ほしよみ練習帳

永遠の西洋占星術初心者が占いについて思ったり考えたこと、講座受講のレポートなどをつづるおぼえがきノートです。 算命学もかじりはじめました。がじがじ。 ご連絡は星をアットマークに変換してこちらへ(おてやわらかに)→ akatsuki.ho443☆gmail.com

「土性を極める〜財運・人気運の秘密」 講座レポート(2/18 中野)

2月18日、中野で行われた「土性を極める〜財運・人気運の秘密」 講座に参加してきました。
昨年10月に行われたこの講座、大人気で満員御礼、ちょうどその日に用事があって参加できなかったのですが、再開催が決定。
わーい!と申し込みしてその日を待っていたら、なんと開催1週間前に、講師の天海玉紀先生がインフルエンザに倒れるという事態が発生!!
あの玉紀先生が・・・、やはり今年のインフルエンザは威力が半端ない!(苦笑)

予定通り講座開催、というお知らせがありましたが、ウイルス潜伏期間は終わっても、ご本人の体調というのはまた別の問題。
大丈夫かなー、と思いつつ会場に出向くと、マスク姿の玉紀先生はやはりいつもより元気のないご様子。
集まってきた受講生のみなさまと、インフル発覚直前の講座はやはり力が入らなかった、コンサートとかやるアーティストの人はほんとすごい!(受講者の中にALFEEファンの方がいらしたので。THE ALFEE43年の歴史の中で、ライブ中止にしたのは1回だけ!だそうです!)、というようなよもやま話をされていましたが、「人が集まるところにはやはりパワーがあるわけですよ!コンサートしかり、オリンピックしかり」と、ちょうど話題沸騰だった羽生・宇野両選手の金・銀メダルの話から、自然に土性の本題へ。
着てたダウンベストを脱ぎながら「落語家と同じで、これを脱いで本題に入るんですよ」と笑ってらっしゃいましたが、時の話題の雑談っぽいマクラから、本題にスムーズにつなげて講座トークのエンジンかかってゆくさまは、「待ってました!」と声をかけたくなるような鮮やかさでした(笑)
落語家さんの、演目に入ったあたりでさりげなく羽織を脱ぐ仕草っていいですよねー。

10月に開催された1回目の時の受講者には命式に「土」を持つ方が多かったそうで、実践に生かしたい!という傾向があったようなのですが、今回の参加者は「水」要素を持つ方が多かった印象。
「土」を持つ方も、それを剋したり剋されたりの星を一緒に持っていたりで、「土のパワーを!」というよりは、土性とは、財とは何か?勉強したい、という感じの、熱心ながら穏やかなムードでした。

私自身は日干が「水」、中心星も水性の玉堂星。
「土剋水」なので、土性の持つ濃厚さというか、ある意味文字通りの泥臭さは苦手です。
しかし中心星の上下に土性の禄存星と司禄星があり、サンドイッチ状態で剋されているので、苦手でありながらも常に意識はしているし、興味のあるテーマでもある。
財&人気運を手に入れる!というよりも、その東洋思想におけるそのロジックと仕組みを知りたい、という動機で参加しました。

そして「土性」とは。
講座の予告記事を読んで、これは面白そうな内容だな、と思っていたのですが、ほんとーに!!面白かった。
占いの勉強というよりも、東洋思想や人間と人間の関係性とかについて学んでいるような。
それこそ当日話題になっていた、羽生&宇野両選手のオリンピック金・銀メダルに始まり、今まで体験してきた人間関係とか、働く中での経験、婚活(してたんですよ)、今まで読んできた本のいろいろ(行動経済学や恋愛・モテテク本や自己啓発系や、小説やエッセイや・・・)、見聞きするあれこれの事象(起業とか、投資とか、アイドルとか) につながっていました。
五行についての講座とかで「土性は他の四行(木・火・水・金)をすべて含む」と言われて、なんじゃそら?と思ってたけど、ほんとに世界のすべてに関わり、すべてを含むのですね、土性・・・。
あまりにいろんなことにつながりすぎて、思い当たることや連想することを挙げてゆくとキリがないので、また別途記事にします。

