ほしよみ練習帳

永遠の西洋占星術初心者が占いについて思ったり考えたこと、講座受講のレポートなどをつづるおぼえがきノートです。 算命学もかじりはじめました。がじがじ。

「タロット七福神巡り」(4/30ウラナイトナカイ)巡ってきました③

再び1階へ下り、福禄寿担当・ミズマチユミコ先生の元へ。
白いおヒゲをつけ、巻物も持ったミズマチ先生、7人の中で一番コスプレっぽかったかも?
しかし「ヒゲがかゆいんで、午後にはもう外すかも!」とおっしゃっておられました(笑)

質問は「定期的な集まりがあったけど、師匠的な存在の方が亡くなって以降、途絶えている。集まりを再開させようかと思う一方、メンバーの中には苦手でもう会いたくない人も。会いたい女性だけに声かけて女子会っぽく小規模で開催してしまうか、メールで皆に一度挨拶するか、どっちがいいか?

タロットは人物すべて現代女性のヴァネッサタロット。
絵柄といい、色使いといい、いかにもアメリカンな感じ、ではありますが、3頭身でちょっとマンガちっくな絵は親しみやすいです。
最初の展開でひとまず出たのは「太陽」の逆位置。
水面下で進める、自分のやりたいようにこずるくやる」ってことなので、そうすると女子会開催か・・・?
しかし場には「塔」も出ている。
これって、水星逆行で昔のことを懐かしく感じて、(集まり再開を)やろうとしてるんじゃないか?
ということで、「女子会 or 皆にメール」でもう1度カードを引き直してみることに。
女子会やったら、もう一度皆での集まりを再開しよう、って運びになるかも?ということで更に1枚カードを引いてみたら。
ミズマチ「あっ、ダメだ!!」
なんともう1回、「塔」が出たのでした。
楽しかった集まりはもう終わりだよ、とタロットカードにダメ出しされました・・・。
IMG_20170430_123323

実は師匠のお葬式の写真を皆に送ろう、と思いつつ、放置してしまっていたのが気がかりだったのです。
その件をメールしてカタをつけることで、「皆からも評価され、気持ちが納得」という読みでした。
ミズマチ先生には「『塔』がまた出たねー、すごいねー」としみじみ言われました・・・。
そしてこの鑑定、あまり記録とか記憶が残ってないのです。
レポートを書くのに日が空いてしまい、記憶が薄れたというのもあるんでしょうが、カード展開も写真に撮ってないし、御朱印帳にも結果はメモってあるものの、何のカードでそう読んだか?という詳細がない。
写真を撮った「節制」のカードも、「女子会開催」だったような・・・、とあやふや。
なんか、「塔」のパワーにぜんぶふっ飛ばされて行ったような気がします。
それはそれで妙な爽快感です。すっきりした!



最後のラスボス(違います)、寿老人担当はまついなつき先生
質問はせず、黙って座ればまつい先生がカードを展開して、現状と今後の夏~秋の運勢を読んで下さいます。
分かりやすい言葉で淡々と話して下さるまつい先生ですが、情報量がすごく多い!
あと、自分の質問に対しての答えではないので、言われた言葉を自分の現状に反映させ、(あれのことかな?)とか見当をつけ、噛み砕いて理解するのに意外と時間がかかり、その間もまつい先生の言葉はすらすら続く、という・・・。
ひたすらご朱印帳にメモ取ってたら、ページをはみ出て裏表紙を埋め尽くす勢いでした。
まつい先生が最終頁でよかった・・・。
IMG_20170513_164031
占い師さんのサイン(チェック)欄にイラスト&メッセージを頂きました!わーい!

そしてそんな集中聞き取りの最中に、1階の別ブースで「浮世絵タロット(の絵が?)ヤバい!」という話題が大盛り上がり。
見て!このムネ!ヤバい!」「エロい!」「お前は豊乳だからいいだろう!」等々、カーテンの向こうから上がる声・・・。
なんの話をしてるんですか!?(多分おっぱいの話をしています)
・・・と突っ込みたくなる心をぐっとこらえ、必死でまつい先生の言葉を筆記しておりました。
ま、まあ、エロ(性)と笑いは招福の基本ですよね!

