ほしよみ練習帳

永遠の西洋占星術初心者が占いについて思ったり考えたこと、講座受講のレポートなどをつづるおぼえがきノートです。 算命学もかじりはじめました。がじがじ。

六十干支で観る風景(6/10,17「六十干支講座」)

6/10,17と夏瀬杏子先生の算命学講座「六十干支講座」(ウラナイトナカイ)を受講してきました。
60個の干支にはそれぞれ「この日干に生まれた人はこんな人!」みたいな特徴があるそうです。
「誕生日占い」のようなものでしょうか。
それをひたすら60個分あんこ先生が解説&受講者がノート取っていくという講座風景。
あと、特記事項みたいなものがある異常干支とかも教わりました。

しかし正直、「この日に生まれた人はこんな人!」なのかどうか、あまりぴんとは来ませんでした。
家族・知人の命式(日干)を照らし合わせてみたんですが、例えば私の母は日居中殺と言われる「甲辰」の日生まれです。
「甲辰」は目立ちたがり、人から理解されにくい、そうですが、別段そういう感じでもないと思う・・・。
一方で、その母の母、つまり私の母方の祖母は「かいごう」(漢字難しかった)の「戊戌」の日生まれ。
この日に生まれた人はすごい行動力、すぱっと決める、そうで、祖母の性格を思えば当たっているかも。

もっとも、実は他人は母のことを(目立ちたがりだな~)と思ってるけど、私にとって幼いころから母の言動はそれがデフォルトで、変わってると分かってない、という可能性もありますね。
どのみち、この「六十干支の日干の特徴」だけでその人を判断しようというのではなく、他をあれこれ見ていくときのエッセンス的なものなのかな。
今は分からなくても、そのうちこの貯金が役立つかも。
今は1滴1滴知識のしずくを溜めてゆくのだ!ということで、ひたすらノートを取りました。



六十干支の特徴は(ふむ・・・)みたいな感じでしたが、干支を見て「丙午=真夏の太陽」みたいに風景に変換することはわりとできるようになってきました(時々資料を確認しつつも)。
昔、算命学の基礎講座を受けた時、天海玉紀先生が「干支を見て風景を描けるようになる」という話をして下さいました。
その時はさっぱり分からなかったのですが、分からないなりに繰り返していくと、だんだん沁みついてくるものですねー。
私の日干「壬申」も、「秋の湖」という風景が反射的に浮かぶようになってきました。
でも気をつけないと(秋の湖・・・、秋・・・、紅葉・・・、全山紅葉した箱根の山が芦ノ湖に映って・・・)とか妄想があらぬ方向に飛んでいきます。
秋の山だとそれは別の干支だ!

そもそも12の干支(地支)に季節がある、というのがぴんとこなかったんですよねー。
寅が春、とか巳が夏とか、実感できない。
どれも寒い季節のような気がしてしまう。
なんでだろう?と思ったら、どうも「年賀状に十二支を使うから」だったようです・・・。
年末年始の寒さと年賀状の十二支モチーフが結びついてしまって、どの干支も「冬」を連想してしまっていたという。

今回の講座で、説明のために話題に出てきた「干合」というものが難しくってさっぱり分からず、話を聞きながら首をかしげちゃうくらいに分からなかったのですが(比喩でなくほんとに首を横に曲げていた)、それもいつか干支で風景を思い描くように、活用できる日がくるのかもしれない。
その日を夢見てぽつりぽつりと知識のしずくを溜めます(こぼすなよー)。



IMG_20170617_155440

阿佐ヶ谷の駅に向かう途中で見かけたアジサイ。
石の上に草花、だから庚と乙、と思ったけどそれじゃ両方とも天干だー。
用水枡=水と考えれば「水の上の花」乙亥と言えるでしょうか。
(ほんとは鉢植えだけど)

キラキラできない天恍(てんぴか)星?

先日、「目指せキラキラおばあちゃん?」という記事を書きました。
私の命式にある天恍星は、華やかでコケティッシュ、異性を魅了する・・・、といわゆる「モテ」の星なのですが、私の人生、その要素がない。
算命学講座で参加者の命式を読み合った時も、他の参加者の方々に「もっと天恍星を生かすべきでは・・・」的なご提案を受け、今はムリでも、将来的に「可愛いおばあちゃん」ポジションを狙うか・・・、と記事を書いたのですが。

天海玉紀先生のツイッターを拝見していたら、こんなやりとりがありました。


こ、これだー!!
私の持ってる天恍星は、多分「マジメ」な方の天恍星だ!
・・・ということで、キラキラ人生はやはり私にはムリかなー、と納得しました(苦笑)



「女性が少なそうな玉堂星分野に行き、そこの紅一点としてキラキラ天恍星を生かす」っていうやり方も考えたんですが、それもどうなの・・・、と(←たぶん玉堂星が嫌がっています)。
まあ、「女性人口が少ないとこを狙う」って合理的なモテテクの1つではあるんですが。

約50年前、私の父は公立大学に在学していたのですが、女の子は勉強ができても短大か女子大に行く当時、学年に女子は1、2人しかいなかったそうです。
当然、彼女たちのモテることモテること。
学年トップの秀才と、老舗会社の跡取り息子が女子を巡って恋のさや当て、とかあったらしいんですが、
父「今思うと、なんであんな子を・・・、ってご面相だったんだよなー」
ひ、ひどい!でもなんか想像もつく!!