玉紀先生曰く、「土性の性質を知って、それは自分にはムリだなと思ったらそれでよい」と。
自分にはムリだと分かれば、諦めがつく、うらやましくなくなるから、と。
もちろん自分にない要素でも、取り入れようと思えば真似はできる(「着ぐるみ」という表現でした)。
鍼灸師と占い師、個人事業でばりばり働く玉紀先生の経験と観察による実例、受講者の方の体験談とか実感もたっぷり聞くことができました。

上手く使いこなすなんて到底ムリだけど、多少、土性の「真似」、「フリ」、くらいはできるようになった方が、結果的には摩擦がなくてやっていきやすいのだなー、というのが私の感想。
しかし分かってはいても実践は難しい!



おまけの(まだインフル余波でつらそうな中、ちゃんと全員におまけつけてくださいました!)個人向けワンポイント開運アドバイスは「金運」か「人気運」が選べたのですが、今回私は「人気運」にしました。
今まで占いイベントとかでこういう機会があると必ず「金運」を選び、「食いっぱぐれないですか!?」と聞くタイプだったのですが、その結果、どうやら自分は「大きく儲けることもないが、つつましくしてればたぶん食うに困ることはない」タイプなんじゃないかなー、と。
要は受け取る器があんまり大きくない、ということですね(笑)
じゃあ人間関係はどうなのか?と、今回思い切って「人気運」を訊いてみたのです。
こちらも容量自体はあまり大きくない、様子。
でもそんなに広大な人脈なんて扱いきれないので、それならちょうどいいのかも。
そしてもっと自己開示すると人間関係が豊かになるよ!(超意訳)とのことでした。

お金ももちろん大切ですが、人生で大変なことがあった場合、助けになるのって、人間関係というか人とのつながりだな、と最近しみじみ思うのです。
それまで関わりを持ってきた人に助けてもらったり、気持ちを支えあったりすることに、お金と等しい価値(時に上回ることも)がある、と。
それこそ先日のお通夜の受付じゃないですけど(この場合私が友人を助ける立場だったわけですね)、助け助けられる人間関係のためにも、今後は人見知りに甘えてないで、ちょっとずつでも自己開示して行こうと思います。が、がんばる!!

いやー、東洋思想おもしろい!
もっと知りたいー、本読みたいー、と思っていたら、最後に参考図書も紹介して下さったので、読もう。
儒教とは何か 増補版 (中公新書)
加地 伸行
中央公論新社
2015-11-21


儒教はけむたいイメージがあって敬遠してたんですが、興味のとっかかりができました。

・・・しかし「陰陽五行の基本ルール、十干十二支、十大主星(または通変星)の算出方法がお分かりの方向け」って言われてたのに、すらすらと出てこなかったことはヒミツです・・・。
算命学講座受けて、算出方法も習ったし!と慢心して行ったら、「これとこれで何の星が出てくる?」って話になっても(あれ?どうやるんだっけ??)状態・・・。
丁寧なテキストと基礎講座のノートのおかげでなんとかついてゆけましたが、そうだ、私のみこみ遅い(というか記憶しない)タイプだったわ、忘れてた・・・。
「(基礎講座だったら)がんがん(答えちゃんと出てくるまで)詰めますよ!」と檄を飛ばす玉紀先生の言葉を聞きながら、そっ、と気配を消しました(苦笑)



受講者には、お世話になった先生や講座でご一緒した方がいっぱいいらっしゃいました。
前に講座でご一緒したかも、と声かけてくれた方もいらしたのに私の方が覚えてなくてすみません!
これに懲りずにまた声かけてやって下さいませ~。
八雲あかね先生ミズマチユミコ先生が並んでらして、玉紀先生もいるので、(あれ?山羊土星講座?)とデジャヴが・・・(しかしそんな身強さんが3人ともインフル直後!ほんとに今年のインフルはすごい!)。