気を取り直して・・・、今はあんまりよくない、空回り気味、だそうです。わあ。
秋口にはよくなってくる感じ。
対人運があまり良くない、とか、自分をいたわる時間が足りなくなる、等、こうやって書き出すとあまり良くない印象ですが、今は自分の好きなもの、楽しいことを溜め込んで精神的なお金持ちになる時期、らしい。
今は対人運があまりよくないというのは、自分にとって良くないことには耳を貸さず、いい意味で自分の内側にこもって、好きなものをこつこつと溜め込みなさい、ということだな、と思いました。
つまりインプットの時期、ですかねー。

IMG_20170430_124942

使用カードは白猫ちゃんたちが可愛くもノーブルな絵柄の白猫タロット。
占い中はヒアリング&メモに忙しく、カード展開を撮るのをすっかり失念。
終了後の雑談時に「あっ!タロット撮るの忘れた!」と叫んだら、まつい先生が「この辺がキーカードだったと思う」と出して下さいました。
「運命の輪」がネズミの回し車なあたり、ちょっとジョークも効いててかわいい!

まつい先生は生成りの布をターバン状に頭に巻き、白いシャツ姿。
特にコスプレって感じじゃないのに、「ああ、寿老人だー」と納得する雰囲気でした。
「鹿を連れています」ってホームページには書いてあったのに見当たらないな?と、質問してみたら、「馴鹿(なれじか)です」と、お店に置いてあるワイヤー製のトナカイのオブジェをポンポンと。
あっ!トナカイも鹿か!そういう意味でも寿老人(=トナカイ店長)なのか!!
ちなみにシャツには鶴の刺しゅうワッペンがついてました。
それも長寿って雰囲気でいいですねえ、と言ったら、「鶴の頭に赤い糸で刺しゅうして、丹頂ヅルにしようと思ってたのに、・・・時間がなかった・・・」としみじみと。
わかります!時間はつねにないですよね!何かやろうと思いついても、結局時間なくて間に合わなくなっちゃうんですよね!!と心の底から同意でした・・・。



これで七福神7人全員コンプリート!やったー!!
終了後は案内人の玉紀先生&あんこ先生とおしゃべりさせて頂きました。
実は私、ちゃんとタロットを学んだことがないのです。
大アルカナは独学で覚えたけど、小アルカナはさっぱりで・・・、という話をしたら、
玉紀「じゃー、タロット勉強すればいいじゃん!」
た、たしかに・・・。
西洋占星術勉強しだした時、タロットも面白そうだなー、と思ったけど、まだ占星術がちゃんとわかってないんだし!ある程度できるようになってから!とブレーキをかけたのです。
しかしそれから5年以上経っても相変わらずの初心者マーク。
最近は算命学の勉強も始めちゃったことだし、次はタロットやるか!と私にしては軽率に思い立ちました(でもきっと始めるまでにはしばらく時間がかかる)。
今回のイベントでカード展開(スプレッド)を写真に撮らせてもらったのがいくつかあるので、タロット勉強してから見返したら面白いかも!と夢はふくらむ・・・。

今回の質問のラインナップを見返すと「水星逆行」そのまんまですね!
昔からのつきあいを復活させたい、とか、もう一度会っても大丈夫か、とか。
前々から悩んでいたことではありましたが、今回このタイミングでまとめて決断できて、良かったなー、と。

全員に同じ質問をする、という方もいたようです。
それはそれで比較できて面白そう!
しかし「うわーん、みんなに同じこと言われるー!」という悲鳴が聞こえてきたりもしたので、それも良し悪しか・・・。

ひとしきりお喋りして、ウラナイトナカイを出たら13時過ぎ。
2時間弱のイベント体験、すごく面白かったです。
占いにつぐ占いで、「1回休憩入れてご飯食べてこないと」とか「パワーが受け止めきれない」という方もいらっしゃったようですが、私は何故だかあまり疲れもなく、ただただ楽しく面白い~、鑑定結果に納得~、という感じでした。(ひょっとしてパワーを感じる感性がにぶいのか・・・?)

