何だって、傑作なんだよな
お前はずっと、その中から出られないんだよ    

夏瀬杏子先生の先日のブログ記事「鑑定はじめの一歩」にも通じるところがあるような。
算命学でいう洩気が不足、ということかな・・・、いや、主人公もいらんものを洩れさせてはいるのだけど。
アウトプットは素直に、ということもこの本を読んで感じました。

高校生の時、中島敦の『山月記』を読み、(この主人公は私だ・・・!)と衝撃を受けましたが、今回もまた(この、思ったこともいちいち周りを気にして言えず、そのくせ内心では饒舌に批評家を気取り、他人を見下しては自分の優越を確認しようとする、この主人公は私だ・・・!)と衝撃を受けたのでした。
「インテリ(アタマで考えてばかりの理屈屋)の主人公が思考にがんじがらめになって臆病な自尊心を守るために論理で虚勢を張る」という話は、自分の痛いところに刺さります!
あと『おそ松さん』の「チョロ松ライジング」(第一期19話)を加えて3大衝撃だなあ(どういうラインナップだ)。

山月記・李陵 他九篇 (岩波文庫)
中島 敦
岩波書店
2015-01-01


しかし17歳の時に(これは自分!ガーン!!)となるのはいいとして、それから30年近くたっても(これは自分!ガーン!!)って同じこと思ってるって、進歩がない・・・。
まあ、人間そう変われるものではないということですね。
玉堂星中心のぐるぐる思考はそうそう直せない。
せめてそのぐるぐるを早めに外へアウトプットしようとこの文章を打っております。

本の冒頭に登場人物たちのツイッターアカウント&プロフィールが掲示され、「登場人物紹介」ともなっています。
文中にも登場人物たちのツイッターのつぶやきが出てきて、それが作品世界とうまくマッチ。
作者の朝井リョウさんは、ツイッターと就活に共通点を感じてこの小説を書いたそうで、単にSNSを小説に取り入れてみた、というのではなく、まさしくツイッターあってこその作品だな、と。

映画化もされています。
読後、本の感想レビューや映画レビューをネットで読んでみたら、自分が大変重要なポイント1個に気が付いてなかったことが判明しました。
うわあ!どこ読んでたんだ(爆)自分の読解力なんてこんなもんだ・・・。

この作品のスピンオフ短編集も出てるそうなので、読みたい!読もう。
何様(新潮文庫)
朝井リョウ
新潮社
2019-12-20


プロフィール

あかつきと読みます。西洋占星術歴約7年、太陽乙女座、月双子座、天秤座に天体多め。算命学では玉堂星中心、戌亥天中殺。
占いの勉強や講座レポートなどを書いています。

ギャラリー
  • 映画「易入門」が見たい
  • 「易のかんたん基礎講座(ZOOM)」レポート(2021/9/4)
  • 七夕とサトイモの葉の朝露
  • 七夕とサトイモの葉の朝露
  • 繰り返し使える七夕飾りを買いました
  • 繰り返し使える七夕飾りを買いました
  • 繰り返し使える七夕飾りを買いました
  • 繰り返し使える七夕飾りを買いました
  • 繰り返し使える七夕飾りを買いました