それから約25年後、私の母は某国立大理学部大学院の研究室で、事務兼教授秘書のお勤めをしていました。
女子が4年制大学に進学するのが当たり前になっても、理系、かつ大学院まで進む女子は少数。
その教授のゼミにも女子学生は1人だけで、早々にゼミ内の男子学生とおつきあいを始め、卒業と同時に結婚。
その夫婦から来る年賀状を見ては、「需要があるが供給がない」市場に行くのは大切なんだな、としみじみ思っていた私。

しかしその教訓はなかなか生かされず、婚活市場で苦労するのでした・・・、というお話は、またそのうちに(笑)

5月は不調(または、双子座は刺激的)

6月になりましたねー。
GW明けくらいから体調がいまいち整っていない感じがあったのですが、雑用やら遊びやら方位取り旅行やらで忙しく飛び回っていたら、やはり体調を崩して先週寝込みました。
体調がいまいち、というか、ひらたく言えば「睡眠時間の不足」です。
寝ろよ!という話なのですが、4月末から6月くらいまでのこの時期って、どうも私には鬼門のようでして。
12年くらい前にも、GWの狭間に、それまで元気に遊びまわってたのに、就寝中の夜中、急に吐き気で目覚めてどうにも気持ち悪くて往生した(翌日は仕事休んで寝ていた)思い出が・・・。
一去年も、GW前に風邪ひいてしまい、せっかくの晴天続きのゴールデンウィークを寝込んで過ごしました。
このブログにも書いてましたね(しかもこの時、別な辛い出来事もあり、風邪ひきながらめそめそ泣いていた)。

この季節、木々の緑が美しく、気候も良くて気持ち良く、気分が浮かれてしまって、なんか興奮してちゃんと休息(睡眠)が取れない傾向があるのです。
昼間たくさん動いたからと、早めに布団に入っても、なんか目が冴えて、というかアタマが高揚してる感じでなかなか眠れない。
ようやく冬の寒さの名残りも去り、活発に動ける季節なので、冬の間の閉じこもりを取り戻すかのように予定を入れてしまう。
それでいて、朝晩はまだ寒いくらいで、昼間は夏のような暑さ、という日が多く、気温差と睡眠不足と、遊びすぎ、動きすぎで疲れて、ばったり・・・、みたいな。

前回の記事でレポートした『タロット七福神めぐり』にて、まつい先生に「睡眠の乱れ、自分をいたわる時間が足りなくなる」と言われておりました。
その言葉に、(あ・・・)と12年前の1件を思い出し、気をつけていたのにやはりこのザマです。
さすがにこれはいかんと意識的に睡眠を取り、入れ過ぎてた予定をキャンセルしたり延期したりして身体を休めたところ、体調も戻り、気持ちも落ち着いてきました。



寝込んだ後くらいに、ツイッターかブログで、「t射手土星が、私のn乙女〇〇(忘れてしまったが個人天体)にスクエアでつらい」と書かれてるのを見つけ、そういえば私のn乙女太陽にもスクエアになるのかも?と気づき、寝込んだ日のホロスコープを出してみました。
20170529chart

上部が切れちゃいましたが、My Astro Chartさんで出しました。
外円が私のホロスコープ、内円が5/29の天体。

この時期は、双子座にいるt太陽が私のn双子月を刺激して、アタマばっかり目まぐるしくなって、だから寝れないんじゃ・・・?
特にこのホロスコープの日は、t太陽だけでなく、双子座にいるt火星と私のn双子月はほぼコンジャンクション状態です。
そしてt双子火星とt射手土星が、私のn乙女太陽にスクエア(これがTスクエアというやつか)。
今回偏頭痛がひどかったんですが、このt射手土星スクエアからきてるのかな?
t双子太陽が私のアセン射手にほぼ180°のオポジションになっているのも気になります・・・。

こうやって改めて見てみると、なんというか全体に双子・天秤の風要素ばっかりで地要素が少なく、「アタマばっかり刺激されて」「地に足がついてない」印象ですよね・・・。
だから寝込むことになったのか。
傾向が見えてきたので、来年からは意識していこうと思います。
運動も大切ですが、お風呂ゆっくり入る、とか、アロマセラピーとかヨガみたいに「気持ちを落ち着かせる」方面を増やすのが良さそう。
ギャラリー
  • 六十干支で観る風景(6/10,17「六十干支講座」)
  • 5月は不調(または、双子座は刺激的)
  •  「タロット七福神巡り」(4/30ウラナイトナカイ)巡ってきました③
  •  「タロット七福神巡り」(4/30ウラナイトナカイ)巡ってきました③
  •  「タロット七福神巡り」(4/30ウラナイトナカイ)巡ってきました③
  •  「タロット七福神巡り」(4/30ウラナイトナカイ)巡ってきました③
  •  「タロット七福神巡り」(4/30ウラナイトナカイ)巡ってきました②
  •  「タロット七福神巡り」(4/30ウラナイトナカイ)巡ってきました②
  •  「タロット七福神巡り」(4/30ウラナイトナカイ)巡ってきました②