それでも玉紀先生に「ちゃんと食べて、グラウンディングしてね!」と言われたので、帰りにけやき通り沿いのパン屋さん・聖庵でサンドイッチランチ。
サンドイッチがパン2枚ではなく3枚だったり、少量に見えるミネストローネが実は具だくさんで食べごたえあったりと、なかなかのボリュームでした。
テラス席が道路に向かって開放されていて、暑すぎず寒すぎずのちょうどいい爽やかな気候。
御朱印帳を見返し、さきほどまでの鑑定を反芻しながら過ごす充実のひとときでした。
IMG_20170430_131103



夏瀬あんこ先生Twitterでこのレポート記事を取り上げて下さったおかげで、ものすごい数の訪問者に来て頂きました・・・。
閲覧して下さった方々、あんこ先生、ありがとうございます!!
そしてレポートその③のアップがすごく遅くてすみません(汗)
レポートは即時性も命だと思うのですが、ついついぐだぐだみっちり書いちゃう水性気質(私の中心星は玉堂星)。
Twitterは火性のスピード速報SNSって感じですねー。

「タロット七福神巡り」(4/30ウラナイトナカイ)巡ってきました②

次の山吹海帆先生は他のお客さんを鑑定していたので、ひとまず1階へ。
案内人の玉紀先生に「すみません、5人から7人全員に変えます!」とお願い。
7人全員と、5人だけの鑑定では料金が違い、夕方の予定もあるので全員はムリかな、と5人コースを選択していたのです。
しかし一番乗り(同時にもうお一方いたのですが、先を譲って頂いた)で回ってるうち、(これは全員行けるんじゃないか・・・?)と。
ご朱印帳に2枚空白ページを残すのももったいないし、せっかくの機会なのだから全員コンプリートを!
・・・と決意したのはいいですが、追加料金(2222円)を払うのに細かいお金が足りず、万札を両替して頂いたりと玉紀先生にはお手間をおかけしてしまいました・・・。
あと100円玉1枚あれば、きっちりおつりなしで支払えたのに!
このわたくしとしたことが、なんたる準備不足!?と乙女座魂がほぞをかみつつ、なんとか追加料金をお渡ししました。



鑑定再開は毘沙門天担当・有元祥子先生。
毘沙門天の甲冑≒「企業戦士の戦闘服」ということで、びしっとスーツ姿で決めて、まさにキャリアウーマンという感じ。
実は、当日ウラナイトナカイにやってきた時、お店の外に出てた有元先生が見えたのですが、あまりのスーツ決まりっぷりに有元先生だと気づかず(占い師だとは思わず)、「近所の会社または区役所勤めのやり手キャリア女性が休日出勤で早目のランチに出てきて通りかかってる」んだと思いこんでました・・・。

これは質問も仕事関係が相応しいだろう!と
今働いている職場で、なんかもやもやしています。
解消のためには・得意なことを伸ばす ・苦手なことを頑張る ・余計なこと考えずサポートに徹する ・いっそ転職、のどれがいいでしょう?
」。

質問をレポート用紙に書き留めつつ、「自分はどうしたいですか?」と問いかけてくる有元先生。
仕事のこなし方等で自己嫌悪がある一方、職場の在り方にもちょっと疑問があってこのままでいいのか?ともやもやしてる。
このもやもや感を解消したい、というようなことをなんとか組み立てて伝えると、ささっと何枚かのカードを展開する有元先生。
「迷ってるのがデフォルトなので、戦う相手は自分の本音、ですね」
ああ・・・、迷うのが趣味、みたいです(本人はそのつもりないのですが)。

答えは「得意を伸ばす&サポートに徹する」。
選択肢4つにつき3枚ずつカードを並べていくのですが、解説しつつ「これはない!」という選択肢のカードは取り除けちゃう有元先生。
いさぎよい!
苦手なものはもう頑張らなくていい!」だそうです、わーい!(笑)
「得意を伸ばす」に出たのは愚者のカードなので、時間はかかる、とのこと。