あと、講座後の雑談の中で、とある受講者さんのお仕事の話題から新しい講座のアイデアが生まれる瞬間に居合わせました。
これこそ土性(財)のご利益!?ビジネスチャンス!
おもしろそうな内容なので(みんな「いい!」「受けたい!と口々に)、講座告知のお知らせが楽しみです~。

そして講座終了後、講師モード終了なのか、またふわふわふらふら状態の玉紀先生にお礼を告げ、会場の外へ出ると急に風が冷たくなっていました。
講座前は晴れて割と過ごしやすかったのになー、寒っ、と身をすくめながら中野駅への道を急いでいたら、ちょうど春節で日本に来てるとおぼしき、にぎやかなアジア圏旅行者の家族連れとすれ違う。
大きな声で楽しげにしゃべり合い、風の冷たさなんてぜんぜんこたえてなさそうなそのパワフルさに、(ああ、土性はすごいなあ・・・)としみじみ感じました。
IMG_20170603_132016
ここ数年よく行っている中華料理屋さん。
店内のあちこちに中国のアンティーク刺繍(縁起物モチーフ)コレクションが飾られています。
これは屏風の一部?
「福禄寿屏 中国では生活に関わる諸神の中、幸福の神・財産の神・長寿の神と八仙人が特に尊敬されている」とのこと。
土性講座受講した後だと、いろいろ意味が沁みてきます・・・(笑)
IMG_20170603_132101
IMG_20170603_132048
「壽」の字の左右。
どれが神様でどれが仙人なのか?

月で仕事をしてしまう

お仕事についての記事が続いたのでついでにもう1件。

今を去ること数年前、まだ中野ブロードウェイに(中野)トナカイがあった時代。
向真希先生の「キャッチフレーズ講座」に参加しました。
自分のホロスコープにもつ各惑星からフレーズを考えて、転職時の自己PRや婚活なんかに使える自分のキャッチコピーを作ろう!という内容で、言葉大好き双子月な私としては、とても面白かったです。

当時、自分の中で、職場での姿勢として「腰軽く(即対応、仕事振られたら引き受けます)」でいよう、と心がけていたんですが、それを向先生に話したら、「腰軽く」は双子月の性質だがら、月で働かない方がいいですよ、と言われたんですね。
そういうものかー、と、仕事用には太陽&アセンダントを中心にしたキャッチフレーズに書き換えたのですが、それから幾星霜。
気がつけば、ついつい月で仕事をしてしまっている自分・・・!!

今の職場ではデスクワークしつつ、窓口対応もしています。
来室があるとすぐ反応するので、反応早いと誉められるけど、常に(誰か来た!?)と気配を張ってる状態なのでけっこう疲れる。
他の人と仕事の話してても、来室者があるとそっちに意識が行くので話が上の空でおろそかに、とか後回しになってしまう。
やりかけのコピーとかファイルとかその辺に置いて窓口へ飛んでって、対応終わったらすっかりそのことを忘れ、しばらくたって「ここにあるファイル誰のー?」と問われ、わたわた・・・、とか。

月は無意識にくりかえす行動・反応なので、オートモードみたいな感じでラクな反面、意識して改善、がしにくいのかも。
あと意外と疲れるような気もする・・・。
家だけでなく職場でも月を使っちゃうと、オンオフの切り替えがない状態、なのかな?
「月で働かない方がいい」というのはそういうことなんでしょうか。

ちなみに私の太陽&アセンが他人に与えるイメージは「専門性を持ってて、この件についてはこの人に聞けば大丈夫、と思わせる」感じ、らしい(まつい先生にホロスコープチャート鑑定してもらった時もそういう仕事がいいねー、みたいな話になった気がする・・・)。
新卒の就職活動時にそれを分かっていれば・・・!と悔やんだりもしますが、私のようなタイプは実際に社会に出て働いてみないと、理屈が分かってても実践は難しかったと思います(まず「社会人」というものに慣れるまで大分年数が必要でした・・・)。
人生まだまだこれから長いわー、ということで、今後の転職活動&社会生活に活かしてゆきたい所存です。