まだ完成ではないので、今のステージでがんばる。
これができた、と自分で納得いったら次のステージへ進む、ということなので、転職はそれからですね。

以前にも有元先生には仕事関係の悩みを占って頂いたことがあり、そのときもゲイタロットでした。
「女教皇」だか「女帝」だかなのに消防士さんのイラストで、(?)となり、「恋人」で手を取り合う白人男性と黒人男性に、人類愛ってことかしら・・・?と思っていたら、「あ、これゲイタロットなんですよ」と言われて、驚愕すると同時に大変納得したものです・・・。
IMG_20170430_115718
未来への希望、ということで場に出ていた「星」のカードを撮ったのですが、股間が光ってるよ!?
『キルラキル』の美木杉愛九郎みたい。
隣りの「魔術師」もなんか過剰にキラキラしてるし・・・、やっぱりパワー強い感じ・・・(苦笑)



ここで2階に戻ったら、三上先生の元に御朱印帳の表紙を忘れた(落としてた)ことが判明。
そのまま帰ってしまわなくて良かった・・・。
三上先生にお礼を申し上げ、お隣の布袋尊担当・山吹海帆先生のブースへ。
山吹先生に鑑定して頂くのも初めて。
トートタロットの他にもいろいろなタロットを持ってらして、展示用でしたが、なんとウワサの魔夜峰央タロットの初版(というのか)が!!
先日復刻された際にはついていなかったタロットの解説書もばっちり。
なんというか、中を見なくても箱入りのお姿を見るだけで有難いっていうか・・・(秘仏か!)。

せっかくなので珍しいカードを、とヘルメティックタロットを選択。
ヘルメス哲学というのを元に作られたというこのカード、白黒で様々な惑星記号や魔法関係の記号が散りばめてあるそうで、オカルト好きの心を刺激されます。
IMG_20170430_121844

そんなカードで魔女な山吹先生に鑑定して頂けるというので、ここは質問も重めを選択。
詳細は省きますが、身内が魚座海王星にやられ、病院だのトラブルだのに周囲も巻き込まれ・・・という、蟹座8ハウス土星(蠍座もかな)みたいな案件。
10分鑑定には要素が多すぎる質問だったかと思うのですが、山吹先生は穏やかにかつ、てきぱきと占って下さいました。
トートタロットではないけれど、こちらも洒落にならない感じでずばずばと結果が出る!
なんと言っても「塔」が出てるのが・・・、ね・・・。
もう「現実を突きつけられた」って感じで、ここまで来るといっそ気持ちいいです。
それに対してのアドバイスも具体的に提案して下さって、(あー、こりゃやらねばならんな・・・)と肚をくくることができました。

IMG_20170430_121745

重たい質問に現実的な結果、でしたが、山吹先生のほがらかなキャラクターのおかげなのか、なんだか妙に爽快感のあった鑑定でした。
ヘルメティックタロットはオカルト好きにはたまらん、というか中二病的、というあたりから、「お店日記のゲームの話とか、コミケの話とか面白かったです!」とオタクトークをさせて頂くことができ、良かったです(笑)

「タロット七福神巡り」(4/30ウラナイトナカイ)巡ってきました①

阿佐ヶ谷・ウラナイトナカイで開催されたイベント『タロット七福神』巡ってきました!
トナカイのレギュラーである7人の占い師さんにタロット占いまくってもらい、ボリュームたっぷり、面白かった&楽しかった。
鑑定結果の覚え書きを兼ねての、レポートです。
(2017/5/7追記・天海玉紀先生のページにtwitterをまとめたレポートが上がっています。お写真たくさんなので、画像はぜひそちらをご覧下さい~)


イベント告知に面白そう!と思ったものの、30日は夕方から用事があり、時間が足りなくて回り切れないかもしれない、残念だけどムリだな~と諦めてました。
しかし当日の朝、「こんな機会は二度とない」っていうし、せっかくだから行っとこう!と決断。
早く行かないときっと混んでしまう、と急ぐも開始時間から15分ほど遅れてしまい、出遅れたかー、とお店に近づいたら、もう1人やってきたお客さんともども、夏瀬あんこ先生にハグされる勢いで「いらっしゃい~!」と熱烈歓迎を受ける。
なんと一番乗りでした!

受付・案内は天海玉紀先生とあんこ先生。
おふたりともピンク系の服装で、福々しい笑顔、すでに「招福」な感じ!
お金を払うと「御朱印帳」のかたちのリーフレットが頂けます。
これが占い師さんや仕様タロットの紹介パンフレットでもあり、占いの結果をメモできるノートでもあり、誰に占ってもらったかのチェック帳でもあり、ほんと便利でした。



まずは御朱印帳の順に・・・、と2階の弁財天担当・桜田ケイ先生の元へ。
弁財天は七福神の紅一点だけど、桜田先生は今回のイベントの黒一点、お洋服も黒尽くめ。
でも威圧感はぜんぜんなく、ソフトで優しい印象でした。
中野トナカイ時代からお名前は拝見していたけど、鑑定を受けるのは初めて。
ペン画のような繊細な描きこみの多いイラストのパウリナタロット(カナダのイラストレーター、パウリナさん作だとか)で占って頂きました。

質問は「年上のお友達が、仕事や生活が忙しくなってきたそうで、ここ数年連絡が途切れ気味。
まったくの音信不通ではないが、遠距離でもあり、実際に会うに至らない。
もう交際は諦めたほうがいいのか、連絡を待っているのがいいのか


カードの答えは「『待ち』が良い」。
先方も私に対して、会いたいという気持ちは持ってくれてるけど、実際忙しくて余裕がなく、会う時間を作れない。
1~2か月に1度くらい、相手のプレッシャーにならないようなゆるめのメールで近況報告や、相手の様子を聞いてみてはどうか、という結果でした。
桜田先生曰く、場に出ている大アルカナは「月」だけなので、せっぱつまっていない感じ、こっちも焦らず、自分も焦らせない、と。

IMG_20170430_112600


キーカードかな、と勝手に感じた「月」を撮らせて頂きました。
「月」は不安のカードですが、その不安さを絵画化しているのが美しいと感じる・・・。
友人がほんとに忙しかったり、余裕がないだろうというのはよく分かっているのですが、
(私ともうつきあいたくないから、連絡も間遠なのかなー)とか考えちゃって。
私の不安な気持ち、というのが「月」で出てきたのかもしれません。



この時点で2階に私以外のお客さんがいなかったので、そのまま隣の大黒天担当・maru先生にスライド。
タロットと言っても透視タロットなる、変化球メニュー。
座った途端、「隣にいた(桜田先生の鑑定を受けていた)間にもう視ておきました!」とすらすら描き出すmaru先生。
べ、便利だ!時短だ!
IMG_20170501_224744

5~6分咲きの赤い花、咲こうとしてるけど茎が水に入ってない。
花瓶はあるんだけど、花は入ることを躊躇してる。
入れば葉も出て花ももっと開く。
ただ、急いだ方がいい(早く花瓶に入らないとしおれちゃうから)、GW明けくらいから行動する。
花が咲けば人に見てもらえる、水も循環する。


・・・あのことを言ってるのかな?と漠然と思い当たるフシはあったので、なんか納得。
きっかけがあれば(誰かに背中を押してもらえば?)、花は水に飛び込めるらしいです。
しかしよく考えると、「花瓶」が何にあたるのか、どこにあるのかは分からないのでどう「行動」すればいいのか・・・、とりあえず試行錯誤?

全員の鑑定終了後、1階であんこ先生とお話していたら「透視タロットってどんな感じ?」と訊かれたので、絵をお見せして、maru先生に解説されたことを喋っていたら、後ろで聞いていたまつい先生が「その絵、『コインの7』だって感じがするよ」。
ええ!?よくわかんないけど大切なことを言われた気がする!!と慌ててイラストの下に「コインの7」とメモりました。
帰宅後、「コインの7」の意味を調べると、「物事の課程を進めていくうえで見直しする」とか、逆位置だと「改善策」とか・・・。
やり方を見直して、改善策にぽちゃんと飛び込むのか?