自分の星はなるべくじぶんで(希望)

前記事にも書きましたが、4月で今の仕事を辞める私。
今まで転職を繰り返し、その間に無職である時間もけっこう多いのですが、夫はあたたかく見守ってくれています。
つくづくありがたいことだ・・・、とは思うんですが。

西洋占星術を勉強した時、「自分の太陽を夫に投影する妻」の話を聞きました。
太陽はその人の社会的立場、仕事を表しますが、女性が社会に出ることが一般的でなかった時代の女性や、現代でも専業主婦な女性の場合、その人の太陽の象徴する仕事に夫が就いていることがある、と。
私の太陽は10ハウス乙女座にあります。
本当ならば社会的にどん!と打ち出せる仕事を持ち、それを一生続け、自分の看板としたい!というのが私の願望なのですが、現状ことごとく正反対です。
職場が変わっても専門職であれば、「私の仕事はこれ!」と言えるでしょうが、そういうのでもない。

夫の職業は職種を言えば、ぱっとイメージの浮かぶ分かりやすい仕事。
けして派手や華やかではないけど、こつこつと手堅い。
・・・なんか、乙女座太陽10ハウス、って気がするんですよね・・・。
私も自分の太陽を夫に代わりに使ってもらってるのかなあ・・・ともやもやしてたら、基本平日休めない夫がぼそっと、「君が平日昼間の時間が自由になって、家事をしたり、趣味で外出したりするのを見てるのって、病気で身体が思うように動かない人がペットで犬とか飼って、その動き回るさまを観て心を慰める、みたいなものかな・・・」とか言い出して、同じようなことを考えてた!!ひー!とおののきました。

私が太陽を夫に投影してるとしたら、夫は私に何の惑星を投影してるのか?
夫の個人天体は月おうし、金星ししなんですが、このあたりかなー。
月おうしが家にいる・家事で、金星ししが趣味とか。

個人的には、自分の星(要素)はやっぱり自分で使った方がいいと思うんですよねー。
(自分に足りないものをパートナーの持つ要素でおぎなう、というのはありだと思いますけど)
また次の仕事を見つけよう、やりがいを持ってなるべく長くつとめられそうなものを、と心に刻みました・・・。



ちなみに、夫のおうし月には蠍の海王星&木星がかなりオポジション(そして獅子太陽とスクエア気味)。
男性にとって月は妻も意味するので、「精神世界・神秘的なことに興味がある妻」とも読める。
私は子供のころからおまじないとか好きだったけど、占いの勉強を本格的に始めたのは結婚した後だったなあ、と気づきました。
夫自身は「占いは信じない」派だそうですが(でも私が占いの講座に行ってくる、と言うと快く送り出してくれます)、私を占いの道に導いたのは夫の月なのではないだろうか(蠍の海王星&木星タッグ強力そうだし)・・・。

CIMG2784

占いは信じない、けど、夫の本棚はこんな感じ。
なぜ?と聞いたら「物語が好きなのだ」と。
小説、マンガ、アニメなどが好きな人ですが(ドラマは興味なし)、神話は人間の作る一番の物語だ、と。
なるほどー。
世界中の説話・神話はいくつかのパターンに分けられる、という話を聞いたことがあります。
いろんな神話体系はファンタジーやSF、スペースオペラの設定に取り入れられているし、オカルトや怪談もそういう意味では物語かも。
ギャラリー
  • 「土性を極める〜財運・人気運の秘密」 講座レポート(2/18 中野)
  • 「土性を極める〜財運・人気運の秘密」 講座レポート(2/18 中野)
  • 「土性を極める〜財運・人気運の秘密」 講座レポート(2/18 中野)
  • 自分の星はなるべくじぶんで(希望)
  • 象牙の塔から飛び降りる
  • 象牙の塔から飛び降りる
  • 節分&立春
  • 節分&立春
  • いぬいがいっぱい!~「天中殺の過ごし方~申酉から戌亥」講座レポート(1/14 ウラナイトナカイ)