大黒天ってもともとインドの神様・シヴァ神なんですよね。
インドカレー屋さんを営むmaru先生にぴったりです。
インドでは破壊神なのに、大黒天は農業、豊穣の神って不思議、と言ったら、「新しい作物が生えるためには破壊が必要、ってことかなー」とmaru先生。
焼き畑農業みたいなもんだろうか・・・。



次は恵比寿担当・三上牧先生。
ブログはよく拝見していたのですが、お会いして占って頂くのは初めて。
ウワサの青い鳥タロット、実際に見ても流麗な絵がとてもキレイなカードでした。

質問は「学生時代の友人グループで定期的に集まりが開かれるが、数年前から話が合わなくなってきたと感じ、欠席している。
しかし幹事役の子とは趣味が合うため、個人的に会っているので、集まりの方にも来ませんかー、とちょくちょく誘われる。
しばらくグループの他の人たちと会っていないし、今年は久々に集まりに出た方がいいか?
それとも単なるノスタルジーで、出席したらやっぱり行かなきゃよかったと思うのか?


カードの答えは「しばらく放置。完全に縁を切るのではなく、あいまいにして、いつでも復活できるよ~ってテイで、実は心の中では切っている」。

ものすごーくすんなり、「そうだよなー」と納得。
というか、ここ数年もやもやしつつも私の取ってきたスタンスがこれだったのです。
集まりには出ないけど、完全に縁を切ってしまうわけではなく、今回は欠席で、残念だけどまたね、とくりかえす、という。
そのことまでは三上先生に伝えてないのに、鑑定結果としてずばりそのまま出てしまうとは、すごいなあ・・・。

アドバイスカードとして、タロットを展開する前に別のカードをひいたのですが、蝶が羽化している絵柄。
「TRANSFORMATION」、変化ということで、私自身が羽化して虫とは別のものに変化してしまったので、もう元の仲間とは話が合わない、という・・・。
中心に「死神」のカードが出ているので、自分は変化させたい、でも逆位置なので完全に変化させるのは難しいだろう、ということでした。
IMG_20170430_114031

幹事役の子とはつながっていていい、とのことでほっと安心。
彼女とは趣味合うので、会っていても楽しいのですが、大勢のグループでいるともう話に入っていける話題がなくて、あいまいな笑みを浮かべる時間が続く、という状態(幹事役の子はそちらの話題にも入っていけて、場を盛り上げる)。
それを繰り返すのもなんだかなあ、と思って今回質問したのですが、三上先生は「出席した時に、自分の人生にとって有益な話題が聞けるか、という点で判断すると」(正確な発言ではないですが、だいたいこんなニュアンスだったかと)と、さらっときっぱりとおっしゃっていて「そう!そうですよね!」そこがたいせつ!とそのクールさ、カッコよさにしびれました。

そして恵比寿様なので鯛のぬいぐるみをお持ちの三上先生。
お母さまの作品だそうですが、ひれが動いたり、全体の大きさとかフォルムとか絶妙ですごいかわいかった!
クッションとしてもよさそうなふっくら加減でした(笑)
ギャラリー
  •  「タロット七福神巡り」(4/30ウラナイトナカイ)巡ってきました③
  •  「タロット七福神巡り」(4/30ウラナイトナカイ)巡ってきました③
  •  「タロット七福神巡り」(4/30ウラナイトナカイ)巡ってきました③
  •  「タロット七福神巡り」(4/30ウラナイトナカイ)巡ってきました③
  •  「タロット七福神巡り」(4/30ウラナイトナカイ)巡ってきました②
  •  「タロット七福神巡り」(4/30ウラナイトナカイ)巡ってきました②
  •  「タロット七福神巡り」(4/30ウラナイトナカイ)巡ってきました②
  • 「タロット七福神巡り」(4/30ウラナイトナカイ)巡ってきました①
  • 「タロット七福神巡り」(4/30ウラナイトナカイ)巡ってきました①